上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナルは、ホームでマンU戦を迎えました。
8月に2-8で負けたリベンジを、と行きたいところですが、本職の両SBが
いない今の状態では、引き分けるのも至難の業です。

フォーメーションはです。

------------------------------------------------------
                ファン・ペルシー
   ウォルコット      ラムジー     チェンバレン
          ロシツキ       A.ソング
ヴェルマーレン  コシールニー  メルテザッカー  ジュルー
                シュチェスニー
------------------------------------------------------

一縷の望みは、左SBにヴェルマーレンが戻ってきたこと。
攻撃はともかく、左サイドの守備面は恰好は付くと思います。

ただ、右SBはジュルー。
ここは、はっきり言って穴です。

私がファーガソン監督だったら、ジュルーを狙う。

試合前にそう思っていると、やっぱりファーガソン監督はそこを狙ってきました。
ナニを左サイドに持ってきたかと思ったら、ギグスまでときどき左サイドに回ってきます。
徹底的にジュルーのいるサイドを狙ってきました。

しかも、ジュルーの前にいるのは、大抵チェンバレン(ウォルコットのこともあるけど)。
チェンバレンは、攻撃面ではかなり良い動きを見せていて、間違いなくアルシャビンよりも
上ですし、ベナユンがサイドMFをやったときに比べてもいいんじゃないかと思いますが、
いかんせん守備面での連携は少し不安な感じ。
初めてのリーグ戦先発ですから、それもしょうがないのですが。

その結果、前半だけで何回ジュルーとナニの1対1を見たか。
序盤こそ身体のキレでナニを抑え込んでいたジュルーですが、前半25分過ぎからナニに
振り切られ始めます。
瞬発力で勝てなくなってきた上に、ポジショニングも少しずつずれてきました。
疲れてきて、瞬間的に精確なポジションを取るだけの体力がないか、判断力が鈍ってきたのでしょう。

ヤバイな。

そう思い始めた前半46分。
こぼれ球を拾って?ギグスが左サイドに切れ込みます。
ジュルーは、その少し前から歩いており、ギグスが切れ込んだ位置にたどり着きません。

ジュルー、お前がチェックしなかったら、誰がするんだよ!

ギグスがクロスを上げるモーションに入ります。
チェックが間に合わないことを悟ったジュルーは、後ろに手を回しクロスに備えます。

ただ、ジュルーとギグスの距離は3m以上。
そんな遠い距離にジュルーがいても、クロスを上げるのに何の障害にもなりません。
完全なアリバイ守備。

何やってんだ、ジュルー!!!!

すると、ギグスは楽々ピンポイントクロス。
それをバレンシアが決めました。

0-1。

そのまま前半終了。

やってらんねぇ!

マンU戦で本職のSBがいなかったら勝てないのは、以前から予想されていたこと。
その通りになってしまいました。

なぜ右SBを取ってくれないんだよ、ベンゲル。
ジュルーにSB適性は無いって(CBとしても怪しいけど)。

後半は、ジュルーに代えて若いイェナリスを投入。
イェナリスか・・・・。
イェナリスは、本当はMFなんだよね・・・・。無理矢理、右SBで使っているけど。
しかも、まだ18歳。宮市よりも1つ年下です。
はっきり言って、守備面ではジュルーと大して変わりません。
何度かミスをしましたが、失点につながらなかったのは単なる運だと思います。

それでも、後半26分にコシールニーの素晴らしい守備からカウンターを発動し、
最後はファン・ペルシーが決めて同点。
1-1。

これで、首の皮一枚つながるかと思ったら。
今度は、ベンゲルがやらかしました。

なんと調子の良かったチェンバレンに代えて、アルシャビン投入。

えぇええ!!!!

どうしてチェンバレンを代えるんだ?
しかも、アルシャビン????
ベナユンでもパクでもなくて、アルシャビンなの???

まったく訳が分かりません。
もちろん、チェンバレンの守備の連携には多少の課題はありますが、後半になると慣れてきたのか
少しずつ良くなっていましたし、運動量も落ちてない。

全くの謎采配です。


そして。
この采配が決定的に失敗でした。

投入されてわずか数分後。
アルシャビンの緩慢な守備からバレンシアに左サイドを破られ、最後はウェルベック。
1-2。
あのゴールは、アルシャビン以外の誰も責められません。

泣けます。
負けるべくして負けました。

私は、いまのアーセナルのウィークポイントは、両SBとアルシャビンだということを、
ずっとずっと言ってきました。
そして、それを何とかしないとマンUには勝てないと。

その通りになってしまって、こんなに残念で哀しいことはありません。

頼むよ、ベンゲル。
素人の私にでも分かるようなウィークポイントくらい、さっさと何とかしてくれよ。
頑張った他の選手たちが、可哀そうだよ・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/488-6c3ae866
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。