上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジアカップ2試合で、3ゴール1アシストと結果を出した柿谷。
韓国のバックアップチームや中国相手とは言え、十分なインパクトを
残しました。
一見、ザックジャパン常連組に食い込むのは間違いないように見えます。

しかし、いまのザックジャパンに柿谷は本当に必要なのでしょうか?

柿谷は、セレッソ大阪で1トップを張っている選手です。
カウンターからのゴールやアシストが非常に多い。
しかも、ショートカウンターのみならず、ロングカウンターからの
ゴールも少なくありません。

東アジアカップの3ゴール1アシストも、全てカウンターからです。
裏抜けのタイミングとコース取りが素晴らしく、さらに得意のトラップの
上手さと決定力が光っていました。
もちろん、セレッソでも同様の活躍を見せています。

ただ、足元の巧さにも関わらず、2列目ではそれほどスペシャルな
パフォーマンスを見せてはいません。
今季のセレッソを数試合見ましたが、ボールポゼッションが高いときは、
それほど目立った活躍をしていませんでした。
また、韓国戦でも、豊田が途中から入って柿谷が2列目に下がったのですが、
ゴール以外のプレーは特筆するようなレベルでもありません。

つまり、柿谷は1トップのカウンターで輝く選手だと言えます。

一方で、柿谷の苦手分野についても、韓国戦では表面化していました。
それは、前からの守備。
コースを切るものの、運動量を割いてプレスを掛けることができません。
プレスを掛けようとした瞬間、相手に察知されて逃げられるからです。

どこにポジショニングして、どのタイミングでどうプレスを掛けたら
相手を追い詰められるのか。
そういった守備判断力が不足しているように見えました。

そのため、前プレに関して柿谷は存在しないも同様で、原口や高萩も
前プレが下手なので、中国や韓国の最終ラインやボランチに
プレッシャーが掛かりません。
ですから、中国や韓国は、やすやすとボールポゼッションを高めて
日本陣内に攻め込んできました。

特に、韓国戦では日本が一方的に押し込まれましたよね。
たまたま1失点で済みましたが、それはGK西川のファインセーブが
あったからで、通常なら2~3失点していたゲームでした。

その原因がCB(森重と栗原)にあるとみなす風潮があるようですが、
それは違うと思います。
前線の守備の拙さが、最終ラインの押し上げを阻んでいたのです。
もし、CBが今野と吉田麻也コンビだったとしても押し込まれていたはずです。

まとめると。
柿谷は、良くも悪くも日本の戦術をドン引きカウンターに変えてしまう
選手なのではないでしょうか。

柿谷が1トップに入ると、ボールポゼッションが低くなり押し込まれる。
だけど、押し込まれることで前のスペースが空き、カウンターを仕掛けやすくなる。
裏抜けとトラップが得意で決定力も併せ持つ柿谷は、ドン引きになるほどゴールに
絡む確率が上がる、って寸法です。

タイプは違いますが、まるでリバプール時代のF・トーレスのよう。

ですが、それってザックジャパンの戦術と正反対じゃないですか?

ザックは3年かけて、ボールを保持してパスをつないで、相手を崩すサッカーを
志向してきました。
2010年W杯で第2次岡田ジャパンが見せたドン引きカウンターとは
一線を画してきたはずです。

もし、ザックジャパンが勝ちたいのであれば、2列目のタレントを生かす攻撃的な
スタイルを貫く必要があります。
チーム全体で前プレを掛けて、ボールを奪い回す。
それがザックジャパンの生命線です。

その生命線を崩壊させる柿谷は、やはりA代表に呼ぶべきではないと思います。

また、万が一、ザックがドン引きカウンターになることを承知で
前田と違うタイプの1トップを欲しかったとします。
(例えば、スーパーサブとして)

その場合でも、柿谷を呼ぶのはどうでしょうか?
日本には、引いた状態からカウンターで点を取ることに関しては、
柿谷以上の存在がいます。

そう、佐藤寿人です。

広いスペースを生かしたグラウンダーのポストプレーも上手いですし、
決定力も高い。
ロングボールを収める力もかなりのものです。
パワーや前プレに課題はありますが、狙い処を定めて行うプレスバックも得意です。
もしドン引きカウンターをやるのなら、佐藤寿人を呼ぶべきです。

私は、これまで頑なに佐藤寿人を呼ばないザッケローニ監督を
好ましく思っていました。
寿人は良い選手ですが、ザックジャパンの戦術を根本から壊しかねない存在
だからです。

ですが、チーム戦術を壊す前提ならば、柿谷より誰より優先して呼ぶべきFWは
寿人だと思います。
FWとしては柿谷以上に上手くて経験もあるのに、若いというだけで柿谷を優先されては
寿人がかわいそ過ぎます。

そんなわけで、ザックが柿谷を1トップに置いたのは、腑に落ちません。

柿谷に才能があるのは間違いないのですから、2列目としてA代表に呼ぶべきです。
そして、本田・憲剛といったトップ下や、左サイドの香川・乾、右サイドの
清武と競うべき存在だと思います。
いくら競争が激しかったとしても。

マスコミは、おもしろおかしく海外組・国内組のような区分をして競争を
あおりますが、戦う相手は日本人選手ではありません。
W杯で会いまみえる欧州・南米・北中米・アフリカの強豪たちです。
彼らに、柿谷が勝てる存在なのかどうかがポイントです。

A代表で柿谷を1トップに置くのは何だかなぁ?というのが、私の率直な気持ちです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/657-2fca688e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。