上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジアカップで日本が優勝しました。

おめでとう、ザックジャパン!
ホントーーーーーーーに良かったです。

先発フォーメーションは、こんな感じでした。        
---------------------------------
          前田
  岡崎    本田圭佑     藤本           
      遠藤    長谷部
長友    今野    吉田     内田
          川島
---------------------------------

それにしても、試合が開始してしばらくは、どうしようかと思いました。
あまりにも退屈な展開で。
両チームともあまり前からプレスを掛けず、ディレイ中心の守備だったので
ボールを奪う位置が低くすぎました。
そのために、ボールを前線に運ぶのに時間がかかります。
あくびが出そうになりました。

オーストラリアは、もともと堅守速攻スタイルだったので
まだ分かりますが、日本までディレイ中心じゃあつまんない。

もしかして、日本は韓国戦で心身ともに疲れ果ててるのかな

そんな想像をしてしまいました。

実際、両SBの長友と内田がかなりミスをしていました。
簡単なパスやドリブルも、「あれ?」的なミスが多い。
守備でのポジショニングもおかしい。

やっぱり、韓国戦で120分戦ったのが効いてそう

そして、一番良くなかったのが、藤本。
なんだか、まったく試合に入れていません。

たぶん、オーストラリアのフィジカルの強さと決勝戦という大舞台にビビってました。
Jリーグでのような思い切ったプレーがない。
こわごわプレーしている感じです。

そのために、プレーが縮こまって、キープでもパスでもケアレスミスを頻発。
思い切ったプレーがないのでボールを前に運べないし、キープも不安定なので
内田もリスクを負って前線に上がれない状態でした。

前半、内田自身もあまりよくありませんでしたが、藤本がそれに輪をかけて
良くなかったので、日本の右サイドは攻撃面で沈黙。

ザックは、計算違いに焦ったことでしょう。
いや、私も藤本がここまで消えるとは、想像していませんでした。
なぜなら、藤本は一番得意なポジションで起用されていたからです。

清水エスパルスの3トップは、左から岡崎-ヨンセン-藤本の並びに
なっています。
岡崎はザックジャパンでは右に入ってますが、本来は左の方が得意なはずだし、
藤本もほぼいつも通りのポジションでプレーできて、しかも岡崎との
関係性は同じ。
これほど、藤本がやりやすいポジションはないと思います。

ですから、藤本を右に入れて岡崎を左に回す、というザックの選択は
十分納得できるものでした。
それどころか、私にとってもイチ押しの形だったんですよね。

うーん、まいったなぁ。
これじゃ、『決勝では2~3点取る!』なんて予想は外れそう。

その結果、自然と日本の攻撃は左サイドに偏ります。
岡崎-長友-本田圭佑のトライアングル。

しかし、残念ながら、そこはオーストラリアのオジェック監督に読まれていました。
オーストラリアは、長友の裏にロングボールを集めます。
さらに、オーストラリアが長友サイドを攻める理由が、もう1つありました。

ブログには書いてなかったのですが、実は日韓戦を見て『それはマズイだろ』と
思っていることがありました。
長友の守備です。

長友は対人は非常に強いので、抜きにかかる相手を止めるのは得意です。
韓国戦でも抜きにかかる相手との1対1は、ほとんど止めていました。

ですが、長友とマッチアップした韓国の右SBチャ・ドゥリは、長友を抜くと
いうよりは、どんどん早めにクロスを上げてきていたのです。
なぜなら、ゴール前の高さやフィジカルの強さでは、日本よりも韓国の方が有利だから。

形としては、抜いてマイナスのクロスの(特にグラウンダーのクロス)の方が
得点に結びつきやすのは確かですが、そのためには長友を抜かなくてはいけません。
なかなか難しいミッションです。

ですから、チャ・ドゥリは選択しました。
1本のマイナスのクロスより2~3本のアーリークロス。

なのに、長友は抜かれることをケアするあまり、チャ・ドゥリに
フリーでクロスを上げさせてしまっていました。
フリーなので、当然クロスの精度は高い。

その結果、韓国が真ん中で高さを生かして、惜しいシュートシーンを何回も
作り出していました。

長友は、イタリアで変な癖がついてしまった気がします。
内田は、韓国戦で良いクロスを上げさせるシーンは、かなり少なかったのに。

オジェックは、その長友の癖をスカウティングで見抜いたのでしょう。
オーストラリアは、ロングボールをどんどん右サイドに(日本から見て左サイド)に
集めます。
長友が上がっていて裏が空いているときはもちろん、上がっていなくても。
そして、次々と早めにクロスを上げてきます。

