上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくチェルシーに勝ったのに、アウェイとは言え、ウィガンに
引き分けてしまいました。
勝っていれば、勝ち点でマンUに並ぶところだったのに。

セットプレーの弱さだけは、何とかならないんでしょうか?
この試合、ベンゲルはナスリとソングとウィルシャーを温存してきましたが、
それが結果的に裏目に出ましたね。

まぁ、80分までは1-2でリードしていたんですが、
この試合は、もっと早く追加点を入れなくちゃいけない試合でした。

ウィガンもいいサッカーをしてはいましたが(なぜ下位にいるのか
分からないくらいです)、ソングが最初から入っていれば、中盤が落ち着いて
もっと点が取れたと思います。

良くなかったのは、ロシツキ・ベントナー・デニウソン・ディアビですかね。
ディアビがケガでウィルシャーに代わると、とたんにボールが落ち着きましたし、
デニウソン・ベントナーにはボールが収まりません。
また、ロシツキは軽いプレーが多すぎて、確実にいくべきところと
リスクを掛けるべきところが、上手くハンドリングできてなかった印象です。

うーん、ロシツキには期待していたんですが。

それにしても、この試合の引き分けは痛いなぁ。
これで、次のバーミンガム戦は絶対勝たなくちゃならなくなりました。
でも、昨日マンUがバーミンガム相手に引き分けてるし、
そんなに楽な相手じゃないんですよね。

頼むぜ、ソング・ナスリ・セスク!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/263-15de8d2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。