上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名が某金メダリストの古い台詞みたいですね(笑)
でも、これが正直な気持ちです。

率直に言って、ベルギーに勝つとは思いませんでした。
たぶん負けるだろう。どんなに良くても引き分け、と予想していました。

実際、ベルギーは強かったです。
ファン・ペルシーのいないオランダよりは間違いなく強かったと
言っていいでしょう。

日程も、ベルギーは中4日なのに日本は中2日で不利でした。
中2日ってのは、本当にキツい。
さらにはアウェイでしたね。

にも関わらず、前半は互角で後半は圧倒しましたからね。
日本の実力がベルギーを上回ったと思います。

ベルギーは、攻撃のキーマンのアザールが前半で下がってしまったので、
打つ手がなくなりました。
強化試合ですから、選手を代えて試すのは当然なので(日本も試して
ました)、それ自体はベルギーの狙い通りなのでしょうが、代わりに
入ったフェライニは役に立ってなかったです。
フェライニは香川の同僚(マンU所属)なのですが、クラブでも
ほとんど活躍していないだけはあります。

どうやら、ベルギーはベストメンバーが揃えば強いですが、層は薄い
みたいですね。

いずれにしても、オランダ戦・ベルギー戦を見て
「日本はドン引きをすべきだ!」
とか
「ザッケローニを解任しろ!」
とか言う人が減ったのがうれしいです。

某スポーツナビ+を見ても、以前、「ドン引きをしろ」と書いていた人は
ほとんど消え去りました。
ざまーみやがれ! ←お下品でごめんなさい。

W杯本大会で、日本の特長(長所)を全く生かせないドン引きをすることは、
試合の結果いかんに関わらず、日本サッカーの負けだと思います。
そんな勝ち方をして、未来につながるのか。

勝てば全てが良くなる、的な考え方をする人がいますが、それは間違いです。
勝てば全てが良くなるのであれば、ユーロ2004をドン引き&ロングボール戦術で
優勝したギリシアが、その後、長期にわたって低迷し続けている理由が説明できません。

代表は勝てば良いというものではない。

クラブであれば、勝たなくては1部に残留できない、といった状況もあり得るでしょう。
負ければ給料が下がる、ということもあります。

しかし、代表はそうではありません。
代表が負けたからと言って、選手が解雇されるわけではいし、2部に降格するわけでもない。
だからこそ、代表はリスクを負えるわけです。

リスクを負える存在である以上、代表は結果だけでなく希望と未来を見せて欲しい。
勝つだけでは足りない。

そうして、それを実現し得る力がいまのザックジャパンにはあります。
“絶対にできる”とは言えなくても、十分に実現“し得る”

ですから、ザックジャパンには、希望と未来を見せるサッカーに果敢にチャレンジして
欲しいと思いますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/684-fc0076d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。