上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナル-スウォンジー戦を見ました。

速報ベースで感想を。

移籍加入組のCBメルデザッカーとMFアルテタは先発、MFベナユンも途中出場でデビュー。
アルテタは中盤の底で左右にボールを散らしていて、オランダ時代の小野っぽい。
ベナユンは、守備にもかなり頑張っていました。

うん、悪くない。

メルデザッカーは、相手が弱小と言うこともあり、良し悪しは何とも言えなかったです。

CBコシールニーの守備は光っていました。
が、個人能力を発揮していただけで、組織的に守ってボールを奪う、というには程遠い感じです。

ボールポゼッションは64%と圧倒しているのに、なぜかスウォンジーに
シュートを10本も打たれています。
(ちなみにアーセナルは17本打ちました)

結果的には、1-0と僅差かつ完封試合となりましたが、GKシュチェスニーの好守と
コシールニーの個人技がなければ、どうなっていたか?

ラムジーとアルシャビンの身体のキレが良さそうでしたが、アイデアが足りないし、
ゴール前での精度ももうちょっと必要。

ウォルコットが単独で仕掛ける場面が多いのは、何とかなりませんかね?
もうちょっと連携して崩して欲しいです。

左SBのギブスは、やはり判断に問題あり。
辛抱強く育てるしかないのかな。
でも、身長のあるSBなので、期待はしています。
今年こそブレイクして欲しいです。

右SBのサニャは安定していて、素晴らしいです。
今のところ、個人的な年間MVPはサニャです(気が早すぎ)。

中盤底の守備的MFフリンポンは、ソングの代役はできそう。
でも、アツくなると、すぐに手が出る癖は治してくれーーーー。
イエロー累積で出場停止だったのに、この試合でもまたイエローもらっていました。
ソングよりも試合に出られる数が少なくなりそう

シャマフは残り10分で、ファン・ペルシーと交代で出場。
ヘディングで良いシュートを1本打ったのですが、相手GKのファインセーブに阻まれました。
やっぱり、ポスト上手いし、守備はさぼらないし、ヘディング巧い。
シャマフが1トップでファン・ペルシーがトップ下の布陣が見たい!!

まだまだビッグ4と戦える状況じゃない(特に組織的守備)し、若さゆえの不安定さも
あるけど、移籍加入組はそれなりだったし、とりあえず絶対勝たなきゃいけない試合に
勝ったので、ホッとしました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/384-3a98df3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。