上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、①の続きです。
アーセナルが“ダブル”を狙うためには、やはりスカッドの充実が必要だと思います。

③スカッド(選手層)の充実

スカッドの充実、とは、必ずしも補強をしろ、と言っているわけではありません。
リザーブからの昇格も含みます。
いまの選手層も悪くはないのですが、CLかリーグの片方に狙いを絞った上で、
1冠を狙うのがギリギリの選手層だと思います。
やはり、質・量とも充実させることが必要でしょう。

ポジション別に考えてみます。
フォーメーションは、4-2-3-1を前提とします。

【1】 FW(1トップ)
・ファン・ペルシー
・ポドルスキ
・シャマフ

シーズン中にケガをすることやパフォーマンスが落ちることを考慮すると、1トップは3人必要です。
カップ戦もありますから。
とは言え、このポジションはポドルスキを補強したことから、いまのスカッドで十分です。
ベンゲル監督が上手くローテーションしてパフォーマンスの維持・向上を図れば、
この3人で、CLでもリーグでも十分に戦えると思います。

特に、シャマフをもっと使って欲しいです。


【2】 トップ下
・ロシツキ
・ラムジー
(・ディアビ)

以前にも書きましたが、決定的に選手が不足しています。
ラムジーはまだ育成モードですから、強豪相手にはこのポジションは務まらないでしょう。
ディアビは才能はありますが、ケガをしすぎなので期待することは難しいです。

ですから、リザーブからチャクス・アネケ(Chuks Aneke、18歳)をトップチームに
昇格させて欲しいと思います。
カップ戦でプレミアの激しさに慣れさえすれば、シーズン後半にはリーグやCLでも
活躍できるんじゃないでしょうか。

ただ、それでも、もう1人はトップ下が欲しい。
誰か即戦力を獲得する必要があるんじゃないでしょうか。

個人的には、レアル・マドリードでなかなか起用されないヌリ・シャヒンを
取れるといいと思うのですが。

【3】 両サイドMF
・チェンバレン
・ウォルコット
・ジェルビーニョ
・ポドルスキ
・コクラン
・ラムジー
・パク・チュヨン(朴主永)
(・アルシャビン)→ゼニトに完全移籍?
(・ベナユン)  →チェルシー復帰?
(・宮市)    →再レンタル?

ここのスカッドは十分ですね。人が余り気味です。
アルシャビンは、この夏に放出する方がいいと思います。
残念ですが、もうプレミアでやれるレベルではありません。

一方、ベナユンは残って欲しいのですが、おそらくチェルシーに
戻っちゃうんじゃないでしょうか。

宮市は、このままアーセナルに復帰しても試合にほとんど出られないでしょう。
再レンタルを希望します。

来季は、チェンバレンとジェルビーニョがプレミア2年目を迎えます。
2年目にブレイクする選手は多いので、とても期待しています。

【4】 ボランチ(3列目MF)
・ソング
・アルテタ
・コクラン
(・ジャック・ウィルシャー)
(・ディアビ)
(・フリンポン)

ジャック・ウィルシャーですが、私は、まだケガが長引くと見ています。
リーグやCLに起用できても、来季後半になりそう。
フリンポンのケガは前十字じん帯断裂ですから、もし復帰できても、
やはり来季後半になるでしょう。
また、ディアビもケガがち。

そして、コクランは守備スキルに不安があり、まだあまり期待するのは厳しい。
それに、ボランチというのは最もケガをしやすいポジションでもあります。
今季は、ボランチの中で長期離脱をしなかったのはソングだけです。
そのソングにしても数週間の離脱はありました。

そういう点では、少しスカッドが薄いのは確かです。
噂されているレンヌのヤン・エムヴィラを取れれば何とかなるのかもしれませんが、個人的には、もう1人欲しい。

リザーブに良い人材がいます。
クレイグ・イーストモンド(183cm、21歳)です。
アルテタに似たタイプのボランチで、冷静にパスを散らすことができるし、キープ力もなかなか。
守備も、1対1は強い方だと思います。
前に上がって、ゴールにも絡めます。

エムヴィラにイーストモンドが加われば、十分にCLとリーグを戦える気がします。


【5】 SB
・サニャ(右、左)
・ジェンキンソン(右)
・ギブス(左)
・サントス(左)
・コクラン(右)

右SBが、もう1人欲しいです。
鉄人と言われたサニャが、ケガがちになりかけています。
そういう年齢に差し掛かったと見るべきでしょう。

コクランの右SBは中位以下の相手には通用しますが、強豪相手には厳しい。
誰か良い選手はいませんか?
酒井高徳を獲得して右SBにコンバートする、というのは有りです。
彼は、アーセナル向きのサイドバックだと思います。

【5】 CB
・コシールニー(右※) ※左もできます
・メルテザッカー(右)
・ジュルー(右)
・ヴェルマーレン(左)
・イグナシ・ミケル(左)
・スキラッチ(右)

うーん、、、、、、ジュルーとスキラッチは放出した方がいいと思います。
そのぶん、ミケルをもっと起用して欲しいですね。
SBよりもCBの方が、彼の本領を発揮できると思います。

2年目のメルテザッカーは期待大です。

【6】 GK
・シュチェスニー
・ファビアンスキ  →移籍濃厚
・アルムニア    →移籍濃厚

シュチェスニーが正GKをがっちりと固めているので、控えGKは苦しいですよね。
誰か獲得する必要はありますが、心当たりがありません。
そもそも、来てくれるのかどうか?


私は、こういうスカッドが組めれば、来季は十分CLとリーグのダブルを狙えると
思っています。
ポイントは、トップ下と右SB。何とかならないかなぁ。

もちろん、ベンゲル監督が「①ローテーションをすること」、「②もっと守備練習をすること」を
十分実行してもらえる、という前提でですけどね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/535-5559dbf5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。