上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調子を上げてきたアーセナルが、ホームでリバプールと激突。
アーセナルは、FAカップではローテーションもして、主力を休ませました。
珍しく(笑)準備万端です。
リバプールも調子を上げてきていると聞いていたので、楽しみな対戦でした。

久しぶりにフォーメーションを書いてみます。
これです。
----------------------------------------------------------
                    ジルー
   ポドルスキ        カソルラ        ウォルコット
           ウィルシャー       ラムジー
ギブス    ヴェルマーレン    メルテザッカー    サニャ
                シュチェスニー
----------------------------------------------------------

ウォルコットは、契約延長してからめっきり1トップでは使われなくなりました。
契約延長させるためのご機嫌取りとして、ベンゲルが1トップで使っていたことが
証明された気がします。
ほんと、そこらへんはベンゲルは良くないですね。
ウォルコットの1トップで、いくつか勝ち点を落としていますから。
守備はしない・ポストプレーもできないウォルコットの1トップは、パスを回して
ビルドアップするタイプのチームにはあり得ないですよ、やっぱり。

で。試合展開ですが。
前半から結構パスを回すアーセナル。
なんだか、ほとんど全員の身体が軽そうです。
ローテの効果が出ています。
ボールポゼッションは少しリバプールが上ですが、調子良さそう。
守備でも、ちゃんと走って守備しています。
サボリ魔のウォルコットも、今日はほとんどサボっていません。
組織的か?と言われると少し疑問はありますが、そこは運動量でカバー。
悪くない守備です。

これなら、勝てるかも、、、と期待を膨らませ掛けたとたんに、落とし穴

リバプールのスアレスは、アーセナルの右サイド(リバプールの左サイド)にポジションを取っています。
相対するのは、右SBのサニャ。
スアレスが少し下がって、ボールを受けます。
スアレスは後ろ向きでしたが、反転しながらワンタッチで縦パス。
このとき、サニャがパスの方向を間違えて予測してしまいました。

ボールは、前線に上がっているリバプールの左SBジョンソンの元へ。
サニャは急いでマークに付こうとしますが、身体の粘りが無く、滑ってコケます。

この時点で、勝負あったなって感じです。
あとは、よくある流れ。

ジョンソンがフリーでクロスを上げます。
逆サイドにいるFWスターリッジが、これをシュート。
GKシュチェスニーが素晴らしい反応で弾きだします。
が、それをヘンダーソンが拾って、柔らかいワンタッチパス。
パスの先にいるのは、スアレス。
右足できっちり枠内にシュートしました。
体勢が崩れているシュチェスニーには、なす術がありません。

前半5分に失点、0-1。
きびしいーーー

最近、サニャは衰えてきているようです。
昨季、サニャは腓骨骨折という大けがを2回もしてしまったのですが、そのためか、
復帰後のパフォーマンスが良くありません。
たまにいい試合もありますが、基本的に悪いです。
特に、瞬間的なスピードと身体の粘りがなくなりました。
そのため、しばしば守備では相手に抜かれたり、ディレイしようとしてしきれない、
というシーンが数多く見られるようになりました。
守備だけなら、ジェンキンソンの方が良いと思います。
ジェンキンソンが素晴らしく良い、という意味ではなく、サニャのパフォーマンスが
落ちてきたから、ジェンキンソンの守備の方がまだマシだ、という意味です。
それほど、サニャの守備面でのパフォーマンスには問題が出るようになりました。

先制された後も、スアレスは右SBサニャと右CBメルテザッカーを翻弄し続けます。
サニャは、スアレスのスピードに付いていけません。
メルテザッカーは元々ノロいので、サニャのフォローもできない。

ロジャース監督は、それを分かっていて左サイドFWにスアレスを置いたのでしょうか?
それなら、素晴らしい策士と言わざるを得ません。

逆に言えば、ベンゲル監督は速いコシールニーではなく高いメルテザッカーを起用したのか?
今季のコシールニーは確かに調子に波があります。
メルテザッカーの方が安定はしているでしょう。
ですが、メルテザッカーではスアレスのスピードに付いていけないのは明白です。
それであれば、多少ギャンブルでも、昨季にスアレスと相対してある程度は対応できたコシールニーを
入れた方がまだマシだったと思います。

まぁ、ベンゲル監督にそんな戦術的な対応を期待しても無駄だってことは、
前から分かっていましたけどね

さらに、スアレスは献身的な守備でも貢献します。
サニャがボールを持つと、瞬く間に守備に付きます。
前に上がらせないし、縦パスも出させません。
ボールを奪うケースもしばしば。

ほんとにすごいな、スアレスは。

プレミアリーグで最もスゴいFWは誰だ?と訊かれたら、私は間違いなくスアレスを挙げます。
点を取って守備もできてパスも出せる。
スピードも速くて、フィジカルも強い。

ルーニー、アグエロ、ファン・ペルシー、テベスよりスアレスが凄いと思います。
アーセナルに欲しいくらいです

しかも、哀しいことにギブスが前半37分に負傷。
誰かと接触したわけではなく、反転した際に太ももの筋肉をイワしてしまいました。
4~6週間の離脱。

またかよ、ギブス・・・。

今季のギブスは、大きく成長してる感が強かったです。
ただ、以前からのケガがちな体質は全く改善されません、、、、
長期の離脱は今季2回目です。
毎年毎年、ホントに何とかしてください。
いつも筋肉系のケガばかり。
どんなに素晴らしいパフォーマンスの選手だったとしても、ケガを繰り返していては
チームに迷惑を掛けるばかりです。
残念だけど、そろそろレギュラーではなく、控えとして扱うべきなんじゃないでしょうか。
いまのように、成長を期待してレギュラー扱いで起用すると、チームへの影響が
大きすぎます。
ディアビも同様です。
少なくともこの2人は、戦力として数えてはいけないと思います。

