上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J1開幕。
注目は、ポポビッチ新監督が率いるFC東京です。

そんなわけで、大宮-FC東京を見ました。

スーパーカップも見たので、どんなサッカーをするかは知っていたのですが、
やっぱりおもしろいです。
前から攻撃的に守備をして、パスをワンタッチ、ツータッチでつないで相手を崩す。
どこかアーセナルに似ています。

ただ、ラインがちょっと高すぎるくらいに高い。
前からプレスをしっかりやって、裏狙いを防がないと、失点し放題になります。

ですが、前半のFC東京はACL疲れが残っていたのでしょうか、前からの守備の
ダッシュ力が足りていませんでした。
ダッシュの遅いプレスを簡単にいなす大宮。
そして、高いラインの裏を狙って、精度の高いボールを入れてきていました。

たびたびビッグチャンスを作る大宮。
そこを、U-23代表GKでもある権田がファインセーブ連発。
解説者の福田さんも言っていましたが、権田が3点くらい防ぎました。

ハーフタイム、ポポビッチ監督に怒号を浴びたのでしょう。
後半は、前からの守備の速度が上がりました。
そのため前半とは違って、大宮は精度の高いボールを裏に出せなくなりました。

先制点はFC東京。
相手のゴール前右側でショートパスをつないで、突然、左にいるFWルーカスへ。
かなり速いパス。
それをトラップ。
縦にボールが浮きましたが、それをそのままミドルボレー。
ゴール左側にキレイに決まりました。

ルーカスの前にはDFが2枚いたのに、パスは速いわ、トラップからシュートまでも速いわ、
ということでシュートコースを切りきれませんでした。
それでも、ほとんど隙間はなかったんですけどね。
よくあんなところを通したな~、ルーカス。

後半は、そのまま試合を支配して0-1でFC東京が勝ちました。
ポポビッチ監督、おめでとう。

FC東京のサッカーは超リスクを負うサッカー。
ラインを上げ過ぎだし、運動量もかなり求められます。
前からのプレスが少し鈍るだけで、あっと言う間にカウンターを食らいます。
裏が超空いてますから。
GK権田が大変です

また、この試合でも見られましたが、技術が足りないのでパスがずれることも
多いし、相互理解が足りない部分もあるので、次のパスの出てくる方向を
予測しきれなかったり、パス回しが速すぎて、ボールに一歩追いつけないこともしばしば。
それに、こういうサッカーは、疲れて足が動かなくなると、あっと言う間に
パスが回らなくなります。

そういったヤバイ要素を多分に含んでいるサッカー。

でも、そのぶん攻撃的だし、見ていてめちゃくちゃ楽しい。
志の高いサッカーだと思います。
ACLで準決勝以上に勝ち上がったら別として、そうでなければ、
リーグ5位以内に入ってくるんじゃないかなぁ?

まだまだ荒削りなので、勝ったり負けたりを繰り返すと思いますが、
今季のFC東京には、ちょっと注目です。

■追伸

全部は見ていないですが、清水エスパルスのサッカーもなかなかでした。
開幕戦こそ結果は出ませんでしたけど、かなり上位に食い込んできそう。
さすがゴトビ監督。

やっぱり、サッカーは選手層よりも監督ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/513-6ea5d9c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。