上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナポリ相手に2-0。しかも、内容的にも完勝。
あり得ない。考えられません。

ホームとは言え、いまセリエAのリーグ2位で、スクデッド最右翼との呼び声も
高いナポリに完勝?
信ジラレナーーーイ。

しかも、直近のリーグ戦でナポリはターンオーバーを使って、アーセナル戦に
ベストメンバーをぶつけてきてた(体調不良のイグアインを除く)んですよ?

ですが、これは事実です。

平日ですので、この試合、私は後半20分から見ました。
さすがに3:45起きは無理ですから

その時は、既に2-0になっていてアーセナルが試合を
コントロールしていました。
ポンポンとパスを回して、ナポリのプレスを交わしまくりです。
ほとんど危ないシーンがありません。
コシールニーがパス回しに参加するのはいつものことですが、
メルテザッカーまでが当たり前のようにパス回しに参加して、しかも巧い。

メルテって、昨季まで全くパス回しに全く参加できてなかったじゃん。。。。
一体、何が起きてるんだ?

ちなみに、後でデータをチェックしてみたら、この試合でのメルテザッカーの
パス成功率は95%でした。
アーセナルの中では、アルテタに次いで2位です。

みんながスペースに動くので三角形ができまくり。
パスコースがいっぱい。

たまにナポリがフィジカルを生かしてボールを奪いかけても、それを
連動していた別の選手がそれをすぐに奪い返す。

あれだけ運動量豊富に動きまくったスウォンジー戦から、たった中2日だよ?
なんちゅーパフォーマンスしてんだ。

しかも、ダイジェストを見ると、1点目も2点目も完璧なゴールじゃん。
特に1点目は、「美しい」としか言いようがない教科書に載せるべき最高のゴール。
アーセナルの真骨頂。



ジルーの落としもラムジーのクロスもエジルのダイレクトシュートも
全て完璧だった上に、ニアに走り込んでロシツキがDFを2人引きつけて
ラムジーのグラウンダーのクロスのコースを作りました。

今季ここまでのゴールの中で、最も美しいゴールだったと思います。

試合をコントロールしながら、時折カウンターで相手ゴールに襲い掛かるアーセナル。
追加点こそなりませんでしたが、2-0で試合終了です。

これで、死のF組で、唯一2連勝したチームになりました。
CLのグループリーグでも、プレミアリーグでも1位。

けが人は、アルテタとヴェルマーレンとロシツキがやっと戻ったばかり。
カソルラもウォルコットもポドルスキも、まだ復帰してません。

なのに、この強さはなんなんだろう?

シーズン前はリーグ優勝の可能性は高くないと思っていたし、CLだって
良くてベスト8かな、と思っていました。

ですが、この内容だったら、もしかするとリーグ優勝は夢じゃないかも。
それどころか、CLだってベスト4以上を目指せる。

そんな気になるほど、ナポリ戦のアーセナルは良かったのでした。


そして。
2列目は選手層が厚すぎて、いま伸び盛りのグナブリーを起用しにくい雰囲気に
なってますもんね。
どうしよう?
いまはできるだけ起用して、グナブリーを育てたいんだけどな。

代表戦明けの10/19のノーリッチ戦なんかは、代表で出場してる選手は
みんな疲れているし、ホームだから、グナブリーを使うチャンスかも。
中2日で(10/22)にドルトムント戦があるので、ロシツキ・ウィルシャー・
エジル・ラムジーらは温存しておきたいしね。

ちなみに、ボランチ(3列目)のフラテタ(フラミニ・アルテタ)の
非代表コンビは代表ウィークに休めるので、10/19と22の連戦はこなせるでしょう。

これは、ドルトムント戦ももらったな!・・・なんちゃって
我ながら、ハイテンション過ぎて、ちょっと気が早いかもしれないな~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/668-681bcae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。