上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風がやっと去り、家族も落ち着きました。
ご心配をお掛けしました。

なんとか一息ついたので、サッカーを見ることにします。
W杯3次予選、ウズベキスタン代表-日本代表。

ちなみに、落ち着いてないときのなでしこジャパンの五輪予選(vsタイ、韓国、豪)も
ザックジャパンの北朝鮮戦も見ていません。
台風で落ち着かなかったり、仕事もちょっと大変だったり。

久しぶりにサッカー中継を見る感じで、結構楽しみにしていました。
フォーメーションは、例のごとく4-2-3-1。
ですが、本田圭佑がいないので、ちょっとおもしろい選手配置になっていました。

---------------------------------
            李
   香川    長谷部    岡崎
       遠藤     阿部
駒野   吉田麻也   今野    内田  
           川島
---------------------------------

ポリバレントな長谷部をトップ下に置いて、ウズベキスタンの1ボランチに圧力を掛ける作戦です。
プレスを掛ける(チャレンジする)長谷部をカバーするのは、阿部と遠藤です。

阿部ちゃん、ほんと久しぶりに代表で見ます。
W杯以来かも。
うれしいなぁ。
いま、私が日本人選手で一番好きなのは、阿部ちゃんかもしれないです。

ですが、試合が始まってみると。
遠藤と阿部がダメダメです。
ぜんぜん長谷部をカバーできておらず、そのせいで相手ボランチにプレスが掛かっていません。

試合後のインタビューの際、長谷部が
「僕のポジショニングが悪くてチームに迷惑を掛けた」
と言っていましたが、これはキャプテンである長谷部がチームの選手たちを
かばったのでしょう。

(万一、本気でそう思っているのなら、長谷部の守備面の戦術眼はヤバイと思います

本当は、明らかに遠藤と阿部が問題です。

特に、遠藤。
ポジショニングが、1~2mずれていることが多いです。
感覚的には、10回のうち5回くらいはポジショニングがおかしい感じ。
ポジショニングがおかしいので、長谷部のプレスに即座に追随できていません。
遅れることが多いです。
その結果、プレスは空振りになってスペースを作ってしまい、
縦パスを入れられています。

それが、ウズベキスタンの攻撃のリズムを生み出していました。

遠藤がチャレンジ&カバーを分かっていないはずはないので、
なぜ、こんなにもポジショニングがおかしいのか不思議です。
同じ4-2-3-1なのに、少し戦術(ボランチにプレスを掛ける)が変わったくらいで
ポジショニングが崩れるようじゃ、代表レベルの守備とは言えないでしょう。

テレビで解説者(狂気の左サイドバック・都並さん)が
「いいぞ、遠藤、うまく最終ラインをカバーした!」
などといい加減なことを言っていましたが、あまり信じない方がいいと思います
都並さんは選手としては大好きだったんですが、解説者としてはイマイチなんですよね。
特に戦術論に、ちょいちょい穴があります。
だから、なかなかJ1の監督のオファーが来ないんじゃないかな?と疑っています。

阿部も周り(特に今野、内田)との連携が悪く、敵をサイドに追いやって
プレスを掛ける、ということが上手くできていませんでした。
遠慮がちにプレーしているように見えます。

その結果、全体が間延びします。
遠藤・阿部のせいで2~3列目でプレスが空振るので、最終ラインは怖くて
ラインを上げきれないからです。
ボランチにプレスを掛けるときは、最終ラインを高い位置においてコンパクトに
するのが必須なのにね・・・。

また、遠藤は、ウズベキスタンのドリブルにも手を焼いていました。
1対1で抜かれすぎです。
遠藤の位置でドリブルで抜かれると、あっという間に相手のチャンスにつながります。
危険です。

正直言って、この試合の遠藤は穴でした

どうも遠藤は、ある程度ボール扱いのテクニックがあって、しかもフィジカルで
押してくるウズベキスタンのような相手が苦手なようですね。
前回のW杯予選(岡田ジャパン)でも、ウズベキスタンは遠藤に狙いを絞ってプレスを掛け、
日本が攻撃の形を作れないようにしました。
そのため、ホームなのに引き分けに終わった試合がありましたね。

一方で、攻撃面での遠藤はそこまで悪くありません。
絶好調とは言いませんが、ピッチを考えればパス精度も良い方だと思いますし、スペースを見つけて
パスを出すこともできています。

そこで、ザッケローニ監督が指示したのが4-1-4-1への変更。

---------------------------------
            李
香川    遠藤   長谷部     岡崎
           阿部
駒野   吉田麻也   今野    内田  
            川島
---------------------------------


「そのくらい自分たちで考えて臨機応変にやってくれよ。仮にも代表なんだから」
と言いたいところですが、そこはザ・日本人。
言われないとできないのが日本代表です。

でも、この変更は良かったですね。

プレスを長谷部-遠藤-阿部の三角形で掛けるのではなく、
2列目の4人(香川-遠藤-長谷部-岡崎)で相手ボランチやSBにプレスを掛け、
ウズベキスタンのビルドアップに蓋をします。

やっぱり、ザックはイタリアの国の人だなぁ。
戦術の選択が、非常に的確です。
遠藤の攻撃の良さは生かして、守備の悪さを軽減するような戦術変更です。
また、阿部もかなりやりやすそうです。
1ボランチはやったことがあるからでしょう。

そして、双方とも得点チャンスはありながら、ウズベキスタンが先制して前半終了。

後半開始時、ザックは阿部を外して清武を入れ、本来の役割分担の4-2-3-1に戻します。

---------------------------------
            李
   岡崎     香川    清武
       遠藤     長谷部
駒野   吉田麻也   今野    内田  
           川島
---------------------------------

いつもの戦術(システムではありません)に戻ったとたん、ライン全体はコンパクトになり、
パスも回り始めます。
この役割分担なら、遠藤もポジショニングを間違うことはありません。

また、落ち着いたのか、無理なときに強引に突破しようとするシーンは減りました。
そして、内田の巧いクロスに岡崎が低いダイビングヘッドで飛び込んで同点。

この後、ザックジャパンは全体的には優勢に試合を進めますが、かなり危ないシーンもあり、
引き分けは妥当な結果だと思います。
川島のファインセーブ3本がなかったら、負けていたかもしれません。

後半、いつもの戦い方に戻して、かなり試合内容が良くなったのは確かです。
ただ、アウェイの洗礼と言うか、ピッチの悪さに最後まで苦しめられて、ショートパスや
ワンタッチパスをあまり使えませんでした。
こういったピッチでどう戦うのか?は、パス主体サッカーを指向する日本代表にとっては
古くて新しい課題ですが、まだ、うまい解決はできていない気がします。

本当は、ボランチにプレスを掛けてショートカウンター、というのは、あまりパスを回さずに
点を取れる戦術なので、ピッチが悪くても機能しやすいという特徴があります。
そういう点から考えると、ザックの戦術眼はかなり鋭いと思うのですが、いかんせん、
選手たちがそれについていけていない。
それほど難しい戦術ではないのだけれど。
そこに、少しがっかりしました。

アウェイで引き分けという結果は気にしていませんが、選手1人1人にもうちょっと戦術的な
柔軟性が欲しいです。


※追記
良くも悪くも香川は香川でした。
やはり、ストライカーです。
ボールが来なければ、ストライカーは活躍できません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/383-364a9aef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。