上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関塚監督率いるU-23日本代表が、シリアに負けました。
1-2です。

あまりショックはありません。
まぁ、こうなる可能性もそれなりにあると思っていたので。

理由は2つ。

①日本代表は、2月に良いパフォーマンスを見せたことがないこと。

トルシエジャパン以降、結果(勝敗)は別にして、2月に日本代表が良いパフォーマンスを
見せたことがありません。
Jリーグは、1月がシーズンオフだからでしょう。
なのに、ロンドン五輪最終予選の対戦相手の中では最も強いシリアと
よりによってアウェイ(正確には中立国ですが、中東なので似たようなもん)で
戦わなくてはいけなくなった時点で、不安がありました。
くじ運が悪いなぁ。
これが3月や4月だったら、U-23日本代表のパフォーマンスは、かなり違ったのでは
ないかと思います。


②清武がケガで離脱したこと。

香川、宇佐美らの海外組を招集できない以上(と言うか、U-23にそんなにたくさん
海外組がいること自体、日本代表史上初めてです)、攻撃の中心は清武になるはず
だったのですが、その清武が長期離脱。
そうすると、攻撃のスイッチを入れられる選手がいません。
個人的なお気に入りの山田直輝は、以前に比べて力を落としてしまったので、
期待薄でした。
ですから、シリアを圧倒するのはちょっと難しいな、と思っていました。

こういった2つの理由から、勝つ可能性も十分あるけれど、引き分けや負けの可能性も
少なからずあるな、と思ってました。
その予測が見事当たって、負けてしまいましたね。

永井だけは良いパフォーマンスを見せたので、彼のことが好きな私としては
少し溜飲が下がったのですが、もう1人、私の好きな選手である山田直輝は、
いいプレーもありましたが、やっぱりいまいちなプレーも多かったので、総合的には微妙。

GK権田は、おそらく戦犯扱いされてマスコミや一般の人に激しく批判されると思いますが、
2失点目はともかく、1失点目はGKが止めるのは厳しいボールでした。
おそらく、GK経験が無いと分かってもらえないでしょうけど。

あの至近距離で人の頭にボールが当たると、ボールが来るタイミングを狂わされます。
しかも、あのボールは大迫の頭に当たった後、(GKから見て)元のコースから
50cmほど外側にずれました。
権田は、ボールを正面で取ろうと少し左に寄った瞬間(重心を移した瞬間)に、
コースが右に変わったわけです。
あれでは、取るのは難しい。

「手に当てたんだから、取れ」とおっしゃる方もいるでしょうが、あれはたまたま
当たっただけです。意図して当てたわけではない。
たまたまのため、手に力の入る体勢で当たっていないので、外に弾きだすのは
かなり難しいです。

私から見ると、あの1失点目は不運の要素がかなり大きかったので、
権田を責める気にはなれません。
もしどうしても責める人を作るなら、大迫を責めるしかないでしょう。
ちゃんとクリアしろ、と。

一方で、2失点目は防げる可能性はありました。
確かに無回転の難しいドライブシュートでしたし、欧州のGKでもしばしば
ゴールを割られるシュートだと思います。

ですが、時間帯やボールを奪った直後の相手の選手の動きを見ると、
シュートを打ってくる可能性はかなりありました。
しかし、GK権田の動きは、それを予測してなかったように思います。
ロングボール(放り込み)が入ってくる可能性ばかりをケアしていたのではないかと。
もちろんその可能性もありましたが、シュート(特にドライブシュート)の可能性を
頭に残していなかったのはミスでした。

だから、シュートを打たれた瞬間に、ボールが飛んでくる位置(放り込みなのか、
シュートなのか)を見極めるのが一瞬遅れたように見えました。

ロングボールなら、GKの前にボールは落ちますから、前に出なくちゃいけない。
ドライブシュートなら、GKは当然後ろに下がる必要があります。

その判断が0コンマ数秒遅れたように見えました。
もし、ドライブシュートも予測の範囲内に入っていたら、一歩後ろに下がるのが
早かったかもしれません。
そうすれば、取れた可能性があります。

試合後に権田が語ったミスというのは、おそらくこのことだと思います。


ただ、いずれにしろ、勝ち点と得失点差がシリアに並んだだけなので、
悲観することはありません。
弱い対戦相手と戦ったときの得点力は、シリアより日本の方が
上回っているので、おそらく日本が1位突破するでしょう。

また、仮に2位になったとしてもプレーオフがあります。
プレーオフではUAEかサウジアラビアが上がってきそう、という噂ですが、
どちらもそんなに怖い敵ではない。

内容も結果も良くないかなり残念な試合になりましたが、五輪出場を
危ぶむような状況ではないと思います。

それに、永井が成長しているのが見られたのは良かったです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/496-c865e975
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。