上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジアカップの日本代表メンバーが発表されましたね。

【GK】
林卓人(仙台)、西川周作(広島)、権田修一(東京)

【DF】
駒野友一(磐田)、栗原勇蔵(横浜)、千葉和彦(広島)、森脇良太(浦和)、
槙野智章(浦和)、森重真人(東京)、鈴木大輔(柏)

【MF】
青山敏弘(広島)、扇原貴宏(C大阪)、山口螢(C大阪)柴崎岳(鹿島)
高橋秀人(東京)、高萩洋次郎(広島)

【FW】
豊田陽平(鳥栖)山田大記(磐田)柿谷曜一朗(C大阪)斎藤学(横浜)
大迫勇也(鹿島)、原口元気(浦和)、工藤壮人(柏)

ちょっと気になるのが、ザックが人気取りに走ってるんじゃないか?と言うこと。
上のピンクで強調した選手は、最近、代表選出待望論がものすごく強いJ選手たち。
日本のマスコミやJリーグのサポーターは若い選手が大好きなので、若くて
少し力があると待望論が出ることが多い。
ボランチから前は、その待望論通りの選出と言っていいでしょう。

他に待望論があるのは、佐藤寿人と闘莉王かな?
でも、彼らはベテランだし、戦術的に合わないということで、選出されなくてもマスコミや
サポーターはそれほど叩かないと思います。

ブルガリア戦で選出していた東慶悟(FC東京)を外してしまったし、
ちょっと疑ってしまいますね。

今回の選出で一番よく分からないのは、トップ下が多すぎること。
ぶっちゃけ、柿谷と高萩と山田大記を同時に代表に選ぶ必要性はないんじゃないでしょうか。
ザックはインタビューで「3人ともタイプの違うトップ下」的な表現をしていますが、
本当にそう思ってるのかな?
大きな意味で考えると、似た選手だと思いますよ。

本気でこの3人を競争させるなら、東アジアカップの3試合で1試合ずつ試すくらいの
ことをしなくちゃならない。
今回は集まって事前に練習する時間がほとんどないので、練習で見極めることはできません。

でも、中国とオーストラリア・韓国の実力差は大きいので、中国戦で良かった選手と
オーストラリア・韓国戦で悪かった選手が出た場合、どっちを選ぶべきなのか?
評価がかなり難しいと思います。

また、サイドMFの選出も謎です。
原口と斎藤がサイドMF(もしくはFW)ですが、両方とも左が専門です。
右サイドが1人もいません。

しかも、2人とも足元にボールをもらってナンボの選手。
スペースを突く岡崎タイプの選手がいない。

仮に、柿谷/山田/高萩の誰かを右サイドMFに置くとしても、彼らも
足元にボールを欲しがるタイプですよね。
“足元にボールを欲しがって、突っ立ってる病”にかかってしまうんじゃないでしょうか。
悪い時のジーコジャパンみたいに。

オーストラリアや韓国が、“守って守ってロングカウンター”的な戦い方を
してきたときに、スペースを突くメンバーがいないので、かなり厳しい戦いを
強いられる可能性が高いと思います。

ボランチも、なんだか人気取りの匂いがぷんぷんします。
青山と山口螢、柴崎って、、、守れるの?って感じがします。
いまの遠藤・長谷部ボランチも守備面を考えると謎ですけど、長谷部の運動量が何とか
守備を成立させている状態です。
欧州・南米相手に青山と山口螢で守れるのか?というのはかなり疑問があるし、
柴崎は守備面では論外です。
米本を呼ばなかったのは理由が分かりませんし、米本ではなくても、
着実に活躍している阿部勇樹(浦和)を呼ぶという選択肢もあったはずです。

W杯に向けての底上げを図る、と言いつつも、若手ばかりを選んでいて
中堅やベテランを選ばない点に違和感を感じますね。

ただ、若手を数多く選んでいるので、マスコミやJリーグサポーター受けは
かなり良いと思います。
これで駄目ならしょうがない、的な。

書いていて思ったのですが、もしかするとオシム戦法ですかね?
マスコミ受けのする選手を同時起用して、勝てなかったら、
「ほら、駄目だったろ? だから海外組の方がいいんだ」
と分からせる作戦だとか。

・・・生真面目なザックにそこまでのギャンブルはできないか
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/654-1705857e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。