上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにアーセナルが快勝しました。

ホームにサム・アラダイス監督のウェストハムを迎えたアーセナル。
前半を1-1で終えます。

私が見始めたのは前半46分からだったのですが、ハーフタイムに
やっていた前半のハイライトを見ると、なかなか良さげな感じです。
1失点はCK崩れからのミドルだったので運が無かっただけですし、
逆にポドルスキの弾丸ミドルからのゴールは素晴らしかった。

それに、ゴールにこそなりませんでしたが、ギブスとウィルシャーと
ポドルスキがパスを回して、最後にポドルスキがシュートを打ったシーンは
とてもリズムが良かったので、“これは、後半期待できるかも?”と思っていました。

そうしたら、後半2分にウォルコットのCKをジルーが足でボレーシュート、ゴール。
このゴールを皮切りに、アーセナルは10分間でなんと4ゴール!
あっと言う間に5-1とウェストハムを突き放しました。

ぶっちゃけ、あっけに取られましたね。
こんなに簡単に点を取るアーセナルは、本当にひさしぶり。

この日のアーセナルはほとんどみんなが良くて、いつも私が責めることが
多いウォルコットやジルー、ポドルスキ、ラムジーも良かったです。
もちろん、ウィルシャーやギブスは言うまでもありません。
カソルラは、疲れからかパスの抑えが利かなくて、ワンタッチパスの時のパスミスが多かったですが、
判断やタイミング・動きは良く、良いパスも通していたのでまぁ及第点。

選手全員が本当に良く走っていたのが、とても印象的でした。

中でも、特に良かったのはポドルスキ。
身体のキレが抜群で、トラップからのパスが速いし、パスやグラウンダーのクロスも正確だし、
スペースを見つけて走り込む動きも多いし、ほんと最高でした。
アーセナルに来て、一番良かったんじゃないでしょうか?

結果から言っても1ゴール2アシストですから、間違いなくMOMでしょう。

ポドルスキは、ここしばらく出場機会がなかったので、身体を休ませることができていました。
だから、身体のキレが非常に良かったのだと思います。
やっぱり、休むのは重要ですよね。

それに、ウィルシャーが本当に凄いです。
中2日で疲れているはずなのに、トラップもパスも精度が高いし、運動量も多いし、
ドリブルでの前への推進力も高い。
これで21歳とは信じられないです。

ジルーも、なんだかグラウンダーのポストプレーが上手くなってきた気がしますね。
相変わらず、シュートはワンタッチシュートしか打てないのは課題ですけど。

いずれにしても、今日のアーセナルは非常に良く走っていました。
それが、めちゃくちゃ嬉しい
走れば、アーセナルは質の高い試合ができる。
それを証明したような試合でした。

それから、大差がついた要因がもう1つありました。
後半2分に2-1とリードされたウェストハムは、最終ラインを上げました。
アウェイなのに、サム・アラダイス監督お得意のロングボール作戦ではなく、なぜかパスを回して
ビルドアップしようとしたんですよね。
アーセナルは、それに対してショートカウンターを狙って前プレスを掛けたところ、
これがおもしろいようにハマるハマる。
それが、10分間での4ゴールにつながったのだと思います。

ほんと、おもしろくて痛快な試合でした。
来週のリバプール戦が楽しみです。
その前に、週末のFAカップ(ブライトン戦)がありますけどね。

とは言いつつも、1つだけが不満がありました。
大差がついたので、ベンゲル監督はヴェルマーレンとポドルスキとジルーを途中で下げました。
どうせ代えるんなら、その3人じゃなくて、カソルラ代えてくれよ!
何試合連続でフル出場してると思ってるんだ、ベンゲル!
頼むよ、カソルラが壊れちゃうよ・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/605-188a7a7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。