上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年(2013年)5月に7インチの中華タブレット(MOMO7 daren edition)を買いました。
11,000円くらいだったかな。
2週間くらいは調子が良かったのですが、その後、なかなか充電ができないというトラブルが
発生し始めました。
2~5回に1回しか充電に成功しないんですよね。
ちなみに、保証期間が過ぎてから問題が発生したので、交換はできません。

この機種自体は非常に良い出来で、操作性等については何の問題もなかったのですが、
このバッテリーの問題があるために、あまり使えないという残念なことになりました。

それでもだましだまし使っていたのですが、とうとう今週、全く充電ができなく
なりました。
ちなみに、AC電源ケーブルを指したままでも、一切充電されていないので、起動しません。

もう捨てるしかないな。

そう思ったのですが、どこかのWebページで「タブレットを殻割(分解)してバッテリを交換」
した人がいるという記事を見ました。

じゃあ、ダメ元で俺も殻割してみよう。うまくいけば、バッテリを替えるだけで
直るかもしれない。

というわけで、100均で吸盤と精密ドライバーを買ってきて、殻割に挑戦してみたら、
こんな結果になりました

タブレットの殻割失敗

液晶を覆っているガラスカバーがバリバリに割れました。
ガラスカバーと本体とは接着剤で強力にくっついていた上、とても薄くて耐久性が
なかったので、殻割する際にカバーに力が掛かったときに、いとも簡単に割れてしまいました。

噂では「両面テープで留めているだけ」というのが中華タブレットの常識だったはず
ですが、このMOMO7 Darenはしっかりと作ってあったために殻割は困難でした。

一般の方は、この機種の殻割は止めた方がいいと思います。

さて、せっかくのタブレットですが、しばらく買うのはお休み。
円安でNexus7(2013)やiPad miniは高いですから。

来年にでもなったら、また考えます。
-------------
【追記】
壊れたMOMO7 daren editionは、速やかに公民館の小型家電回収ボックスに
持っていきました。
資源ゴミになるのかな?
〇〇市さん、グッジョブです。ありがとう。

小型家電回収ボックス

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/675-da5bfd09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。