上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3-2で負けました。
スウォンジーシティ-アーセナルの試合です。

ぶっちゃけ守備が崩壊してたので、どうしようもありません。
アルテタがいなかったのは痛かったです。
ケガでしょうか?

本質的には、両SB(右:ジュルー、左:ミケル)の守備やキープが弱い。
これまでは、それをボランチのソングとアルテタでフォローしていました。

でも、この試合はアルテタがいない代わりにラムジーとベナユンという守備力や
キープ力の低い2人。
ラムジーとベナユンは、交互にトップ下⇔ボランチの位置を入れ替えていました。
・・・つまり、あまりSBのフォローには行かない。
事実上、4-1-4-1でしたね。
でも、4-1-4-1は両SBの守備がしっかりしているからできる形です。
いまのアーセナルができるフォーメーションじゃありません。

ラムジーとベナユンがフォローに行かないので、ソングが1人で両SBのフォローを
するわけですが、さすがにそれは無理です。

そんなわけで、中盤でプレスがほとんど掛からない。
ですから、ポゼッションもスウォンジーシティに奪われたままでした。
40%強くらいじゃないですかね、アーセナルのポゼッションは。

ジュルーは、判断が遅すぎます。
キープ力も無さすぎです。
ミケルも、CBとしては足元が上手い部類に入るのかもしれませんが、
SBとしてはキープ力やパス精度が無い。

こんな試合をしていて、本当にCL圏内(4位以内)に入るつもりなんですかね、ベンゲル監督は。
まともなSB無くして、アーセナルのサッカーは成立しません。
ヴェルマーレンでさえ、左SBに入った時は中盤でのプレスや攻め上がり等を考えると、
あまり活躍できてない。

お願いですから、まともな両SBを獲得してください。
ケガがちのギブスに期待するのは、止めてください。

それからアンリですけど、さすがにポジショニングとパスの精確さは素晴らしい。
でも、運動量もパワーも足りません。
後半から入ってきて、その程度の運動量でどうする気ですか?
もっとガツガツいってください。プレス掛けろ。
勝つ気あるの?
初め、ファン・ペルシーが1トップだったのに、アンリが動かないから、
ファン・ペルシーが中盤に下がっちゃったじゃん。
疲れてるファン・ペルシーが中盤って。
意味不明です。

キレイなプレーだけしたかったら、アメリカ(MLS)でやってね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/482-5dde8702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。