上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半80分頃から見たので細かい試合展開は分かりませんが、それにしてもびっくり

ホームの1st legとは言え、今季のチェルシーがバルサを破るなんて。
しかも、1-0の完封。

アリ得ナーイ!(外国人風)

まぁ、残り10分+ロスタイム3分のたった13分の中でも、決定機が2回あったわけで
(チェフのスーパーセーブ1回、もう1回はシュートがゴールポストを叩く)、
おそらくチェルシーが圧倒的に押し込まれた展開だったんだろうな、と思います。
最後は自陣に引きまくって、ドログバが懸命に守備をするという完全カメ状態でしたし。

ちなみに、この2回の決定機にはメッシが絡んでました。
やっぱり、メッシはスゴイわ。
セスクあげたんだから、メッシはアーセナルにくれない?(笑)

いずれにしても、ほんとチェルシーは、よく守り切りしました。
ゴールも、流れの中からのキレイなカウンターでしたし。
これぞチェルシー!的な。
今季のバルサは昨季ほどのパフォーマンスじゃないとは言え、とても素晴らしいです。

特に、アウェイゴールを決めさせなかったのが大きいですね。
バルサは、かなり追い込まれたと思います。
バイエルンに2-1で負けたレアル・マドリードはアウェイゴールを決めてますから、
不利さが違いますよね。

それに、週末はクラシコですから、バルサはターンオーバーで選手を休ませるわけにはいきません。
一方、チェルシーはアーセナル戦が控えているとは言え、リーグ戦は捨てても
構わない状態ですから、選手を休ませてくるでしょう。

そうなると、2nd legがどうなるのか?
チェルシーは引いてカウンターで良いので、2nd legはいくらカンプノウとは言え、
チェルシーが勝ち上がる可能性もありますね。

ただ、疑惑の判定(特にPKと退場者)
出ないことを強く祈ります。

カンプノウでは、こういうときに限ってよく出ますから。

■追記
こうなると、レアル・マドリードが週末のクラシコで選手を休ませてくるのかどうかも
興味深いです。
モウリーニョなら、CL重視で選手落としてくるかも?
・・・そこまではやらないかな?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/529-3ec648a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。