上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーブリーグが盛り上がっていますが、各クラブの動きを見ていて
来シーズン上手くいかなさそうなクラブが見えてきています。
上手くいくクラブを予測するのは難しいのですが、上手くいかなさそうな
クラブは比較的分かりやすいもの。

その中で、最も上手くいかなさそうなクラブは、浦和レッズでしょう。

浦和では“土台作り”が中途半端なまま、監督が交代。
しかも、フィンケ→ゼリコ・ペトロビッチです。

ペトロビッチ氏は「バルサのようなサッカーがしたい」と言っているようですが、
そういうことを言っている監督は世界中にいくらでもいるわけで、
ポイントは、彼にそれを実践できる力があるか?です。

浦和サポーターは、現役時代のイメージから好印象を抱いている人が
多いようですが、私から見ると非常に危うい。
指導者歴を見ると、まともに1部リーグのクラブを率いた経験がありません。
わずかにオランダ2部でRKCを率いてプレーオフ進出という戦績を上げていますが、
それだけ。

逆に、ウェストハム(プレミアリーグ)のコーチやボアビスタFC(ポルトガル)の
監督を数ヶ月で辞めるなど、指導者としては安定性を欠きます。
どうも、キレやすく短気な性格は変わっていないようです。

そういう未熟な監督が、フロントの中が一枚岩でない、サポーターが強すぎる、
しかも土台作りが中途半端、という課題山積の浦和レッズを率いるのは、
至難の業と言っていいでしょう。
浦和はビッグクラブではありませんが、揉め事の種の多さでは
下手な欧州クラブにも負けないほどですから。

さらに言えば、経験が薄いだけでなく、パスサッカーをチームに
定着させるだけのスキルがあるとも思えません。
RKCは分かりませんが、ボアビスタFCにしても、ハンブルガーSVにしても、
ウェストハムにしても、いずれもパスサッカーではありません。

当然のことですが、選手としてパスサッカーを経験していても、
監督としては、ほとんど意味がないのです。
場合によっては、有害でさえあります。
ラモス瑠偉氏の東京ヴェルディ監督時代のように。

これらを考えると、ペトロビッチがフィンケの後を継いで組織的サッカーを
発展させることは、かなり期待薄です。

そもそも、フロントが、パスサッカーをさせるための監督として
なぜペトロビッチに白羽の矢を立てたのか、まったく理解できません。

浦和フロントは、表面的には「パスサッカーを」と言いつつ、
実は個の力による縦ポンサッカーを復活させたいのでは?と
勘ぐってしまいたくなるほど。
それほど、やりたいことと選んだ監督の間にギャップがあります。

また、細貝がいなくなるのも非常に痛いです。
守備的に重点を置きつつ、かつ攻撃にも参加できるボランチとして
細貝の存在感は非常に高かった。
阿部がイングランド2部に移籍しても、中盤が崩れなかったのは細貝と柏木が
いたからのですが、細貝がいなくなると中盤の守備がマズイ。
鈴木啓太の復活に期待するしかないのですが、彼はケガがどうこう言う以前に
すでに全盛期を過ぎてしまいました。
また、足元がなさ過ぎるので、オシムのようによほど上手く使いこなさないと
パスサッカーにはなじまないでしょう。

さらに、チームの中で年齢的に中堅と言える選手の少ない浦和にとっては、
ベテランと若手をつなぐ中堅がいなくなる、という点でも痛いです。

マルシオはポンテの後釜としてかなりの活躍は期待できますし、
エジミウソンも大崩れはないでしょう。
また、山田直輝も帰ってきます。
柏木、梅崎、高橋峻希、宇賀神、原口という素晴らしい若手もいます。
しかし、CBも含めて、フィンケが整備しつつあった組織的守備は、
一気に崩れそうな予感がします。
今後、対人は強いが、組織守備に難があるCBをとるような愚を
犯した場合(元マリノスの松田のようなタイプ)、おそらく、チームとして
どういうサッカーをするのかが整理できず、力を発揮しきれないと思います。

また、もし3~4月のJリーグ序盤に負けが込んだ場合、この2年間、我慢を
続けてきたサポーターが爆発することも容易に想像できます。
浦和サポーターには、フィンケ派がそれなりにいたと思うのですが、
フロント主導の監督交代で結果が出なければ、サポーターが
声高にクラブを糾弾し始めるのは目に見えています。
そうすると、もう、落ち着いてチームを再建するどころではありません。
2008年のエンゲルス監督のときのように、大混乱が起きるでしょう。

浦和のサポーターは、浦和レッズに力強い応援と大きな収入をもたらしますが、
一方で、チーム成績を左右する大きなリスクとなっているのも確かです。

このような状況を踏まえると、浦和が来シーズンに4位以内に入るのは
非常に困難だと思います。
リーグ順位は、5位~12位のどこかに落ち着くと予想します。

来シーズン強いのは、やはり鹿島・ガンバ・川崎・広島ですかね?
セレッソは家長の穴をどう埋めるかがポイントです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/260-f483a655
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。