上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CL予備予選、ウディネーゼとの2nd leg.に完勝です。
アーセナルが、今季もチャンピオンズリーグ本大会に出場決定!

実は、試合開始時刻を思い違いしていて、見始めたのは後半開始直後から。
あっちゃあ、大事な一戦なのに何してんだ、俺。

しかも、スコアは1-0。
負けてます。
やっば

フォーメーションは、こんな感じでした 変則4-1-1-3-1。
--------------------------------------------------
               ファン・ペルシー
  ジェルヴィーニョ    ラムジー    ウォルコット
                    ロシツキ
            A.ソング
サニャ    ヴェルマーレン   ジュルー  ジェンキンソン
               シュチェスニー
--------------------------------------------------

先日のリーグ戦(vsリバプール)から変わっている選手をピンク色にしてみました。
中盤の5人のうち、3人が変わっています。
これが大きかった。
中盤でパスが回るようになったし、守備力も段違いです。

中でも、ロシツキとソングがいいですね

ロシツキは、守備でも攻撃でも、むちゃくちゃポジショニングが良いんですよね。
守備では、特にどこでファーストプレスを掛けべきかの判断が抜群。
相手がボールを保持しそうになった時点で動き出しています。
そして、相手がボールをトラップした時点で、もう目の前に体勢を整えたロシツキがいるんです。
ですから、相手はパスもドリブルも仕掛けにくい。
たいてい横パスに逃げるか、無理矢理ドリブルをしてプレスに引っかかる、ということになります。

また、ボールを持っていないときでも、スルスルっと絶妙なスペースに走りこんでボールを受けます。
私が
「そこに誰か走りこんでくれ!」
と思った時には、たいていロシツキは走りこんでいますし、ときどき、
「え、いまのタイミングでそこに走りこむかぁ
みたいに走りだけでファンタジーを感じさせてくれたりもするんですよね。

そして、ソング。
もう1対1の強さは、守備でも攻撃でも群を抜いてます。
中盤の底でボールを持っているときに、相手に削られても平気でボールをキープ。
好調時の中田英寿を思い出します。
ものすごい安定感。
しかも、パスも上手いです。
守備専のイメージが強いけど、本当はラムジーより上手いでしょう。
また、守備でも当たるのとスペースを埋めるのと、その判断が素晴らしい。
ヴェルメーレンのフォローも良いので、中央を破られる心配はほとんどありません。

この2人に左SBのサニャ(また左です。リバプール戦で効いていたから?)、
珍しく足元にボールが収まっているウォルコット、さらにジェルビーニョとファン・ペルシーが
パス回しに参加するので、リバプール戦と比べると中盤の構成力が飛躍的に上がっています。

ボールポゼッションは60%。
アウェイにもかかわらず、です。

そして、そのままの勢いで攻め込みます。
後半10分、シュートのこぼれ球を左サイドで拾ったジェルビーニョがドリブルで仕掛けて、
グラウンダーのマイナスのクロス。
ロシツキが、うまーくニアに走りこんでDFの注意をそらします。
その瞬間、ファン・ペルシーの左足一閃。
ゴール!

1-1です。
しかも、貴重なアウェイゴール。
1st leg.は1-0で勝ったので、この後、万一2-1にされても、アーセナルはアウェイゴール・ルールで勝ち抜けです。

よしっ。

しかし、後半15分。
相手CKのボールをヴェルマーレンが手で触ったという判定でイエロー。
審判、明らかにウディネーゼ寄りです。

ペナルティエリア内でのハンドなので、PKです。
ピーンチ。

たのむぞ、シュチェスニー。止めてくれ。
確かに1点は取られてもいいけど、まだ時間帯が早すぎる。

そうしたら。
ディ・ナターレ(たぶん)のキックを完全に読み切って、PKストップ!

うぉーーーー、スゲぇ!!
お前は川口か!


スコアは1-1で変わらず。
良かったーー。

その後、パスがどんどん回るので調子が出てきたのか、アーセナルの中盤より前の選手たちが
ポジショニングを流動的に変えまくります。
なぜかウォルコットが左サイドに来て、ジェルヴィーニョが右サイド。
ウォルコットの左サイドなんて、めったに見れないよ?

と思っていたら。
後半24分。
サニャとウォルコットがパス交換とドリブルで左サイドを切り裂きます。
ほんと、今日のウォルコットは足元いいなー。
珍しい。

そのままサニャが持ち上がり、相手の裏に走りこんだウォルコットが受けます。
ウォルコットが速くて、相手DFが追いつけません。
そのままシュート、ゴール!

やったああああ。
1-2。
アウェイゴール2点目。
事実上、勝ち抜け決定

後はパス回したり、ジェルヴィーニョ→トラオレと交代したり、と時間を使って試合終了。
ほんと良かった。
前半にどういう形で失点したのか分からないですけど、後半だけを見るなら完勝でしたね。

もちろん、心配な点はあります。
ジュルーは、相変わらず判断が甘いので怖い、とか。
ラムジーは、また消えたままやん、とか。

でも、右SBのジェンキンソンは、まだまだ判断に問題があるとは言え、リバプール戦よりは
落ち着いてプレーできていましたし、ジェルヴィーニョも早々にフィットしそうな感じでした。
サニャの左SBが意外といいのにも驚きました。
シュチェスニーの成長も、ほんとにうれしいです。

連携ができて調子が上がってくるまでに、もう少し掛かるかと思ったのですが、意外と早い立ち直り。
なかなか良い兆候です。

マンU戦はソングもジェルヴィーニョも出場できないし、オールドトラフォードでの試合なので
そう簡単にはいかないでしょうけど、なんとか引き分けに持ち込んでくれたらうれしいな、と思います。
楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/379-dd9b2fb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。