上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨季、香川がブンデスリーガでブレイクして以来、日本人選手の
ブンデスリーガへの移籍が続いています。
ドイツ人と日本人は性格が似ているために、ブンデスリーガでは、
日本人の評価が高いから、とも言われています。

しかし。
実は、いまブンデスリーガの日本人選手たちの多くは苦境に陥っています。
インテルの長友やラツィオ移籍が噂される本田圭佑等、華やかな海外勢の話題に
隠れてしまっているのです。

今季、ブンデスリーガ(1部)で戦っていた選手は、
香川、長谷部、内田、岡崎、宇佐美、細貝、槙野、大津、酒井高徳、
矢野貴章、ハーフナー・マイクの10人。

しかし、ほぼレギュラーの地位を固めているのは香川と細貝の2人だけです。
槙野は、ケルンで試合に出られずにJに戻ってきてしまいましたし、
矢野貴章も、先日フライブルクを戦力外になりました。
細貝にしても、確かにレギュラーではあるものの、所属するチーム(アウグスブルク)は
ブンデスリーガの最下位を爆走中。

前節、本来気に入られているはずのマガト監督配下にいる長谷部はベンチ外を
味わっていますし、内田は久しぶりのリーグ戦先発でしたが、調子が悪く失点に絡みました。
岡崎は途中出場で1ゴールを決めましたが、それこそごっちゃんゴールで、それ以外の動きは
鈍く、途中出場なのもさもありなん、という出来でした。

そして、宇佐美、大津はめったに試合に出る機会がありません。
(酒井高徳とハーフナー・マイクは移籍したばかりですので、今後どうなるか分かりませんが。)

事実上、ブンデスリーガで通用していると言えるのは、香川しかいないのです。

これは、中田英寿がセリエAに移籍した後、次々に日本人選手がセリエAに移籍して、
結局は通用しなかった頃のことを彷彿させます。

私は内田好きなので、彼のことはまだ分からないと思いたいですが、それすらも
ひいき目でしかないかもしれません。
ですから、長谷部や岡崎、細貝はこれ以上通用するとは思いにくい。

若手(宇佐美、大津、酒井高徳)は別にして、以前に比べて強く上手くなったと
言われる日本代表選手でさえも、ブンデスリーガではなかなか通用しないのです。

香川フィーバーという祭りが終わり、落ち着いてみると、いまも続く日本人の移籍は、
一種のバブルなんじゃないかと思わざるを得ません。

いま、欧州の1部リーグでレギュラーを張っているのは、
長友・香川・細貝に加えて、グッとレベルが落ちるオランダ1部の下位チームに
所属する3人(吉田麻也、カレン・ロバート、安田理大)だけです。

※本田圭佑は、今季出場していないので除外。

以前に比べて日本人選手の欧州移籍が増えているのは悪いことではありませんが、
やはり欧州の壁は厚い。

残念な反面、そうそう易々と破れる壁ではないことを再認識して、ほっとする自分もいます。
薄い壁なんて、ぶち破っても何も楽しくない。

それに、10年前は欧州に通用する選手は、中田英寿と小野伸二だけでした。
その頃と比べれば、いまは確実に前に進んでいます。

欧州は、やはり分厚い壁であって欲しい。
そして、本当に能力のある日本人選手だけが、それをぶち破っていけるのだと思いたいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/487-548869db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。