上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2位のマンチェスターユナイテッドと暫定1位のアーセナルの直接対決。
スタジアムは、オールド・トラフォード。
マンUのホームです。

結果から言うと、アーセナルが1-0で負けました。
残念です。
これで、アーセナルは2位陥落、マンUが1試合少ないながらトップに
立ちました。

ただ、なんだか世間的には、
『完敗だった。アーセナルは、まだマンUに勝てるだけのチームじゃなかったんだ~
というような悲観的な反応が多いようですが、それは、ちょっと違う気がしますね。

まぁ、悲観的なの方々の気持ちも分かる気はします。
9月にチェルシーに負けて、今度はマンU。
強豪2チームに連敗したからですよね。

でも、忘れちゃいけません。
10月には、アウェイでマンCに勝ってるんですが。
もし、その試合でマンCが勝っていたら、いま1位にいるのはマンCです。
そうでなくても、マンCの順位はチェルシーよりも上(3位)ですし。

だいたい、チェルシーとマンUに負けたのは、両方ともアウェイです。
3強(チェルシー、マンU、マンC)とのアウェイでの対決が
一通り終わったところで2位に付けてるってことは、かなり順調ですね。
あとは、ホームで3強に勝てばいいだけです。

また、3強同士(チェルシー-マンU等)の試合は終わっていませんから、
彼ら自身でつぶし合いもしてくれます。
悲観的に考える必要はないと思います。


マンUとの試合内容にしても、あまり悲観する必要はありません。

確かに、マンUの守備は堅く、素晴らしかったです。
ですが、パク・チソンが数年に1度しか見せないレベルの(※)ヘディングから
決めた1ゴールを守りきるため、ホームにもかかわらず堅守速攻スタイルで
引きこもったから、アーセナルがゴールを決められなかったに過ぎません。

※パク・チソンは、ヘディングは上手くないです。
 そういう意味で、かなり偶然性が高いゴールでした。

もし、後半も0-0で始まっていたら、試合展開は
かなり違ったものになったと思いますね。

それから、先週のフルハム戦からアーセナルの選手たちの
コンディションが落ちていたというタイミングの悪さもありました。

週の半ばには、欧州CLグループリーグの最終戦もありましたから、
コンディションは非常に良くない状態です。
しかも、その時点では、グループリーグ突破が決まってませんでしたから
本気で戦うしかありませんでした。

一方で、マンUは、欧州CLはグループリーグ突破が決まっていたので
本気で戦う必要は無し。
最終戦もホームでしたし、バレンシア相手に引き分け以上で1位通過が
確定する、という楽な状況でした。
その上、先週末は雪?か何かでリーグ戦がありませんでしたし。

コンディション面から言っても、アーセナルとマンUでは
かなり差がありましたね。

その結果、アーセナルは、いつもは違ってフォローのための走りが
とても少なくなっていました。
フィールド上のあちこちで、アーセナルのボールホルダー1人 vs
2~3人のマンUの守備陣、というあり得ない対決ができていましたから。
そんな状態では、アーセナルの長所は死んでしまいます。

逆に、それだけ有利なコンディションなのに、ホームで引きこもるマンUに
苦笑してしまいました。
昨シーズン、バルサ相手にアウェイで引きこもったモウリーニョ・チェルシーとは
比べものになりません。
なんだか、みっともない感じ。
機能美みたいなものも感じませんでしたし、面白みのない引きこもりでした。

カウンターもぬるかったですね。
2007-08のマンU(C.ロナウド&テベス&ルーニー)なら、最低でも3-0にはしていたはず。


ただ、アーセナルで気になるのは、ケガからの復帰組。

セスクとウォルコットは簡単なミスをしまくりで、かなり足を引っ張ってます。
ファン・ペルシーは、分かりやすいミスこそ少ないものの、ポジショニング1つ取ってみても
良くなく、試合中に消えていることが多いです。

うーん、、、、、、、いつになったら、コンディションが上がってくるのでしょうか。

いまのアーセナルの選手層の質の高さ・厚さは、CBを除けばプレミアリーグで1番だと
思います。
欧州全体で見ても、バルセロナとレアル・マドリードに次ぐくらいの選手層でしょう。

ケガからの復帰組の選手たちの調子さえ戻れば、CLとリーグのダブル優勝だって
十分視野に入るレベルです。
彼らのコンディションが、早く元に戻って欲しいです。


そんなわけで、アウェイではマンUに負けましたが、次はホームですから
必ず勝ってくれるでしょう。
1つ負けたくらいでガタガタ言う必要はありません。
しかも、負けたのは最少失点差でしかありませんから、次に2-0以上で勝てば良いのです。
何も悲観するような状態ではありません。

私が一番心配しているのは、ホームでのチェルシー戦です。
年末年始の過密日程の中で、チェルシーと戦う。
しかも、今回はホームなので勝つことが求められます。

コンディションの落ちた今のアーセナルが、どこまでやれるのか?
その方が気になります。


Watch Manchester United v Arsenal in ã�¹ã��ã�¼ã��  |  View More Free Videos Online at Veoh.com




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/254-2ee1d054
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。