上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジアカップの優勝争いは、日本・韓国・イランの三つ巴の争いだと
思っていました。

なぜオーストラリアが入っていないかって?
それは、主要選手が高齢化しているからです。
ヒディンクが率いた2006年W杯から、主要メンバーがほとんど
変わってないんだから、無理もない話。

去年の南アフリカW杯でも決勝トーナメントに進めなかったように、
やはり高齢化に伴って少しずつ力が落ちています。
韓国や日本は、2006年からかなり若返りをしているので、
その差は顕著です。

そんなわけで、今日まではオーストラリアが優勝候補だとは
思ってなかったのですが、ひとつ忘れている要素がありました。

豪(オーストラリア)代表の監督は、あの名将オジェックじゃ
ありませんか!

ヤバイ。
だったら、豪代表の優勝もあるかもしれません。

オジェックのことを『名将』なんて書くと、また浦和サポーターから
袋叩きに会いそうですが、間違いなくオジェックは名将です。

ACL優勝とJリーグ年間2位。

アジアを制したJのチームには、他に磐田とガンバがありますが、
アジアとJのリーグ戦をここまで両立させたのは、オジェック浦和だけです。

内容的にも、素晴らしくレベルの高い縦ポンサッカーでした。
機能美を感じさせる堅い守備、ポンテの切れ味鋭いスルーパス、
ワシントンの懐ろの深いキープ力と決定力、快足永井の裏への飛び出し。

当たり前ですが、縦ポンサッカーにも質の上下があります。
先日のヨルダンの縦ポンサッカーは、オジェック浦和に比べたら
かなり質が低いと思います。
守備戦術が徹底されてないし、カウンターも運に恵まれないと
枠内シュートまで持っていけない。

オジェック浦和の場合、浦和が先制すれば、あまりに守備の堅さに
相手チームは追いつくのさえ至難の技でしたし、カウンターにおいても
FWにボールを届けるまでのプロセスが非常に速く正確で、
運に依存しない確実性がありました。

日本では、あまりにもパスサッカー・組織的攻撃サッカーを好む人が
多すぎて、オジェック浦和のサッカーは『おもしろくない(ので駄目だ)』
の一言で片づけられてしまいましたが、日本のサポーターやマスコミに
サッカーの多様性を楽しめる土壌があれば、オジェック浦和の
サッカーはかなり魅力的だったと思います。

もったいない。


私自身、アーセナルが好きなのでパスサッカーはもちろん好きですが、
パスサッカーが唯一絶対だとは思っていません。
09-10のバルサ-インテル戦ではインテルの戦いの美しさにしびれましたし、
イングランド伝統のキック&ラッシュも好んで見ます。
もちろん、キック&ラッシュなら何でも良いわけではなくて、
今シーズンのニューカッスルのように質が高いことが条件ですが。


ちょっと話がそれたので、元に戻します。
じゃあ、オジェックの何がすごいのか?

それは、

①戦略の確かさ(戦術ではありません)
②ピーキングの上手さ
③周囲の反対を押し切ってでも、決めたことを断固として完遂する力

の3つだと思います。


オジェックが就任した1年目、いきなりACLを取ることを
事実上のノルマにされてしまいました。
Jのチームは、どこもACLを取ったことが無いにも関わらず。

はっきり言って、就任1年目の監督にそれをノルマとして課す
サポーターやフロントというのは、無茶苦茶だと思います。
しかも、その上でJも優勝しろ、という人たちまで大勢いました。

すぐに結果を出さなければならなかったオジェックは、
中~長期的なチーム力アップのために必要だと考えていた
戦術変更(本当は4バックにしたかった)を捨て、
短期で勝つことだけに集中せざるを得なくなりました。

そのために採用した戦略が、選手起用の固定による組織力
(特に守備力)向上とピーキングです。

もちろん、デメリットはありました。
選手起用を固定すると、選手のフィジカル・メンタル両面の疲労の増大、
ケガの頻発、控え選手からの不満が増大すること、等といった
デメリットが発生します。
ただ、当然のことながら、オジェックはそれらを予測していたはずです。
しかし、ACLとリーグ優勝を両方を狙うためには、
デメリットを知りながらもメリットを追求するしかなかったのでしょう。

トーナメント制のACLを勝ち抜くには、守備が重要になります。
そこで、オジェックは堅守速攻で失点しにくい浦和のスタイルを
もう一歩進め、選手を固定して守備組織力を向上させました。
実際、浦和の守備はどんどん良くなっていき、ACL優勝時には
単に「守備戦術が徹底されている」というようなレベルを超えていて
全員が同じイメージを持って守備に当たり、あ・うんの呼吸で
スペースを埋めたりフォローしたり、相手を囲んだり、と
水が流れるようなスムーズな守備ができていたと思います。

また、ピーキングについては、明らかにACL優勝の11月中旬に
ピークを合わせていました。
最優先はACLを取ることでしたから。
つまり、優先順位が2番目のリーグ戦については、
11月中旬までに勝ち点を稼げるだけ稼いで、先行逃げ切り型で
優勝しよう、と考えたのでしょう。

この戦略は、非常に正しかったと思います。
実際、最終節まで浦和が1位だったわけですから。

もし、選手を固定せずにローテーション制を敷いていたら、
おそらくチーム力のピークの山が低くなってしまい、
ACLは優勝できなかったでしょうし、ACLに力を割いた分、
リーグでも優勝は難しかったはずです。
※1つ前のシーズン(2006年)に浦和はリーグ優勝を
 達成しましたが、ACLには出場していません。

欧州を見ていても、ローテーション制を敷いたチームは
ピークの山が低くなってしまい、ここぞという試合で
勝てないことが多いです。
一方、バルサで言えば、メッシ・ビジャ・シャビ・イニエスタは
ケガでない限り、リーグ戦と欧州CLにはほぼ全出場しています。
今シーズン序盤のバルサはかなり調子が悪かったのですが、
このほぼ全出場が効果を現してきており、組織力が段々とアップして
最近の連戦連勝につながっているのだと思います。

しかし、当時こういったメリットはほとんど顧(かえり)みられず、
シーズン途中ではデメリットばかりが強調されて
サポーターや選手やマスコミから『選手固定は止めろ!』の
大合唱が起こりました。

ですが、オジェックは全くぶれずに、時には造反する選手(ワシントンら)を
干す等して、自分の考え方を断固として押し通してACLを取り、
優勝こそできませんでしたが、リーグでも2位とACL出場圏内につけました。

また、CWCでもセパハンには3-1と圧勝、ACミランとは力の差はあったものの
スコア上は0-1と健闘しました。
ACミランは、セリエAの日程を強引に変更させてまで
早めに日本に移動し、CWCへの準備をしたにも関わらず、です。

翌シーズン、試合直前に来日したマンUに遊ばれてしまった
ガンバとは大きく差があるように思いました。

ですから、私から見ると、オジェックは名将以外の何物でもないです。
特に、選手の力を最大限に引き出すのが得意なのだろう、と考えています。
(育成能力に関しては未知数ですが)

ということは、アジアカップのような短期決戦向き、とも言えそうです。

高年齢化が進む豪代表ではあっても、欧州を中心に活躍している選手が
多い以上、選手の力を最大限に引き出されると、かなりやっかいなことに
なります。
先日の豪のグループリーグ初戦では、インドが相手とは言え、
“もう終わった”と思われていたキューウェルがゴールを決めたり
していますから。

アジアカップで、ザックジャパンの前に立ちはだかるのは、
オジェックの豪代表かもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/270-0960f896
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。