上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督が代わって第1戦目。
栃木SCと戦ったジェフ千葉は、以前のチームから少し変貌していました。

高い位置に敷かれたコンパクトなディフェンスライン。

中盤にスペースがないため、栃木SCはパスやドリブルで
ジェフ千葉の中盤の守備を崩すことができません。
最終ラインからのロングボールを出すしかなくなります。
しかし、ピンポイントで正確なロングボールを出すのは至難の業で、
それほどチャンスを作り出すことができず、無失点に終わります。

一方、栃木もコンパクトなラインで対抗しますが、個人技は
ジェフの方が上です。
スペースがない中でも、何度かチャンスを作り出します。
ただ、栃木よりもチャンスは多いことは多いのですが、やはりそれほど多くはありません。

そのままスコアレスドロー。

ジェフは勝ち点1を積み上げましたが、J2で5位は変わらず。
昇格圏内の3位までは、まだ少し遠い状況です。
残り7試合。

シーズン終盤、昇格争いや残留争いに巻き込まれたチームが監督を代えることがあります。
そのとき、新監督がまず手を付けるべきなのは、攻撃か?守備か?

千葉は、まず守備に手を付けました。
そして、狙い通りの無失点。

浦和は、まず攻撃に手を付けました。
そして、狙い通りのリーグ6試合無得点からの脱出。

両チームとも成功するのか、両チームとも失敗なのか、それとも一方だけが成功するのか。
なかなか興味深いです。

千葉については、消去法で考えた場合、最善策のような気がします。
残り7試合もありますし、上位(鳥栖・徳島)との直接対決も残っています。
直接対決で先に失点するようなサッカーでは、勝つ見込みは薄いと思います。
コンパクトなサッカーは運動量の点でも有利なため、1-0で勝つには
悪くないですし。
ショートカウンター狙いなら、オーロイのような個の力が秀でた選手がいなくても、
ある程度の点は取れます。
ただ、今からで間に合うかどうか?
3位徳島との勝ち点差は4。
徳島とは得失点差が大きいですから、何とか直接対決で勝ちたいところです。


浦和の場合は、微妙です。
ただ、浦和らしくはあります。
クラブの体質として、サポーターも選手もフロントも守備への理解が薄い。
そして、攻撃的な個の力を持つ選手がたくさんいますから、
まずは攻撃に手を入れたというのは、自然なことなのかもしれません。

ただ、横浜Fマリノス戦で見せたように、先制されたのは浦和。
そして、誤審と個の力で逆転。
最後はファウルで相手の攻撃を止めた上で、ひたすら引いて
20本以上のFKに耐える、という戦い方でした。
出入りが激しい。

でも、これもあり得ない選択肢ではないです。
残留争いをしているライバルの甲府は、失点数の多いチームなので、
得失点差で浦和を上回ることはない。
リスクを冒してでも、勝ち点3を取りに行く価値はあります。
浦和は、残り4試合のうち1試合でも勝てば(浦和は福岡戦を残しています)、
残留に大きく近づくと思います。
最終的な勝ち点は、以前予想したように35以上という考えは
変わりません。

さて、実際にはどうなるんでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/425-2efde382
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。