やはり、長友は早めにクロスを上げにくる相手へのマークはぬるい。
フリーで上げられます。

オーストラリアは堅守速攻なので、攻撃時にゴール前中央にはそれほど人数は
いませんが、高さは韓国以上。
吉田と今野で、何とか1トップのキューウェルをつぶしていますが、
良いクロスが入ってくるので、いつ失点するかとヒヤヒヤものです。

この試合のキューウェルはかなり良くて、ケーヒルよりも
キューウェルの方が脅威でした。

そんな感じで、前半は終了。
日本にもチャンスはありましたが、基本的にオーストラリアに主導権を
握られていましたね。

これは、負けるかも・・・。
そんな予感がし始めます。

ですが、ザッケローニ監督は、この状態をそのまま放っておく監督ではありませんでした。
後半開始して、オーストラリアが選手交代をしていないのを確かめると、
岩政の投入を指示します。

え、岩政
どうして、ここで岩政なんだ?

テレビ解説でも、松木安太郎やセルジオ越後、名波が混乱しています。

「前半、今野がファウルを受けて足を引きずるような仕草を見せたからですかねぇ??」
なんてことを言っています。

それだったら、後半始まる前に代えるでしょ。
だいたい、今野がファウルを受けたのは前半30分頃。
後半10分まで平気でプレーしているのに、いま代えるのは意味が分かりません。

そうすると、新たな情報が。
藤本と代えるらしい。

えーと、さらに訳が分かりません。
試合に入れていない藤本を交代するのは分かるけど、なぜ岩政と?

まさか3-4-3にして攻撃に出るの?
同点なのに、もうそこまでリスクを負いますか?
場合によっては延長戦まであるのに。

でも、問題なのは、攻撃よりも守備な気がするんだけど。
そうすると、まさかの5-2-2-1とか?
堅守速攻にシフトするの?

疑問がぐるぐると頭の中を駆け巡る中、藤本→岩政に交代。

すると、新たなフォーメーションは。
今野を左SBに移した4-2-3-1。

---------------------------------      ---------------------------------   
          前田                              前田
  岡崎    本田圭佑    藤本            長友    本田圭佑    岡崎      
      遠藤    長谷部                  遠藤    長谷部
長友    今野    吉田     内田        今野    岩政    吉田     内田
          川島                             川島
---------------------------------      ---------------------------------

なにぃーーーーーーーーー!!
ザックやべぇ、それは思いつかなかった!!!
攻守両方の課題を一気に解決し、プラスに転じるスペシャルな戦術的交代

長友はクロスを上げさせてしまうという守備面での課題はあったものの、
前半から攻撃には上手くからんでいたので、今野を左SBに移動して
長友を前に上げ、左サイドの守備力向上と攻撃力維持の両方を実現。

もちろん、ザッケローニ監督は、今野が岡田ジャパンで左SBをやったことが
あるのを知っていて、左SBに移動しています。

岡崎はアジアカップでは右サイドをずっとやっていたため、
前半、左では少し精彩を欠いていたことから、右サイドへ移動。
右サイドでは、スペースを作って内田の上がりを促すことも可能になるので、
ある程度は右サイドからの攻撃力アップも期待できる。

さらに、岩政をCBに入れることでハイクロスへの対応を強化。

藤本→岩政に交代するだけで、これだけの戦術的なケアを実現しました。
一石二鳥どころか一石三~四鳥です。

すごすぎるよ、ザック!
さすがは、戦術の国イタリアから来た監督だ

この交代により、日本の左サイドから精度の高いクロスが上がるケースが
かなり減り、しかも内田サイドからの攻撃が活性化しました。

これこそが戦局に応じた柔軟な戦い方!
ずーっと、こんな日本代表が見たかったのです。

岡田ジャパンやトルシエジャパンでは、いつもいつもワンパターンな攻撃と守備、
交代策もワンパターン。
相手が日本の良さを消しに来ても、弱点を突きに来ても、何も変えることが
できずにその策にはまり、グダグダな試合展開を見せられることが
何度あったことか。

