上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナルが、昇格組のノーウィッチ・シティとアウェイで対戦しました。
昇格組とは言っても、11節時点で第9位。
7位のアーセナルとは、そんなに差がありません。
調子がいいとの評判です。

一方、アーセナルは、SBがヤバイです。
今週、左SBのギブスがヘルニアで長期離脱(復帰まで4~5週間)、右SBのジェンキンソンが
背中の疲労骨折で離脱しました。
ジェンキンソンは、まだ19歳なので治癒は早いと思いたいのですが、まさか疲労骨折とは。
シーズンもまだ前半ですし、ずっと起用されてきたわけではないので、よほどハードな練習を
重ねたんでしょうね。
若い選手が、きちんと鍛錬を積むのは心楽しいものでもありますが、無茶は避けて欲しいです。
以前から言われていることですが、アーセナルはフィジカル・トレーナーにちょっと問題を
抱えているんじゃないか?という疑問がぬぐえません。

いずれにしろ、これでSBを専門にしている4選手のうち、3人が離脱しました。
(右SBが本来のポジションですが、左SBもできなくはないサニャは来年1月の復帰になると思います。)
はっきり言って危機的状況です。
いまのところ、左SBのA.サントスはケガなく順調にプレーしていますが、そのバックアッパーが
CBが主戦場のヴェルマーレンしかいない、という考えられない状態です。
私は、ギブスのプレーが好きなのですが、あまりにもケガや病気が多すぎます。
ケガ、と言えば、まずファン・ペルシーやロシツキが思い浮かびますが、実はギブスは
彼らに負けず劣らず頻繁に離脱しています。

本来なら、クリシーの後のレギュラー左SBは、ギブスが務める必要があるのに。

さらに危険なことに、右SBは誰も専門の選手がいません。
ふつう2人の右SB(サニャとジェンキンソン)がいれば、選手が足りない、なんてことに
なるのは考えられないのですが。

ノーウィッチ・シティ戦、ベンゲル監督は右SBにコシールニーを起用してきました。
え、ジュルーじゃなくて、コシールニー?
CBは、左ヴェルマーレンに右メルテザッカーです。

コシールニーは、本来CBの選手です。
1枚上げて、ボランチもできなくはないでしょう。
ただ、基本的に中央の選手です。
サイドだと、ポジショニングから何から、全てが初体験になるんじゃないでしょうか。
もちろん、CBですから危険な場所を察知して1対1で守る、というスキルは高いし、
CBとしては足元もあります。
SBも、できなくはなさそうです。
が、かなりの冒険です。

でも、マルセイユ戦のようにジュルー(本来はCB)が右SBをやるよりは、
はるかにマシかもしれません。

この試合のフォーメーションは、

------------------------------------------------------
                ファン・ペルシー
   ジェルヴィーニョ    ラムジー    ウォルコット
          A.ソング       アルテタ
サントス   ヴェルマーレン   メルテザッカー  コシールニー
                シュチェスニー
------------------------------------------------------

しかし、ゲーム中の大半の時間は、こうなっていました

------------------------------------------------------
                ファン・ペルシー
ジェルヴィーニョ   ラムジー    アルテタ   ウォルコット
                 A.ソング
サントス   ヴェルマーレン   メルテザッカー  コシールニー
                シュチェスニー
------------------------------------------------------

ソングが、中盤の底に張りついたままです。
理由は簡単。
慣れていない右SBのコシールニーのフォローと守備力が弱い左SBサントスの
フォローをするためです。
そして、コシールニーも右後ろに張りついており、ぜんぜん上がりません。
守備が不安だからです。

このように、この試合のアーセナルの後ろは、かなり守備的だったと言っていいでしょう。
アウェイで9位のノーウィッチ・シティとの対戦ですが、上位陣に離されないためには、
勝利しか許されない試合です。
(ずっとそういう試合が続いています。)
その中で、バックラインに不安を抱えての戦い。
守備的にもなりますよね。

ただ、チーム全体として守備的だったかと言えば、そうではありません。
前線の4人+アルテタ+サントスが攻撃的に戦っていましたし、CBヴェルマーレンも
時には上がって攻撃に絡んでいました。
しかも、みんな体調が良さそうです。
パスをどんどん回し、どんどんドリブル突破します。
ライン設定も高かったです。

あまりにも調子が良いので、前半10分までに決定的なチャンスをジェルビーニョが
外しても、まったく気にならなかったです。
そのうち、点は取れると思っていましたから。

