上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝に目が覚めたので、たまたまやっていたブンデスリーガの試合を見ました。
これが、とても残念な試合でした。

リーグ首位を走るバイエルンが、ホームで中位(10位)のケルンと戦っていました。
ケルンは、5-4-1の超守備的布陣を取っていました。
1トップにはポドルスキです。
なかなかおもしろい。

私は守備的なサッカーも好きなので、5-4-1自体は特に気になりません。

ボールは、バイエルンが支配します。
リベリがサイドを縦に突破して、ハイクロス。
んーーー、5バックに対してサイドからハイクロス?
確かにクロスの精度は悪くないのですが、あんまり点が入る気がしないなぁ。。。。

一方、ケルンも超守備的戦術はいいんですが、カウンターのパスが遅いし、不正確。
さらに、FWポドルスキがきちんと収められません。
うーん、それじゃあ、守備的戦術の意味がないような・・・。

そうこうしているうちに、前半13分にアクシデント。
ケルン先発DFのブレシュコがケガ。
交代で槙野が入ります。
お、槙野。試合出場の機会が少ないと言われていたのに、こういう強敵相手のときに
出てくるとは運が強い。
5バックの右から2番目の位置のCBとして入ります。

槙野は守備面ではそれなりにこなしていましたが、ロングパスの精度が悪いです。
前線に入れるボールの精度が低いので、まるで相手にボールをプレゼントしているようです。
槙野のキック精度は本来ならそんなに悪くないので、バイエルンのDFのポジショニングが
いいんでしょう。

バイエルンは、相変わらず5バックのケルンに対して、サイドからのハイクロスで攻めます。
うーんうーん。

前半33分。
リベリがイエロー2枚で退場しました。リベリがケルンDF(SB)のずるい(?)プレーに怒って
相手の喉元を掴んだりしたためです。

あらら。
バイエルンは10人になってしまいました。

じゃあ、ここからはケルンが攻撃に出るかな?と思いきや。
5-4-1は変わりません。

えぇ、、、相手の人数が減っても5-4-1のままなの?
それって、柔軟性が無さすぎない?
10人相手にボールを支配され攻め続けられ、それにひたすら耐えるの?
ちょっと、弱腰過ぎる。
勝ちにいく気が、全然ないじゃん。

そして、そのケルンに対するバイエルンのサッカーも変でした。
やっぱり、5バックに対してサイドを縦に突破して、ハイクロス。

だーかーらー、5バックに対してハイクロス上げてもなかなか点入らないって。
10人で戦うのにカウンターも中央突破もなく、ひたすらサイド攻撃ですか。
ロッベンはいるけど、リベリはいないんですよ?
もうちょっと工夫は無いの?
ただただ、力攻めをして、ケルンが耐えきれなくなるのを待つの?

あまりにも頑なで、硬直的で、つまらないサッカーになってしまいました。

ケルンは、バイエルンが10人になったのだから、あまり引きすぎずに中盤での
ボール保持率を上げて、相手のシュートチャンスを減らすとともに、
攻撃の機会を増やすべきです。
そうすれば、バイエルン相手に引き分け以上の成績を残す可能性は、飛躍的に
高まります。
しかし、ケルンのゲームプランは硬直的で全く変わりません。

また、ゲームプランを変えずに5-4-1を維持するケルンに対して、
バイエルンも人数が少ないにも関わらず、ボールを支配してサイドからのハイクロス、
という工夫の無い戦い方に終始しました。
相手を引き出してカウンターを狙う、とか、人数が少ないのでゴール前で相手を崩す
難しさを考えてミドルシュート増やす、とかゲームプランの変更は一切なし。

両チームとも、状況に応じた戦い方の変化が全く無く、本当にガッカリさせられました。
これじゃ、バイエルンの攻撃に耐えられなくなったケルンが失点して負けるのが
目に見えています。
ケルンには、速いカウンターがありませんから。

つまんない。

私は、前半でテレビの電源を切ってしまいました。
二度寝しました。

翌朝、ニュース速報を見ると、バイエルンが3-0で勝ったそうです。
さもありなん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/467-2678f033
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。