上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの快勝でしたね♪
ホームで5-2。
ノースロンドンダービーに快勝ですから、ほんと嬉しいです。
5点も取ったのに、セットプレーからの直接ゴールがないところもアーセナルらしい

でも、序盤にメルテザッカーの判断ミス(と言うかポジショニングミス)から
失点しました。
先行き不安だったんですが、アデバヨールがカソルラに足裏タックルをかまして、一発レッド。
この退場が大きかったですね。
アーセナルのようなパスを使うサッカースタイルでは、相手チームの人数が少なくなると
かなり有利になりますから。
バルサなんかもそうですが。

ちなみに、かなり危険なタックルだったんですが、カソルラはケガはしてないと思います。
良かった

今日は、ほとんどみんな良かったですが、特にカソルラが良かったです。
ファンタジーあふれるプレーが多かったですね。
まるでロシツキのよう。
カソルラの良いときのプレーは、サッカーを見る喜びを感じさせてくれますね。

最初、ポドルスキはそんなに調子良くなかったのですが、ゴールを決めた頃から
尻上がりに良くなりましたし、ジルーは調子は良さそうでした。
アルテタは、言うに及ばず。
ジャック・ウィルシャーはまだまだな感じでしたが、少し良くなってきた気もします。
ウォルコットも身体がキレていましたし、アデバが退場してからはスペース出来まくりに
なったので、それを謳歌していました。

また、左CBに入ったコシールニーの調子が抜群でした。
ヴェルマーレンが左SBに入っていたんですが、ヴェルマーレンが上がっても
コシールニーが安定しているので、そっちのサイドからは点を取られる気がしなかったですね。

でも、守備組織には問題があるかな、と思います。
守備の際、ウィルシャーは通常3列目にいますが、ときどき2列目に上がって前からプレスを
掛けるんですよね。
もちろん上がってもいいのですが、ウィルシャーが上がった時の3列目のスペースを
誰がどう埋めるのかが整理されていなくて、ぽっかりと空くことが多かったんですよ。
前半から「危ないな~」と思っていたら、案の定、そこを突かれて失点。
警戒していたはずのベイルに空いたスペースに入り込まれて、フリーでミドルシュートを
決められました。
守備組織の整備は、ぜひ早急にやって欲しいです。

それから気になったのが、この大勝にもかかわらずベンゲル監督がカソルラとアルテタを
90分間プレーさせたことです。
週半ばにCLがあるのに・・・。
勝ってるんだから、この2人は65分頃に引っ込めるべきだったと思います。

そういうところがベンゲル監督の欠点なんですよね・・・。

でも、今日はチェンバレンもアシストを決めたし、ほんと良い試合だったと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/592-b9aac296
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。