上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校選手権の準決勝を2試合とも見ましたが、正直いまひとつです。
昨年の準決勝は、関大一高-青森山田などレベルが高かったのですが、
ちょっと今年はつまらない。

流経大柏-久御山は、流経のMF吉田の動きが良かったと思いますが、
高円宮杯でベスト8というほどのインパクトはないし、
久御山もうーん?という感じ。
久御山の足元は悪くはなかったですが、一昨年の広島皆実に比べるとかなり落ちるし、
昨年の『ちょこっとセクシー』関大一高と比べても、どうかな・・・。

滝川第二-立正大淞南は更に微妙で、滝川第二はダブルブルドーザー(樋口・浜口)こそ
良かったですが、それ以外は普通。
特に守備に問題があって、立正大淞南のカウンターを何度も受けていました。
最終的にPK戦で勝ちましたが、立正大淞南の決定力不足が無ければ、淞南が勝っていましたね。

一方、淞南も粘り強く頑張ってはいましたが、あれだけ決定的チャンスがあったのに
得点できないんじゃ、ちょっとね・・・。
7得点のFW加藤が試合終了間際にフリーで外したシーンだけでなく、
その前のふわりとした左クロスからのヘディングや前半のカウンターなど、
3回は決定的チャンスがあったのに、無得点。
PK戦は惜しかったですが、結果は妥当でしょう。

ただ、ひどいのは日本テレビ。
滝川第二-立正大淞南のPK戦ですが、途中で放送を終了しちゃったんですよね。
PK戦がサドンデスになって、一番盛り上がっているところで。

そして、CMを数分入れた後に、次の5分番組を潰して結果だけ録画放送。

あり得ない。

PK戦が長引くかもしれないことは、小学生だって想像できます。
だったら、前もってそれを考慮して、番組編成してくださいよ。
巨人戦だったら、試合が終わらない場合の延長を考慮して、番組編成してるじゃん。

どうせ5分番組を潰すのなら、せめてPK戦を5分流しておいて、その後にまとめてCMを流す、
という対応もできたはず。
テレビの世界ですから、あまり臨機応変にできないのは分かっていますが、
逆に事前にそのくらい想定しておくのがプロというものでしょう。
何年、高校サッカーを放送しているんですか。

ほんと、ひどい話です。
CWCにしても、高校サッカーにしても、東京ヴェルディにしても、日本テレビというのは
本当にサッカーへの関わり方が下手ですね。
フジテレビやテレビ朝日を見習って欲しいです。
テレ朝は、解説者やアナウンサーには少し問題がありますが、それ以外は
素晴らしいと思います。
「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」と連呼するのも、少し減らしたようですし。

さて、話は変わって決勝ですが。
私は、滝川第二が勝つと予想します。
どっちかと言うと、久御山のサッカーの方が好きなのですが、久御山のDFラインでは
ダブルブルドーザーを止めるだけのスキル(テクニックじゃないですよ、あくまでスキルです)は
無いと見ます。
たぶん、2点差以上がつくんじゃないかな。

それにしても、今年はクラブユースに全部持って行かれちゃった感がありますね。
プラチナ世代は今18歳(=高校3年生)ですが、ほとんどがクラブユース(かクラブ)所属ですから、
高校の方にあまりいなくても、しょうがないんですかね。

ちなみに、私は高木は好きですが、柴崎は嫌いです。(笑)
走るMFは、大好きです。
そして、身体張って守備しないMFは、嫌いなんですよね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/267-30101471
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。