しかし。
前半16分。
ゆるーい縦パスがアーセナルの裏に入ります。
メルテザッカーが後ろ向きに追います。
ノーウィッチ・シティのFWが、メルテザッカーの背後から詰めてきます。
メルテザッカーは、おなかでワントラップします。
その直後、相手FWに身体を入れらます。
倒れるメルテザッカー。
ファウル無し。
GKシュチェスニーが相手FWとの距離を詰めます。
が、間に合いません。
そのままシュートを打たれます。

ゴール。1-0。
まさか、先にゴールを割られるとは。

メルテザッカーのミスです。
相手FWのパワーをきちんと予想せずに、中途半端なプレーをしてしまいました。
ゴール正面でやるべきプレーではなかったと思います。

肉弾戦/パワーという意味では、ブンデスリーガよりもプレミアリーグの方が上です。
高さだけなら、ほぼ同等と言っていいのでしょうが。
Jリーグでは、フィジカルが強い=高さ、のような解釈がなされている気がしますが、
本当は高さとパワーは別物です。
今季加入したばかりのメルテザッカーには、そこの認識が少し弱かったのかもしれません。

ノーウィッチ・シティの選手たちは、本当に身体がガッシリしていて、腕なんか
丸太ん棒みたいです。
サッカーよりラグビーやった方がいいんじゃない?みたいな。
どちらかと言えば華奢なアーセナルの選手が、パワー勝負に勝つのは難しいです。

そんなわけで、どんどんパスを回して攻め込むアーセナル。
先制点は奪われましたが、負ける気はぜんぜんしていませんでした。
これだけ楽しそうに攻めてて、相手のチャンスもほとんど作らせなくて、逆転できないはずはない。
そう思っていました。

コシールニーのポジショニングや、サイドをドリブルで上がる相手選手のマークの仕方は
非常にあぶなかっしい。
サントスも一発でボールを奪おうとして失敗すると、裏でソングかヴェルマーレンが
フォローしなくちゃいけない。

でも、そういう守備面の問題はありましたが、チーム全体としては、どんどん攻撃に出ていましたね。


そして、前半27分。
ウォルコットが裏街道から抜け出て、GKとDFの間にグラウンダーのクロス。
ジェルビーニョには合わずに抜けましたが、その向こうにいたファン・ペルシーが
合わせて同点。

期待通りでした。
いや、期待よりもちょっと遅かったかな?

その後もチャンスを量産しますが、なかなか追加点が入りません。

後半になって、ジェルビーニョがまたもGKと1対1になりますが、
これも外します。
ジェルビーニョ自身はかなり動きがいいのですが、シュートだけがどうしても入りません。
今日は、ジェルビーニョの日じゃないということのようです。

後半14分。
前線で、ラムジーがボールをインターセプト。
ドリブルに移ろうとしますが、滑ってこけます。
すかさず、ソングが動きます。
倒れているラムジーの上を八艘跳び(←古い?)
てんてんと転がっているボールを拾います。
そのまま、ドリブル。
持ち上がります。
相手選手は、ソングの意表を突いた動きに距離を詰められません。

そして、右サイドへグラウンダーのパス。
これをもらったファン・ペルシー。
GKが距離を詰めてきます。
1対1。
ふわっとボールを浮かせます。
GKの上を通すループシュート。
完璧です。

1-2。
よし勝った。

この試合のソングは、珍しくパス精度が悪かったのですが、このパスは良かったです。

この後も追加点を狙いますが、チャンスは量産するものの点は入らず。
ツキのないジェルビーニョは、後半32分にベナユンと交代してしまいました。

結局、そのままのスコアで終了。
これでリーグ5連勝です。
今節終わった時点の順位は、今日の試合によって変わるので何とも言えませんが、
7位か6位のようです。
辛抱強くいきましょう。

今週の水曜日には、ホームでのドルトムント戦です。
昨日、ドルトムントは、アウェイでバイエルンを破ったそうですから、
相手にとって不足はありません。
攻撃的なサッカーで真正面からぶつかりたいと思います。
ここで勝たないと、グループリーグを1位で突破できないかもしれないですし。

ベンゲル監督は、ノーウィッチ・シティ戦で温存したロシツキを使ってくると思います。
やっとロシツキが見れる。
楽しみです。
シャマフも見たいですが、ケガ明けなので無理しないでね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/445-d1ee87ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。