上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナルリザーブのトップ下、クリストファー・オルソン(18歳)が
キャピタルワンカップ(COC)のWBA戦で公式戦デビューを飾りました。
ボランチに入っていたヘイデンとの交代での出場だったので、
本職のトップ下ではなく、ボランチでのデビューでしたね。

オルソンは、しれっと縦パスを通すのが得意な選手です。
生粋のパサーですね。
そして、いつも冷静沈着。とってもクールなところが魅力です。

そして、そういう選手にありがちではありますが、オルソンもあまり走らない
という課題を持っています。

よく
「ボールを動かせ。ボールは疲れない」
なんて言いますが、オルソンの場合は、
「人を動かせ。(そうすれば)僕は疲れない」
とでも言いそうな感じです(笑)

【注】
↑は、あくまでの私のイメージです。実際のオルソンはそんなことは
言っていませんので、ご注意ください


デビュー戦でも、後から交代で入ったのにあんまり走らなかったです(爆)
でも、だからこそ、オルソンの技術の高さが際立ちます。
↓がその試合の動画です。背番号53がオルソンですね。



ボランチだったので、そんなにリスクの高いパスは出していませんが、
それでも、どんどん縦パスを通そうとする得意なプレースタイルの片鱗は
感じられました。

そして、クールな貴公子らしく、最後のPKもしれっと決めてきましたね。
直前にグナブリーがPKを外してるので、かなりプレッシャーが掛かったはず
なんですけど、なかなかやります。

こうして見ると、オルソンっておもしろい選手だと思いませんか?
これからも、継続的に追いかけていきたい存在です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/664-805c5093
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。