上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.04 首の皮一枚
浦和レッズは強運だと思います。

J1残留を争っている甲府が、横浜Fマリノス相手に後半途中まで1-0とリードしていたのに、
最後の最後に逆転されて1-2。
負けました。
しかも、次節は攻撃の軸の1人、パウリーニョが出場停止だそうです。

そのおかげで、浦和は磐田にホームで0-3と完敗したのに、いまだJ1残留圏内。
得失点差では甲府と差がありますし、アウェイとは言っても福岡戦を残していますから、
甲府との残留争いでは圧倒的に有利になったと言えるでしょう。

もし、今日の試合(第31節)で甲府が勝っていたら、息の根を止められていたところです。

浦和の試合については、3分程度のダイジェストしか見ていないので試合全体の感想は
言えないのですが、得点シーンでは磐田が上手いな、と思うと同時に、浦和のCBが
いろいろな意味で負けてるなー、と思いました。

2点目は曖昧なロングボールに磐田のFW(前田?)が浦和CBに勝っていましたし
(その後のシュートまでは磐田が上手かった)、3点目はポジショニングで勝負あり。
浦和CBの経験不足が出ました。
1点目はCKからの直接ゴールでゴール前が混戦だったので、磐田が上手いのか
浦和が弱いのか偶然なのかよく分かりませんでしたが。

そして、ダイジェストの浦和の攻撃のシーンは、すべて個人技。
ロングボールを収めたエスクデロの1人での突破、原口がドリブルで長距離を上がって
ゴール前へ上がって最後はグラウンダーのクロスを弾かれるシーン、梅崎がボールを
もらって反転してミドルもゴールのサイドネット。
全てカウンターからの攻撃。

ん?

堀監督お得意の連動した攻撃は???
無得点の試合のダイジェスト映像にそれが無いというのは、連動した崩しで惜しいシーンが無い、と
いうことに等しいと思います、、、、

守備より優先して攻撃に手を入れたはずなのに、なぜそんなことになるのでしょうか。
守備の堅い鹿島ではなく、今季、下位~中位で苦しんでいる磐田相手にホームでそうなるのは、
かなり問題だと思います。

試合後の堀監督のコメントを聞く限り、まぁ、ちょっと新人監督としての経験不足を
露呈している感がありました。
いまのチーム状態で、攻撃的にいきながら守備のリスク管理をするのは無理ですよ。
追い込まれた組織に短期的な目標を達成させるには、やるべきことをマネージャーが精査して精査して
絞ることが必要です。
いろいろなことを同時にできるような器用な組織であれば、そもそも追い込まれたりはしません。

今日、仕事がなければ、この試合を見てみたかったです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/434-7e54aca5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。