上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドン五輪3位決定戦。
関塚ジャパンは韓国に0-2で負けてしまいました。
完敗でしょう。
後味の悪い敗戦でした。

なでしこジャパンの決勝のようなスッキリ感はありません。
ただただ、くやしい敗戦になりました。

日本のほとんどの選手は、韓国の縦への推進力に対して最後まで
対処しきれていませんでした。
例外は、真正面から戦って勝っていた吉田麻也。
相手に付き合わずにいなした清武。
その2人くらいでしょうか。

特に、右SB酒井宏樹とCB鈴木、ボランチ扇原はほとんど対処できて
いなかったですね。
3人とも身体の大きさでは韓国の選手に引けはとりませんが、
一歩前に出てボールを奪う、ボールをキープする、といった面では
韓国の選手の方が1枚も2枚も上でした。

イエローが出ても構わない、という覚悟を決めて前に出る韓国の選手と
なんとなくプレーしてイエローカードを出されてしまう日本の選手の差が
出た気がします。

くやしいなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/568-d340a0c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。