そして、その代わり左SBに入ったのはアンドレ・サントス。
今季のサントスは、調子が悪いんですよね・・・。
運動量が少ないし、判断も良くないので、守備面が怖い・・・。

----------------------------------------------------------
                    ジルー
   ポドルスキ        カソルラ        ウォルコット
           ウィルシャー       ラムジー
サントス   ヴェルマーレン    メルテザッカー    サニャ
                シュチェスニー
----------------------------------------------------------

よく見たら、最終ラインの4人のうち、守備に不安がある選手が3人もいるじゃんかーーー。
これはマズイ、マズイよ。

それを見たリバプールは、後半最初からさらにラインを上げます。
アーセナルの最終ラインにプレスを掛けてきました。

やられた。
ヤバすぎる

アーセナルは前線からの守備がよく機能しているし、中盤から前の選手たちがよく走って
パス回しをしているので、ボールポゼッションは高かったです。
だから、一見、アーセナルが主導権を握っていたように見えると思います。
しかし、実際には五分五分だったんじゃないでしょうか。
アーセナルもチャンスを量産していましたが、リバプールはアーセナルの弱点を
確実に突いてきていましたから。

前半からプレスを掛けてショートカウンター狙い傾向が強かったリバプールでしたが、
後半からはさらに前プレを強化してきました。

そして、案の定、メルテザッカーがヘンダーソンの細かい動きについていけずに失点。
0-2。
やっぱり、個で負けたかぁ、、、、
コシールニーだったら分からなかったと思います。

メルテザッカーは、この他にも致命的なパスミスをして2本ほどビッグチャンスを
リバプールに与えていました。
やっぱり、リバプール相手に起用するのは間違いだったんじゃないでしょうか。

今日は負けたかな。
さすがにそう思いましたが、相変わらず前線の調子は良いです。
ウォルコットの突破からファウルをもらい、FKからジルーがゴール。
さらに、ウォルコット→カソルラ(同時にウォルコットが前に走り込んでDFラインを下げる)
→サニャ→ウォルコットが作ったスペースを生かしてカソルラ→ジルー→ウォルコットの
シュート!、ゴール!!
あっという間に2-2です。同点!

特に、2点目は鮮やかでした。
アーセナルの今季最高のゴールと言っていいでしょう。
ウォルコットが走り込んでDFラインを下げ、カソルラの周りにスペースを作ったのがデカかった。
そのスペースを利用してカソルラが繊細なパスを通しました。
それを受けたジルーが完璧なワンタッチのポストプレー。
さらに、それを電光石火でシュートしたウォルコットのすさまじさ。
パーフェクトなゴールでした。
リバプールのGKレイナは、ほとんど反応できませんでした。

それにしてもジルーは、本当にポストプレーが上手くなりました。すごいです。
ポストプレーだけなら、シャマフと互角かもしれませんね。

これまで、個人的にはあまり評価してこなかったウォルコットですが、そろそろ認識を
改めなくちゃいけないのかな?
化けはじめたのかも。
・・・いやいや、ちょっと活躍したくらいじゃまだまだ信じません。
これまで、期待しては裏切られるの繰り返しでしたから(笑)

いずれにしろ、本当にすごいゴールで追いついたアーセナル。
このまま逆転を狙うぞ!

実際、良いパス回しからチャンスをいくつも作るアーセナル。

ですが、防戦一方に見えるリバプールも、虎視眈々とアーセナルの最終ラインを狙っています。
後半ロスタイムには、サントスのパスをインターセプトしてショートカウンター。
辛くもGKシュチェスニーが掻き出しましたが、危うく負けるところでした。
あっぶねぇええ。
やっぱり、サントスは危険すぎました・・・。

試合全体を通して、今日のアーセナルはアーセナルっぽさが出ていて面白かったです。
たぶん、今季で一番おもしろかったかも。
やっぱり運動量が多くてサボらないサッカーは楽しいですね。
運動量が少ないと、パスも回らないですから。

リバプールもテクニックと速さを融合したいいサッカーをしていました。
正直、試合中に何回も負けた、と思いましたし。
結果が引き分けだったのは、妥当だった気がします。

眠い目をこすって、平日の早朝から見て良かったです


■追記
冬の移籍最終日、アーセナルがスペイン代表の左SBモンレアル(マラガ所属)を獲得しました。
完全移籍です。契約期間は4年半という噂。
もともとは来夏での獲得を目指していたそうですが、ギブスの長期離脱を踏まえて
前倒しで獲得したと言われています。
サントスのことは好きですが、いまのパフォーマンスではリーグ戦4位を夢見ることさえ
難しい感じでしたから、新しい左SBを獲得したことは本当にうれしい。
しかも、スペイン代表ですからね!
モンレアルのプレーを見たことはない(と思う)ですが、噂では職人肌の攻守両面に優れた
バランスのいいSBと聞いています。
思わず期待しちゃいますよね。

今季は、マラガでのCL出場経験があるので、CLバイエルン戦には出場できませんが、
ぜひリーグとFAカップで頑張って欲しいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/608-7047fa5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。