上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナルには、「小さな魔法使い」と呼ばれる選手がいる。
サンティ・カソルラだ。

彼は、昨季(2012-13シーズン)マラガからアーセナルにやってきて、
瞬く間にチームの中心となった。
プレミアリーグだけで12ゴール14アシストを記録した。
当然、昨季のチーム内MVPに選ばれた。

記録だけでなく、記憶にも残る。
両足での正確なキック、小回りの利く鋭いドリブル、華麗なキック
フェイント。
そして、ダブルタッチで相手を抜く様は、まるで魔法のよう。
ミドルシュートをズバッと決める力まで備えている。

また、意志力も凄まじい。
昨季、0-2で負けていたマンU戦において、後半ロスタイムに意地の
1ゴールを決めたのはカソルラの個人技だった。
結果、1-2で負けたのだが、1人で気を吐いた。
最後の最後まで絶対にあきらめない。
それが、カソルラだ。

セスクの穴は、カソルラが十分以上に埋めてくれた。
正直、以前セスクファンだった私から見ても、セスクより良いと思う。
こんな世界最高レベルの選手がアーセナルに加入するなんて、
想像もしていなかった。

私は、昨季のカソルラは世界でベストの2列目の選手だったと断言できる。
それは、イニエスタやシャビ、セスク、リベリ、ロッベン、エジル、
ディマリア、シルバ、アザール、ロシツキを含めても。

チームがタイトルを取らなければ、バロンドールは難しい。
でも、私の個人的なバロンドールはカソルラだった。

そして、何より素晴らしかったのはカソルラの笑顔だ。
キュート。
その笑顔は、男の私から見てもそう表現したくなってしまう。
彼は本当に楽しそうにプレーするのだ。

日本のアーセナルファンは、カソルラのことを親しみを込めて
「ちいさいおっさん」と呼ぶ。
それはそれで良いあだ名だと思うけど、実際のカソルラは超カッコかわいい。
ヒゲを剃っているときのカソルラは、本当に小動物のよう。
28歳とは思えないほど、童顔。

キャラクターから3枚目を演じているけど、十分、イケメンキャラでも
いけると思う。
もう少し知名度があれば、女子にめちゃくちゃモテるんじゃないだろうか。
(既婚ですけど)

しかし。
今季のカソルラからは、その笑顔が消え去ってしまった。
常に苦虫を潰したような顔をし、試合途中で交代を命じられると、ため息を
つきながらピッチを去る。

実際にも、今季のカソルラは昨季の輝きを放っていない。
ボールロストが多いし、パス精度も低い。
特に、あれほど得意だったサイドチェンジが相手DFに引っかかってしまう。
細かいドリブルでも相手にボールを触られることが多いし、シュートタイ
ミングも一瞬遅く、吹かすことも増えている。

明らかに本調子ではない。
それが、カソルラから笑顔を奪ってしまった。

「エジルが加入して、カソルラとプレーエリアが被っているからカソルラが
 輝かない」
とか
「ラムジーが上がるから、カソルラが下がってバランスを取るハメになり、
 カソルラが攻撃的にプレーできてない」
と言う分析をするアーセナルファン(グーナー)がいる。
それも、多少は関係があるだろうけど、本質ではないと思う。
何の前触れもなく、カソルラの個人技のパフォーマンスが落ちたのが
最大の原因だ。

ベンゲル監督は、我慢強くカソルラを起用し続けているが、いまのパフォー
マンスが続くようなら、そのうちカソルラを外すしかないだろう。
今季のアーセナルは、リーグ優勝を狙っているのだから。

早くベストなカソルラが見たい。

そう思いながら、ハル戦のダイジェストを見た。
ミッドウィークの試合だったので、さすがに生では見れなかった。
2-0で快勝した、と報道されている試合だった。

カソルラは先発していた。
ローテーションをしないベンゲル監督には憎悪の気持ちが湧くことも
あるが、いまのカソルラを信じて起用してくれるのはありがたかった。

この試合、カソルラは輝いていた。
昨季に近いパフォーマンスを見せているように見えた。
パス精度、アイデア、ドリブル。素晴らしい。
シュートだけがいまいちだったが、非常に良かった。
カソルラ自身も少し笑顔を見せ、復活の手ごたえを感じているように見えた。

あとで試合の記事を見ると、ボールロストもそれなりにあったらしい。
ダイジェストでは、そこまでは分からない。
だから、最高のパフォーマンスとまでは言えなかったようだ。

しかし、サウサンプトン戦やそれ以前の試合を考えると、間違いなく
パフォーマンスは上向きだと思う。

アーセナルは、12月にエバートン→ナポリ→マンC→チェルシーといった
強豪たちと相まみえる。
そのとき、カソルラの最高のプレーが必要とされるのは間違いない。
「小さな魔法使い」の復活を願う。
カソルラこそが、アーセナルのキーマンなのだから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/689-cef9ab71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。