上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W杯欧州予選プレーオフの1st leg。
ホームのウクライナがフランスに2-0で勝ちましたね。

メディアは、おそらくコシールニーを戦犯に仕立て上げると思います。
この試合、2失点目に繋がるPKを与えた上に、後半ロスタイムに
一発レッドで退場したCBコシールニー。
まぁ、確かにコシールニーはやっちゃいけないプレーをやりました。

ただ、敗因はコシールニーだったのか?と言うと、それは違うと思います。
本当の敗因はノーゴールに終わったことでしょう。

なぜ、ノーゴールに終わったのか?
攻撃組織が無いからです。
フランス代表のデシャン監督は、チーム作りに失敗したのではないでしょうか。

この試合のフランスは、アウェイにも関わらずボールをポゼッションしました。
ですが、ボールを持つことは持ったものの、組織で崩す手段が無い。
攻撃陣の共通理解が浅いので、ぜんぜん怖くありません。
リベリ、ナスリ、ベンゼマ、ジルー、ヴァルブエナ、ポグバ、シソコ等々。
フランス代表の攻撃陣は有名選手ばかりです。選手層は厚い。
実際、個人個人のプレーは上手いです。

ですが、組織がないので各個人で攻めています。
組織的に攻めようとしても、イメージが合っていないのでワンタッチパスが
なかなか繋がらないし、クロスやロングボールも味方のいない処に蹴って
しまったりします。

次のバロンドーラー有力候補のリベリは、ボールを持つとウクライナの選手が
2~3人でマークしてくるので、個人での突破はほとんどできません。
たまに縦に突破して、マイナスのグラウンダーのボールをゴール前に出しても、
飛び込む選手が遅かったり、早すぎたりして合わない。
ここでも、共通理解の浅さが目に付きます。

1トップのジルーは何度か良いポストプレーをしましたが、味方の選手は
ボールがどこに落ちてくるかを予想しきれていません。
ですから、ウクライナにボールを拾われてしまうことが多い。

後半19分にジルーが完璧にナスリにボールを落として、ナスリがGKと1対1に
なったシーンは、珍しくジルーのポストプレーが生きましたが、これは
ナスリのシュートがGK正面。
あれをGK正面に蹴ってしまうようでは、フランスに勝ち目はありません。

この日のナスリは、ポジショニングやパスの狙いどころは良かったのですが、
パスにしてもシュートにしても肝心のボール精度が良くありません。

ナスリはトップ下としてゲームメイクを期待されて起用されていましたが、
ボールコントロールの精度が低いようでは、上手くゲームメイクできる
はずもない。

もちろん、フランスの攻撃が単に良くなかった、というだけではなく、
ウクライナの守備も素晴らしかったですね。
コンパクトで、当たりが激しくて、運動量も多かったです。

また、ラインコントロールも巧みでした。
ショートカウンター狙い気味に高い位置からプレスを掛けることもあれば、
スッとラインを下げてゴール前を固めることもありました。
その判断が的確でしたね。

フランスは組織でウクライナを崩せないのであれば、もっと割り切って
サイドからハイクロスを上げても良かった気がします。

いずれにしても、2nd legで2点差を跳ね返してW杯出場を決めるためには、
攻撃の改善が必要です。
デシャン監督が、どういう手を打ってくるのか楽しみですね。

■追記
コシールニーは、PKのシーン以前はほぼ完璧な守備をしていました。
ですが、後半38分。
自陣ペナルティエリアのすぐ外で、ロングボールを受けたウクライナの
選手に入れ替わられました。
コシールニーがマークしていたのですが、相手の選手の身体の預け方が
上手かったですね。

問題はその後。
こぼれたボールをウクライナの選手が追うのですが、コシールニーは
完全に置いていかれ、真後ろにいる状態です。
ペナルティエリア内に入ったウクライナの選手がシュートしようとした
瞬間に、後ろからタックル。

コシールニーとしてはボールに行こうとしていましたが、真後ろからの
タックルでは、どうやっても相手選手の脚を刈る形になってしまいます。

1-0で負けていたし、入れ替わられたときに『しまった!と思った
んでしょう。
ミスを取り返そうとして、してはいけないプレーをしてしまいました。

このPKを決められ、点差が2点に広がります。
これで、コシールニーはアツくなっちゃいましたね。

後半ロスタイム、ウクライナ選手のファウルで笛が吹かれ、フランスボール。
しかし、時間稼ぎのため、ウクライナの選手が転々とするボールを
蹴り出します。
それに怒ったコシールニーは、手のひらでウクライナの選手の顔を張り手。
相手選手が倒れます。

あらら、、、それはレッドでしょう。
審判が10人いたら、10人ともレッドカードを出すと思います。

そんなわけで、この日のコシールニーは、最後の10分でその前の80分の
活躍を台無しにしてしまいました。
守備はもちろん、攻撃でもパスを散らして効いていたのにね。
残念です。

おそらく、このままフランスがW杯に出場できなかったら、コシールニーは
フランスのマスコミやファンに責めたてられるでしょう。
それを防ぐためにも、ぜひ2nd legではフランスが逆転でW杯出場を決めて
欲しいですね。
ジルーが1ゴール2アシストくらいしてくれないかなぁ?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/682-5643269a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。