上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジアカップのグループリーグ第2戦。
ザックジャパンは、シリア代表に1-0で勝ちました。

前半は、ヨルダン戦より良かったですね。
縦に速くて。

特に、得点を取ったシーンなんかは、綺麗なカウンターで
なかなかいいんじゃないでしょうか。
少なくとも、岡田ジャパンでは見られなかった類のカウンターだと思います。

ただ、やはり気になるのはサイドの使い方。
ザッケローニ監督は、試合後のインタビューで

「シリアの4バックは、ヨルダンと違って中央に絞る傾向があるから、
 ワイドに起点を作る狙いだった」

と言っていますが、実際にはワイド(サイド)に起点を作れたかと言うと、疑わしい。

その結果、得点はカウンターの1点だけで、遅攻からは点を取れませんでした。
後半、流れが来なくなった状態のときに、もう少し上手くサイドを使って欲しかったです。

香川は、セレッソでは思いっきり左サイドだったのですが、
アジアカップでは何だか合ってる感じがしません。
岡崎の方がいい。

香川が左サイドでイマイチなのは、理由があるような気がします。

セレッソのときは、確かに2列目左サイドでしたが、どちらかと言うと
セカンドストライカー的な意味合いが強い役割を担っていました。
また、ドリブルもスペースがある場所で中に切れ込む感じのドリブルが多く、
サイドを縦に突破する形のドリブルは、あまり無かった気がします。

また、ドルトムントでは裏を虎視眈々と狙うセカンドストライカーとして
ペナルティエリア内で活躍する役割のため、ドリブルが得意とは言いつつも
ほとんど1タッチか2タッチしかしていないのではないでしょうか?
(多分に想像が入っているので、もし間違っていたらごめんなさい)

一方で、アジア相手に香川が左サイドで求めらえるプレーは
ドリブルで縦に突破してクロスを上げることです。
また、相手が引いてくる以上、場合によってはゴールライン沿いをゴールに向かって
突破するプレーが必要になるケースがあります。
こういう相手の場合、斜めに中に切り込んでも、ほとんどチャンスになりませんから。

まとめると。
いま、香川が左サイドで取り組んでいるプレーは
もともとそんなに得意なプレーではないんじゃないでしょうか?
だから、いまいち輝かない。

かなり勘が混ざっていますが、そんな気がしています。

でも、目の前のことだけを見れば、それを「問題だ、問題だ!」と
騒ぎたてるのが良いのかもしれませんが、まだブラジルW杯は先ですし、
香川も若いので、こういうプレーに公式戦でチャレンジして、経験とスキルを
徐々にアップしてもらえれば十分だと思います。

そして、この試合、比較的良かったのは、本田圭佑・長谷部。
ですが、最も目を引いたのはGK西川のパフォーマンスでした。
ポジショニング・キャッチング・フィードと(地味かもしれませんが)、ほぼ完璧な内容。

シリアのシュートはミドルが多かったとは言え、結構強烈なものもあったのですが、
確実にキャッチングしてシリアの攻撃を切っていました。

どちらかと言うと、川島より西川の方が良かった気がします。
(大差ないかもしれませんが。)

今後、川口と楢崎のように2人でライバル関係を築き、切磋琢磨してくれるとうれしいです。

全体としては、ヨルダン戦よりも良くなっているので、良い傾向だとは思っています。
あいかわらず心が熱く燃えない自分自身が残念ですが。


さて、次は、グループリーグ敗退が決まったサウジアラビア戦。
それにしても、サウジがヨルダンとシリアに2連敗だなんて、アジアのレベルも
下がりましたね。

ヨルダンも2004年と比べたら弱くなってましたし(GKは別として)、アジアで順調に強く
なっているのは、韓国くらいなんですかね


■追記
え、スコアは2-1じゃないかって?
いえいえ、どう見ても1-0ですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/271-45b2f7a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。