上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今シーズン前半、脅威的な連勝を重ねてJ1トップに君臨した大宮アルディージャ。
昨季までのギリギリ残留クラブのイメージを覆す大躍進でした。
ACL疲れで他の上位陣が勝ち点を取りこぼす中、ゆうゆうとトップの座を固めるかに
見えました。

が。
そう上手くはいきません。
7月に攻撃の要の外国人FW(ズラタンとノバコビッチ)の2人が同時にケガをすると、
突如として連勝街道に急ブレーキが掛かります。

シーズン後半に入り、ズラタンとノバコビッチがケガから復帰しても、一旦、崩れたリズムは
なかなか元に戻らないのか、ズルズルと5連敗。
勝ち点は36のままで、ずっと固定。
順位は、いつの間にか4位にまで落ちてしまいました。

勝っているときは堅守のイメージが強かった大宮ですが、この5連敗中は失点も
多いです。
今日のセレッソ大阪戦では、ホームにも関わらず0-3と完敗。

まるで、昨季までの「残留ラインをコントロールするクラブ」に戻ってしまったようです。

ん!?
ちょっと待て。

勝ち点36って、、、もしかすると、毎年の残留ラインの勝ち点ってそのくらいじゃないっけ

調べてみると、確かに毎年の残留ラインは35~39くらいのことが多い。

つまり、、、大宮は今季のJ1残留ラインを超えちゃったから、もう勝つ必要が
なくなったってこと!?(爆)
じゃあ、今季の残留ラインは勝ち点36なんですね!

前半戦をあんなに勝ちまくったのに、今季も残留ラインをコントロールするつもりなんだ。
何と言うプロ根性!

世界でも、こんなに個性の強いクラブは見たことがありません。
頑張れ、大宮。
今季も、15位14位でのフィニッシュを
楽しみにしてるよ!(爆)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/658-4b65b7c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。