上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜中に目が覚めてしまったので、ちょっと雑感を。
次回で『僕とスターの99日』は最終回なので、これまでで私が特に好きなシーンを書いてみます。

やっぱり、僕スタの楽しいところは、ユナが航平の家にたびたび押しかけるところだと思います。
1階のたこ焼き屋みっちゃんに来たり、2階の航平の部屋に直接入ってきたり。
第2話では航平が部屋にいないので、いきなり窓から不法侵入しちゃう、みたいな

突然ユナが来ると、航平はいつも

「なにやってんすか、ユナさん! 来ちゃダメでしょう!」

とか言いつつも、まったく追い返さずに受け入れちゃうとこもおもしろいです。
優しいと言うか、押しに弱いと言うか

航平だけならそこまで来ないんだろうけど、桃・菫・蓮といった航平のめい・おいがいるので、
よけいに来やすい。
ユナは、半分は桃・菫・蓮に会いに来ているんでしょうが、残りの半分は、
それを自分への言い訳にして、航平に会いに来てるって感じがしますよね。
ほとんどは自覚してないけど、でも、やっぱり多少は自覚もある、みたいな。

一方で、航平は鈍感だし恋心もなかなか自覚しない朴念仁(死語?)なんだけど、
そういうユナを見て、文句を言いながらも、ポジティブな感情を抱いているのが
何となく見て取れていいなぁ、と思ってます。
憎からず思ってる、的な。
そういった淡い恋模様が楽しいかな、と思います。

第7話だったかな、弟のテソンの誕生日ケーキを手作りしたけど、直接渡せないからと言って、
“みっちゃん”に行ってテソンの知り合いみんなで食べてお祝いする、ってシーンがあります。
もちろん、それは分かるけれど、やっぱりそれも航平がいるからなんですよね。
テソンのことを探してくれたり、いろいろ気を配ってくれた航平と一緒にお祝いしたかったんだろうなぁ。

お互いにちゃんとは自覚してないけれど、なにか気持ちの通じ合うところがあるやり取りが
楽しいです。

あとは、しりとりのシーンも好きですね~。
単純にかわいい。
航平がわざと負けたり、ほんとに負けたり。どっちにしろ負けるんだけど(笑)
デコピンが楽しい。

「っつーーー! だから、本気で痛いんだって。むかつくなぁ」

とか言いながら、いつもしりとりに付き合う航平が良いです。
ムキになってるのも、かわいい。

ドラマだから当然ストーリーがどんどん進んでいくんですが、こういった定番のシーンは
毎回あるし、それがいつも楽しみなんですよね。

それから、テソン(テギョンさん)がなかなかいいな、と。
韓国人だから日本語は下手なんですが(でも韓国人としては、かなり上手い)、
そこが逆にいい味を出してるし、言葉ができないぶん、表情や目線で良い芝居をしてます。
アイドルだそうなので、そんなに演技には期待してなかったんですが、
思った以上に良い感じ。
外見は、服装とかも含めて、いかにも韓国アイドルでカッコいいしね(笑)

航平役の西島秀俊さんは、新年から別の連続ドラマ「ストロベリーナイト」にご出演される
予定だそうなんですが、その中で竹内結子さん扮する女性刑事のバックアップをしながら、
恋心を抱く役らしいんですよね。
うーん、私の中で“航平”のイメージがすごく付いてしまったので、他の女優さんと
恋愛する役はうれしくないです。
ふだん、そんなにドラマを見る方ではないんですが、しばらく、西島秀俊さんが
恋愛が絡む他のドラマに出てるのは見たくない気がしますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/474-e9be1758
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。