上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLのバルセロナ-アーセナル 2nd legの出場選手ですが、アーセナルは
ファン・ペルシーをメンバーに入れましたね。

ファン・ペルシーは最低3週間以上、もしかすると4週間は復帰までに
掛かると言われていましたから、ちょっと意外すぎます。
むちゃくちゃ無理をさせているか、それとも3週間以上と言ったのが
戦略だったのか。
ベンゲルのことだから、前者だと思いますが。

もしそうだとしても、メンバーに入れる以上、15分程度は動けるだろう、と想像します。
それなら、後半30分に投入してアウェイゴールを1点取って欲しい、という期待はあります。
私の予想は外れて、ウォルコットとソングはメンバーに入らないようですが、
ウォルコットとファン・ペルシーならファン・ペルシーの方がいいとは思いますから、
そういう点では良かったです。

ただ、ソングが出ないのは痛いです。
アーセナル最高のキーマンは、言わずとしれたセスクですが、2番目はソングだと思います。
バルサの運動量がすさまじい前半は、特に不可欠な存在です。

ソングがいないのは、非常にイタイです。


一方、バルサは累積イエローのピケに加えてプジョルもケガの回復が間に合わず
出場しないそうです。
今年のアーセナルは、シャマフやファン・ペルシー、ベントナーといったFWが
高さでも勝負ができますから、ピケとプジョルの両方がいないのは、
アーセナルにとっては朗報です。

しかし、相対的に見ると、中盤が苦しいアーセナルの方がコンディションが厳しいと言えるでしょう。

先日の記事では、コンディションはアーセナルの方がわずかに上回る、と書きましたが、
それはソングの復帰が前提でした。
ソングが復帰しないのなら、プジョルがいなかろうと何だろうと、バルセロナの方が
コンディションは上だと思います。

つまり、アーセナルはますます厳しい状態に追い込まれたと言えます。

試合開始まで、あと5時間。
本当、どんな試合になるのかすごく楽しみですが、すごく心配でもあります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/309-dd77c8f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。