上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木村和司監督には、謝りたいです。
ごめんなさい。

昨年、主力級と言われる選手を大量放出した横浜Fマリノス。
それをマスコミは、『マリノス・ショック』と呼びました。

私にとっては、ごく普通のことに見えたのですが、どうやら気に入らなかった人も多かったようです。

マリノスのチームの状況をガラッと変えて優勝争いをするには、これまで主力級と言われた松田・
山瀬・坂田らを放出することは、自然なことだったと思います。


ただ、そうは言っても、チームの屋台骨にあたる選手たちを放出するわけですから、
翌シーズンにいきなり良くなるとは思っていませんでした。ぶっちゃけ。

昨シーズンのマリノスは、守備組織にも課題を抱えていましたから、
優勝争いに絡むのは2012年かな、と思っていたのが正直なところです。

しかし。
J開幕戦。
アウェイの名古屋戦で、いきなりパスをつなぐ好サッカーを展開。
守備でも、狙いを定めて奪うシーンが続出。

途中から入った永井にやられて、最終的には引き分けでしたが、明らかに
マリノスのサッカーが名古屋を上回っていました。
公式戦3試合目で試合勘には問題がない名古屋相手に、公式戦初ゲームのマリノスが
ゲームを支配しました。

もちろん、ボール支配(ポゼッション)は名古屋が上でした。
しかし、永井が交代で入るまでは、マリノスがゲームの主導権を握っていましたね。
シュートは打たれるものの、まったく失点する予感がしませんでした。

それにしても、永井は良いですね。
ちょっとびっくりしました。
あっと言う間に代表に上がってきそうな予感がします。

閑話休題。

それにしても、あれだけ主力級を放出したのに、翌シーズン序盤から
この質の高いサッカーを実現した木村和司監督には脱帽です。

昨シーズンの状況から見て、初監督だし、守備組織の構築は下手なんだろうな、
というイメージを持っていましたが、開幕戦を見る限り、そんなことはありません。
攻守ともに、非常にバランスの良いチームを作り上げてきた感じがします。
お見それいたしました。
本当にごめんなさい。

これで、マリノスはフロントともども『マリノス・ショック』が正しいことを
証明できましたね。
今シーズンのマリノスは、きっと優勝争いに加わると思います。
たぶん、5位~2位のどこかに入るような気がしますね。

マリノスは、長谷川アーリアジャスールとGK飯倉がいいですね。
長谷川は、かなり成長していると思います。
柏から移籍してきた右SBの小林も、なかなかです。

渡辺千真も(分かっていたことではありますが)、すごくいいです。


名古屋は、ACLもありますし、ちょっと苦しみそうな予感はしていたのですが、
永井というスーパーなFWが入ったのが大きいです。
リーグ優勝は難しそうですが、やはり5~2位のどこかに入ると予想します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/305-9a7639f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。