上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、負けた負けた。
自滅です。
QPR-アーセナル戦のことです。
フォーメーションは、でした。

---------------------------------------------------
               ファン・ペルシー
   ラムジー       ロシツキ      ウォルコット
          ソング        アルテタ
ギブス    ヴェルマーレン   コシールニー    サニャ
               シュチェスニー
---------------------------------------------------

本来は左サイドにジェルビーニョを入れる処ですが、ベンゲル監督は、
今後、ロシツキがケガをすることも想定して、ラムジーの試合勘を養って
おこうとしたのでしょう。
ロシツキは、もともとケガがちですから。
ですから、先発ラムジーは悪くないと思います。
QPRのような下位チーム相手でないと、こういったローテーションを意識した
起用はできませんし。

さて、この試合。
序盤から、サニャとヴェルマーレンの守備が不安定でした。
2人とも判断が遅いんですよね。
ですから、相手に先にスペースに入られたり身体を入れられたりしていました。
1週間休んでますから、体調は悪くないはずなので、メンタルの問題なのか?
なんだか少しボーっとした状態で試合に入った感じに見えました。

2人にしては珍しい、、、、と言いたいところですが、特にヴェルマーレンは
時々こういうことがあります。
最近で言えば、CL決勝トーナメント1回戦(ミラン戦)の1st legがそうでした。
この時も少し判断が遅く、私自身「???」となりました。

そうこうするうちに、やっぱりヴェルマーレンが絡んで失点。
もう少し判断が早ければ、防げていた点です

ですが、狭いエリアを攻略して、ソング→ロシツキ→ファン・ペルシー→ウォルコットと
つないでシュート。
バーに当たって跳ね返りましたが、それをもう一度確実にウォルコットが決めます。
よし、やるじゃん。
1-1。

ウォルコットは、ゴール以外にもいい走り込みをしたり、と良いプレーも
かなりありましたが、チャンスメイク時の基本的なプレーでのミスもあり、
非常に評価しにくかったです。
いいんだけど悪い、みたいな。

あとはアルテタが良かったですね。
確実なキープと守備。
素晴らしい。

後半、ソングのスルーパスが裏に抜けたファン・ペルシーへ。
完璧なスルーパス。
それをフリーで受けたファン・ペルシーが左足シュート。
ですが、相手GKのファインセーブに阻まれました。
惜しい。

ですが、今日のファン・ペルシーはこれだけ。
基本的には良くなかったです。
足にボールが付いてなかった感じ。
ここ数試合、そうなんですよね。
こういうとき、早めにシャマフを投入して欲しいんですが・・・。

後半21分。
何の前触れもなく。
相手選手のドリブルをマークしていたヴェルマーレンが
自ペナルティエリアそばで滑ってこけます

コシールニーがカバーしようとしますが、間にあいません。
グラウンダーのクロスを振られて、万事休す。
2-1。

こういうシーン、ミラン戦の1st legでも見ましたね。
そりゃ無いよ、ヴェルマーレン。
せっかく同点に追いついて、これから、ってところだったのに・・・。

こうなったら、QPRは徹底的にゴール前を固めてきます。
ドン引きではありませんが、身体を張った必死のディフェンス。

後半25分にラムジー→ジェルビーニョと交代。

責任を感じたヴェルマーレンも、たびたび前に上がってきます。
狭いスペースを攻略するため、細かいパス回しを繰り返すアーセナル。
ですが、ワンタッチパスが少なく、なかなかシュートにまで行けません。
ロシツキ、ソングも悪くないのですが、何かが噛み合わない。
ファン・ペルシーの不調も関連しているのかも。

そして、後半36分。
やっと、シャマフの登場です。
遅いよ、ベンゲル監督!

ギブス →シャマフ
アルテタ→チェンバレン

しかし、これが機能しません

シャマフを入れたんだから、ハイクロスをシャマフに合わせるか、シャマフに
ポストプレーをさせるボールを入れるべきなのですが、それができてないからです。
サイドのスペースを潰され、精確なハイクロスを上げさせてもらえません。

じゃあ、後ろからソングが浮き球のハイボールを入れれば、と思うのですが、
こういうときに限ってソングはグラウンダーで崩しに行きます。
あっちゃあ、なぜそんなにグラウンダーにこだわるの。
残り10分切ってんじゃん。ハイボール、ハイボール。(お酒じゃないよ?)
もしくは、ミドルシュートでもいい。

でも、誰もハイボールを入れません。
ミドルシュートもない。

ボールはつながるし、攻め込んでいますが、どうしても最後の一線が越えられないアーセナル。
そのまま敗戦となりました。
あいたたたたた。

4/1のトッテナム-スウォンジー戦の結果次第では、トッテナムに勝ち点で並ばれてしまいます。
と言うか、ホームだったらトッテナム勝つよね、きっと。

ということで、リーグ3位への道程はまだまだ険しそうです。
でも、頑張るぞ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/526-7948bde5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。