上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和レッズがペトロビッチ監督を解任しました。
後任は、ユース監督だった堀氏だとのことです。

そんなわけで。
10/22(土)にあるリーグ戦第30節、横浜Fマリノス-浦和戦の試合予想をしておきます。

マリノスが勝つと思います。

理由はいくつかありますが、

①これまでプロ監督の経験が無いこと
 山田直輝や原口や高橋峻希を率いて高円宮杯を圧倒的な強さで制する等、ユース監督としては
 素晴らしい功績を上げてらっしゃいますが、それはあくまでユース(=アマチュア)でのこと。
 厳しいプレッシャーにさらされるプロでの経験は初めてだし、自チームの構成も若手から
 ベテランまで、日本人から外国人まで多種多様です。
 ペトロビッチ監督でさえ浦和の前には2~3のプロチーム監督経験がありますから、
 それ以下の経験しかない、という点は考える必要があります。

②監督としての初動に問題があったこと 
 就任初日の練習内容を伝え聞く範囲では、問題があると思います。
 浦和の欠点でもあり、また短期間での練習で効果が見込めるのがセットプレーなのですが、
 それを集中的に練習したわけではないようです。
 俊輔のFK/CKからの得点パターンを封じるために、まずセットプレーの守備を行うとか、
 逆にセットプレーからの得点力が低い現状を打破するため、FK/CKからの得点シーンの
 練習をやるとか。
 J1残留が目標なら、それに向けてドラスティックな変革が必要です。
 しかし、初日は「まずは気持ちよく練習させてモチベーションを上げさせて、チーム一丸と
 なって頑張ろう!」みたいな練習だったようなので、少なくともマリノス戦では、
 新監督就任はプラス面よりもマイナス面の方が大きいでしょう。

③守備戦術の変更が混乱を招く可能性が高いこと
 浦和ファンからは「戦術が無い」と糾弾されていることが多いペトロビッチ監督は、
 実は、かなり守備戦術には通じています。
 相手によっては、引きこもり戦術まで使い分けていたとも言えるでしょう。
 一方、掘氏のユース監督での経験からすると、守備戦術は前からプレスを掛ける方法しか
 無いようです。
 マリノスの堅守速攻には、非常に相性が悪いと思います。


以上から、マリノスが勝つと思います。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/420-949e3c99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。