ジーコジャパンでも同じでした。
試合途中で3-5-2⇒4-4-2に変更しても、何も変わりません。
交代策によるシステム変更が何かを生み出したことは、皆無だったと思います。
(相手によって、先発を3-5-2と4-4-2を使い分けられる点では良かったのですが。)

オシムジャパンは、交代によりさらにリスクを負って攻撃にシフトすることは
できたので、その点は満足でしたが、守備のケアについてはイマイチでした。

戦術的交代により攻守両面をケアし、局面を一変させることができる点では
ザッケローニ監督は、かつての日本代表監督の中で最も優れていると断言できます!

いやぁ、原技術委員長。
ほんと良い監督を引っ張ってきてくれました。

誰だよ、代表監督がなかなか決まらなかったときに、
焦れて「もうJの監督からでいいよ」とか言ってたヤツは。

欧州の一流監督は、モウリーニョやベンゲルやファーガソンだけじゃない。
経験を積んだ欧州の一流監督は、一味もふた味も違うってことを思い知ったか!!
(↑誰に言ってんだ?

さて、この交代で、試合の展開を五分と五分に戻したザックジャパン。

日本はパスをつないで豪陣内に攻め入り、豪はロングボールをゴール前に上げてきます。
シュートの打ち合いになります。

一番惜しかったのが、するするっと遠藤が左サイドにポジションを移したとき。
ボールを受けて、後ろの長谷部?本田圭佑?と縦のミドルパスでワンツー。
ゴール前に抜け出ます。
そのまま遠藤がペナルティエリア内にボールを呼び込み、GKと1対1。

『打て!』
とテレビの前で叫ぶ私。

しかし、遠藤はダイレクトで後ろの前田にボールを落としてしまいました。
前田はダイレクトでシュートを打ちましたが、ゴールまでの距離が遠く、
ボールは宇宙旅行。

がっかり。
打てよ、遠藤。

テレビ解説でも、セルジオ越後が遠慮がちに
「いまのは、直接シュートだったかなぁ」
と言っていました。

日本は攻める一方で、中盤で奪われてキューウェルに裏へ飛び出される嫌な展開。
また、ロングボールやCKからのシュートでピンチを度々作られました。

しかし、それを川島がことごとくセーブ。
後半27分にキューウェルの1対1を止めると、延長後半のオグネノブスキの決定的な
ヘディングシュートも枠外に弾き出しました。
この試合の川島は、尻上がりに調子を上げている感じでした。

そして、ザッケローニ監督は、延長前半8分に前田に代えてFW李忠成を投入。
定石ではありますが、疲れてきたオーストラリアに対してスピードのある李を入れる、
というきっちりとして安心感のある交代策です。

そうすると、延長後半4分。
長友が左サイドを突破。
少し高めの速いクロスを入れます。
ゴール前には、なぜかフリーで李忠成!!
完璧な左足ボレーで、勝ち越し!!!!

うわー、キレイな点の取り方。

しかも、突破力を生かそうと前に上げた長友がアシストして
交代で入れた李忠成がフレッシュな体力を生かして、すばらしいボレー。

ザックの采配が、ずばり的中です。

あれが、もし疲れて切っている岡崎や本田圭佑だったら、あそこで
ボレーが枠内に行っていたかどうか?
トラップしてたらDFに詰められていたでしょうし。
ゴール前にいたのが李で本当に良かったです。

試合後、あの褒めないセルジオ越後までが

「ザッケローニ監督の采配が当たったね」

と言っていました。

最後は、内田に代えて伊野波を入れ、ゴール前にフタをして
オーストラリアのロングボール戦術を封じました。

いやぁ、ほんとによくやりましたね、ザックジャパン。
これだけ守備的な相手からも点が取れるし、フィジカルで負けてても
守り切れるし。
コパ・アメリカが楽しみになりました。

ただ、本田圭佑がMVPってのは、どうなんですかね?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/275-0d30e345
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。