上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー、ホームできっちりWBAをイワせて頂きました。
3-0で勝利。
これで勝ち点19です。
リバプールと並びました。
順位はリバプールが6位で、アーセナルが7位。
先週と一緒やん
トットナムも勝ち点19なので、明日の試合でトットナムが負ければ、混戦模様が
楽しいのですが、アウェイとは言ってもフラムには負けないだろうなぁ。

試合内容は、正直、つまらなかったです。
ボールポゼッションは高いのですが(試合通じて65%程度)、あまりリスクを冒さずに
キレイに点を取ろう、としているのが見え見え。
ほとんど手抜きです。

前節、チェルシー戦に勝ったので大事にいこうとしていたことと、火曜日にマルセイユ戦も
あったので、多少疲れていたからでしょう。

そういう意味で、パスは回るけど、リスクを冒さないサッカーに終始したので、おもしろくない。
まー、それでも3-0で勝つんだから、調子は良いんでしょうね。
でも、手抜きするのはどうかなぁ?
もっと必死に戦って欲しいですね。
リスクを取らないパス回しは、退屈です。

今日、一番うれしかったのは、久しぶりにCBにコシールニーとヴェルマーレンの揃い踏みを
見ることができたことです。
右足利きのコシールニーが右CB、左足利きのヴェルマーレンが左CBに入ると、最終ラインを
含めたパス回しが華麗になるんですよね。
右CBメルテザッカー、左CBコシールニーだと2人とも右足利きなので、パス回しはちょっと
滞りやすいかったりします。

また、守備面でも、超スピードのコシールニー&スピード+高さのヴェルマーレンが入ると、
かなり安定します。
この2人は守備範囲が広いので、左右のSBをフォローもできますし。
バルセロナのような強敵は別として、格下相手なら守備の軽い右SBジェンキンソン/左SBサントスでも
十分守れることが証明されました。

それから、ヴェルマーレンは2点目を取ってましたし(しかも流れの中から!)、
コシールニーも最前線に上がって裏に走り込む、といったCBらしからぬ攻撃参加をしていて
おもしろかったです。

全体的にあんまり必死感がない試合でしたが、ソングは一生懸命走っていましたね。
試合終盤にはバテバテになっていて、しなくていいファウルを連発していました。
おつかれ、ソング。
ボランチも少しは交代させてあげて、先発のソング・アルテタを休ませてあげて欲しいな>ベンゲル監督


■追記
依然、好調をキープしている3位のニューカッスルが、次節でマンC・次々節でマンUと対戦です。
ぜひ、両チームともボコって欲しいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/437-cfd5db8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。