上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然、築地の「高はし」に行きたくなりました。
おいしい魚を出してくれるお店です。
とっても良いお値段がするので、ふだんはなかなか行く機会がありません。
が、思い切って2015年1月10日(土)に行ってきました。

このお店のことは、以前にも記事に書いたことがあります(高はしに行ってきた)。
どの魚もおいしいと聞きますが、特に煮魚が有名なので、前回行ったときはノドグロの煮つけを食べましたね。
旨かった~。
今回は何を食べようかな?

高はしは朝8時に開店なので、結構、家を早く出なくちゃいけません。
土曜だから、観光客が多いのは必至。
あんまり行くのが遅いと、売り切れちゃうメニューが出るみたいなんですよね。
ちなみに、13時には営業終了だそうです。

結局、この日は朝5時半には家を出発することにしました。
同じ首都圏内ですが、築地って結構遠いんだよね。
ここ数日はとんでもなく寒く、都内でも最低気温が-3℃だったりしたので、前日に100円ショップで防寒グッズを買い揃えました。
靴下にシールで張るカイロ、おなかにもカイロ、さらにネックウォーマー。
これで準備万端です。さぁ、築地へGo!

朝7時過ぎに高はしに到着。
当然、人が並んでいます。14~15人ほどの列です。
お店の席数は確か10席くらいでしたから、8時半頃には入れそう。
そうすると、1時間半ほど列に並ぶ必要があります。ディズニーランド並みですね

ちなみに、隣りの「米花」はの列は、高はしよりもさらに長かったです。30人くらいかな?
その上、20代~30代の女子が多い。
どうやら、数日前に「マツコの知らない世界」というテレビ番組で米花の海鮮丼が紹介されたからのようです。
さすが、テレビの影響はスゴいな~

列の前の方に並んでいるのは常連さんらしく、お互いに色々と話をなさっています。
年配の方もいれば、20代後半くらいの男子もいました。
年齢を超えて交流している感じで、ほほえましいです。

高はしの前は風があまり当たらないからか、思ったよりは寒くなかったですが、それでも寒い。
おかげでネックウォーマーが大活躍。100円なのに、これだけあったかいのは素晴らしい。
デザインもシンプルで悪くないし。
みなさん、ローソンストア100のネックウォーマーは、オススメですよ!
足先カイロも、地面から上がってくる冷えを抑えてくれるので助かりましたね。

私が並んだあとも、後ろに続々と列が伸びていきます。
アジア系の外国人の方も並びましたが、かなり並ぶ必要があることが分かったからか、途中であきらめて離脱してしまいました。
米花の列も凄いですが、高はしの2軒左隣りにある「かとう」も結構な列です。
ここも有名なお魚のおいしいお店(私は行ったことはありませんが)。
15~20人くらい並んでいます。
そして、かとうは朝5時開店で、もうお店が開いているのに列が減らない。
人気なんだなぁ、と思います。
(ちなみに、米花も朝5時開店です)

ちなみに、高はしは、朝8時の開店前に築地市場関係者(?)のみなさんが裏から先に入って朝食を摂るのが習わしのようです。
8時少し前に、お店の方(男性、30~40代)が出てきて
「すみません、今日は先に入ってる方々が呑んでます! だから、回転悪いので、待つと思います。 ごめんなさい!」
と一生懸命言っていました。
かわいかった(笑)
うんうん、いくらでも待つよ。そんで、俺も朝酒呑んでやる

店が開店し、列が少しずつ前に進みます。
ようやく今日のお品書きが見えてきました。

おしながき

あんこう煮はないのか、、、残念。
じゃあ、今回は刺身を食べてみようっと。誰かのブログに載ってた記事だと、刺身も美味そうだったし。
刺身のメニューは、店内にあるはず。

後は、赤メバルの煮つけかな。
ホントは、きんきの煮つけを食べたいけど、さすがにこの値段じゃ手を出せない。。。

8時40分。
ようやく入店です! 結構、待ったな~。やっぱ、人気だわ。

店内は、なかなか静かです。外の喧騒が嘘のよう。
確か前に来たときも、こうでした。

お店のおねえさんが、「はい、ご注文がお決まりでしたら、どうぞ!」と声を掛けます。
え、ちょ、ちょっと店内のメニューも落ち着いて見させてよ。
列が長いから早めに注文して欲しい、というのは分かるんだけども。
焦りながらも、注文します。

まずは、お酒が出てきます。
今回は常温で頼みました。

神鷹

あまり知らない銘柄ですが、思ったよりもおいしいです。
お酒をちびちびとやりながら、料理を待ちます。
1回、やってみたかったんですよね、「お酒をちびちびやりながら、料理を待つ」って。
なんだか、日本の渋いおじさんっぽくて、良くない?

なーんて、一人で勝手に悦に入っていたら、お刺身が来ました。
上刺身盛り合わせです。

おさしみ

めっちゃキレイ 食べるのがもったいないくらい。
うまそーーーー!!
寒ブリ、ヒラマサ、マグロの中トロ、赤身、ホタテ、青のり。
超豪華です。
しかも、すんごい厚切り。
お酒を飲みながら、おいしい刺身を食べられるなんて、、幸せだ。。。

特に旨かったのが、ホタテでした。味が濃かったです。
ぶっちゃけ、こんなに旨いホタテを食べたのは、人生で初めてです。
後で調べてみたら、ホタテの旬って1月らしいです。だから、こんなに旨かったのか。
もうちょっと食べたかった

それから、青のりもとても印象的でしたね。すっごく風味豊かで。
青のりなんて、お好み焼きに振りかけたのしか食べたことがなかったので、新鮮な生の青のりがこんなにおいしいものだとは、初めて知りました。
帰り際、お店の人に青のりがおいしかった、と言ってしまったほどです。
たぶん、この店で、魚を誉めずに青のりを誉めた人は僕以外にいないでしょう

寒ブリも言うに及ばず。やっぱり旬ですね。

ヒラマサとマグロの中トロ・赤身は、おいしいけれど、結構ふつうな感じでした。
もちろん、ふだんスーパーで買うのと比べたら、雲泥の差ですけどね。

そして、刺身を食べ終えたころ、ちょうど赤メバルの煮付けが来ました。

赤メバルの煮つけ

これもキレイ。めちゃくちゃキレイです。すごいや、ホント。

煮魚って、目の周りから骨の間から全部ほじって食べますよね。
だから、思わず魚だけに集中してしまいます。
ほじって食べ、ほじって食べ。
夢中になって食べます。
ほんと旨い。

1人で来て良かった。2人以上で来ても、会話する余裕ない(笑)
一気に食べてしまいました。

そして、煮つけと言えば、煮汁。これを飲まなくちゃもったいない。
行儀は悪いですけど、半分くらい飲みました。
うめぇ。
しまった、ごはんも頼めば良かった。そしたら、煮汁をごはんに掛けて食べたのに。

赤メバルの煮つけ(後)

あっという間に完食。旨かったぁあ。

お会計は、計4,700円(税込)。
<内訳>
上刺し身盛り合わせ   :2,000円
赤メバルの煮つけ(単品):2,200円
神鷹             : 500円

やっぱり良いお値段です。が、それだけの価値はありましたね!
ほんと旨かったもん。
変な新年会に行くよりは、こっちの方がずっといい。
大満足でした。

【追記】
↓は、帰り際の高はしです。9時半頃でしたが、まだ、こんなに並んでいました。。。
どうか品切れになりませんように!

高はしに並ぶ人の列(朝9時半頃)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/727-caaa928c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。