上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内容的にも、結果的にも最高の試合でした
アウェイなのに、3-5で勝利!

フォーメーションは、4-2-3-1でした
---------------------------------------------------
               ファン・ペルシー
  ジェルヴィーニョ    ラムジー    ウォルコット
         アルテタ       A.ソング
サントス    コシールニー   メルテザッカー   ジュルー
               シュチェスニー
---------------------------------------------------

今日は、誰が特に良かった、とは言いたくないです。
みんな良かった。
いつもは、文句つけまくりのウォルコットまで良かったです。
3点目は、よく粘ってシュートまで持っていきました。
ハットトリックのファン・ペルシーは言うまでもなく。

左SBのサントスは、序盤はミスが目立って先制点を献上するクロスを入れさせてしまったけど、
その後、2点目は決めるは、トーレスらからボールを奪うわ、ミスを取り返す以上の
働きを見せました。
右SBのジュルーも、意外と悪くない出来でしたし。
ラムジーも良かったなぁ、ほんと後1年くらいしたら化けるかもしれません。
9月の始め頃なんて、ひどい出来だったのに。

アルテタも、なかなかリスクを冒したパスが出せるようになってきたので、うれしい。
アーセナルやプレミアに慣れてきた感じがします。

そして!
今日のMOMは、やっぱりソングですね。
ファン・ペルシーと迷ったのですが、でも、ソングかな。
今日のアーセナルの守備は、かなり流動的で、特にソングが頻繁に上がって、前でプレスを掛けてました。
こんな感じです
----------------------------------------------------
                ファン・ペルシー
ジェルヴィーニョ   ラムジー   A.ソング   ウォルコット
                 アルテタ
サントス    コシールニー    メルテザッカー   ジュルー
                シュチェスニー
----------------------------------------------------

掟破りのアルテタの1ボランチ。
笑っちゃいました
でも、ソングのプレスは、ホント効いてましたね。
チェルシーは、ボランチにプレッシャーを掛けられて、ほとんど中央突破できませんでした。
リスクを負って、前からプレスを掛けたソングに拍手

さらに、ソングは危険な処を瞬時に判断してボールを奪いにいっていたし、自陣でボールを持った時に
チェルシーの選手に詰められていても、落ち着いて処理していたし。
2点目のサントスへのラストパスも見事でした。
あの狭い場所をピンポイントで通す、速いけど速すぎない完璧なスルーパス。
痺れましたね

3失点しましたが、これはチェルシーを誉めるべきだと思います。
先制点は、サントスのミスからクロスを入れられたのは確かですが、クロスの精度が良すぎです。
2失点目も、CKでのチェルシーの動きが上手く、CBのメルテザッカーがかなり釣られてましたね。
3失点目は、ジェルビーニョが受けたファウルを取ってくれなかったのは残念でしたが、
そこでアーセナルの動きが鈍ったのを見逃さず、シュートを打ちにいったマタが素晴らしかった。
ソングがスライディングで止めに行ったら、マタのシュートがソングの足に当たって
リフレクションしたので、さすがのGKシュチェスニーも取れなかったです。

って言うか、ソングは、よくあのタイミングで滑り込んだ。
ゴールこそ決められましたが、あの反応の速さには脱帽です

それにしても、マタは良い選手ですね。
アーセナルに欲しいな~

ちなみに、MFロシツキと右SBジェンキンソン、左SBヴェルマーレンも交代で出場しました。
みんな良かったけど、ロシツキが駄目押しの5点目に絡んだのはうれしかったデス
カウンターで速攻なのに、気の利いた落ち着かせ方をしてボールをはたき、
サイドに流れてDFを引き付けたので、ファン・ペルシーがフリーでボールをもらえました。

この試合、序盤にウォルコットが決定的チャンスを2回作ったのに、ジェルビーニョもファン・ペルシーも
シュートを外したときは嫌な予感がしました。
その後、すぐに先制点を取られたときは、さらに嫌な予感がしました。
実際、前半の途中まではポゼッション率は39%でした。

でも、チェルシーのプレスが非常に厳しかったのに、アーセナルの選手たちの動きは良かったし、
パス精度も素晴らしかったので、
「これは、まだまだ分からないぞ」
と思い直しました。

そうしたら、攻撃陣が爆発、守備でもかなり危ないシーンは何度もありましたが、
何とか3点でしのぎました。

個人的には、今季のプレミアリーグ最強の敵はチェルシーだと思っていたので、
本当にこの勝利はデカイし、うれしいです。
内容も良かったし、アーセナルのファンで良かったーーー、と思える試合でした

さて、次はホームでのマルセイユ戦だ!
シャマフ頼んだぜ!

■追記
リバプールも、アウェイで勝ったそうですね
これで、上位陣は混戦模様。
リバプール、トットナム、チェルシー、アーセナルの4チームで
マンC・マンU包囲網を作って、とっちめちゃいましょう

・・・とっちめる、って死語かな?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/427-b597921e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。