上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜Fマリノスが、松田と山瀬に戦力外通告をしたそうです。
なるほどな、と思います。
優勝を狙うためにスタイル変革を図るなら、松田や山瀬のような
チームの精神的支柱(特にベテラン)を外すことは重要です。
鹿島が秋田に戦力外通知をしたり、浦和が闘莉王の移籍を容認したように。

彼らをそのままにしてチームのスタイルを変えるのは、不可能でしょう。
精神的支柱であればあるほど、変革の際には障害になりますから。

松田や山瀬が好きなサポーターには非情に映るかもしれませんが、
そこはプロの世界。

逆に言えば、衰えきっていないうちに戦力外通告をするのは、
マリノスの優しさだとも言えます。
いまならまだ、他のクラブでも十分やれる力はあるでしょうから。

浦和が松田を取るというのもおもしろいかもしれないし、
山瀬は磐田なんか合ってるんじゃないですかね?

マリノスが優勝を狙うために、チームの変革に舵を切ったことには
賛成します。
いまのマリノスは、正直、優勝はおろかACL圏内を狙えるチームでは
なく、ジリ貧な感じが強いですからね。


ただ、どうしても気になるのが、Jリーグのルールです。
精確には分かっていないのですが、来シーズンに契約を結ばない選手に
ついては11月末までに通知しなければならない、というルールが
あるそうです。

なぜリーグ戦が終わっていない段階で、通知するルールに
なっているのでしょうか?
シーズン中に通知される選手は、どうしても心の整理が難しいですし、
一方、クラブ側も通知するタイミングが難しいです。

早い段階で通知してしまうと、その選手のモチベーションが下がったり
チームワークが乱れたりしてチーム成績に影響してしまうし
(特に試合によく出る選手の場合)、一方で、今回の松田や山瀬のように
ギリギリに通知すると、恨まれてしまうし。
リーグ戦の合間では、再契約しない理由もきちんと説明できない
でしょうからね。

そういうルールを作ったJFAの意図が分かりません。
欧州との移籍期間の問題ではないでしょうし。

やっぱり「戦力外通告は、リーグ最終戦終了後に行うこと」と
いうルールに改変した方がいいような気がします。
1週間しか変わらないのですから。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/248-4acfffac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。