上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むちゃくちゃおもしろかった~。

結果から言うと、2-4で勝利!

ケガでセスクが外れたために、ロシツキが先発でした。
今シーズンのセスクは調子が激悪いので、少し前から
「セスクがいない方がいいんじゃ・・・」
と密かに思っていたんですが、やっぱりそうでした。

とても2連敗しているチームとは思えないスーパーなプレーの数々。

フォーメーションはこんな感じでした。

---------------------------------------------
              シャマフ
  アルシャビン    ロシツキ     ナスリ           
       ウィルシャー    A.ソング
クリシー   コシールニー   スキラッチ    サニャ
            ファビアンスキ
---------------------------------------------

個人的には、今シーズンのベストメンバーだったと思います。

(ごめんよ、セスク。
 大好きなんだけど、いまの君は、いつもの君と違うからさ・・)


アーセナルは、アウェイということを完全に無視しして(笑)、
序盤からポゼッションしまくりです。
しかも、運動量もすごいです。
ボールを奪われても、後ろからどんどん人が出てきてボールを
奪い返します。

久しぶりにアルシャビンも切れているし、ロシツキ・ナスリは
言うに及ばず、A.ソングも狭いところを立て続けに縦パスを
通すし、守備は強くて巧いし、もう最高です。

パスワークも冴えわたっていました。
ダイレクトパスが何本続くんだ?みたいな感じで、どんどんパスが回ります。
見ている方が、目が回りそう。
運動量が多いので、フィールドに13人くらいいるんじゃないの?と
思ってしまうほど、あちこちにパスを出して、あちこちで受ける。
みんなパス&ゴーの基本ができているんですよね。
一瞬、後ろに下げてもすぐに角度をつけて、違うスペースから前にボールを
持っていくし。

たぶん、オシム好みのサッカーだと思います。

そして、やっぱりシャマフはサボらない。
1トップの宿命で、前から献身的に守備に行くわ、ハイボールは競るわ、
DFを背負ってポストをやるわ、ほんと良いFWがアーセナルに来てくれたなぁ、と
うれしいです。

ちょっと決定力が低いのが残念ですが、それを補ってあまりある活躍。
でも、前半に2本ほど決定的チャンスがあったんだけど、ハズしちゃったんだよね。

あたたたた。

しかし、アーセナルが華麗なパスワークを見せているうちに、アストンヴィラが
疲れたのか目が回ったのか(笑)、前半なのにスペースが空き始めます。
前半39分。
こぼれ球を拾ったアルシャビンが左サイドを駆け上がります。
フリーです。

アストンヴィラが急いで戻ります。

しかし、スペースがあるアルシャビンは、ペナルティエリア近くでクロスかシュートか
フェイント。
DFが一瞬反応遅れたのを見て、DF2人の間を通す低いシュート!
GKが触りましたが、そのままゴール!

今シーズン初めてかも?的なアルシャビンっぽいミドルシュートでした。
低く抑えていたのが、すごく良かったです。
ここまで、アルシャビンはシュートを吹かす場面が多かったので。

さらには、ナスリがカウンターから長ーーい距離を斜めに走り込みます。
トップスピードでワントラップしてシュート!
わずかにゴール左に外れましたが、スペースが増えてきたので
裏狙いが効果的です。

左サイドでのCK。
蹴るのはアルシャビン。

アルシャビンは、ゴール前ではなくペナ外にいるナスリ目がけて
山なりのボールを蹴ります。
それをナスリは、ダイレクトボレー!

なんだ、それはーーーーーー!!!!!
しかも、きっちりゴール横のバーぎりぎり。

ひっでぇ、その点の取り方。
0-2。
アストンヴィラはノーチャンスでした。

後半。
アストンヴィラが巻き返しに来ます。
この試合、アストンヴィラが初めてポゼッションを奪います。

後半7分。
ヴィラのクロスをDFが弾くと、こぼれ球がヴィラのMFクラークの目の前に。
このとき、クリシーがミス。
一番近くにいたクリシーがクラークにプレッシャーを掛けにいかなくちゃ
いけないのに、サイドにボールを振られるのを気にして、躊躇します。
あわてて、コシルーニーとスキラッチが距離を詰めますが、間に合いません。
ワントラップして、シュート、ゴール!

GKファビアンスキは、ちゃんと反応していましたが、運が悪かったです。
ちょうどコシルーニーとスキラッチがブラインドになっていて、クラークが
シュートする方向が見えなかったようでした。

1-2。
んー、楽勝かと思ったのに、なかなかヴィラもやりますね。

ですがですが、今日のアーセナルは一味違います。

すぐにヴィラ陣内でボールを奪われたロシツキが、ボールを奪い返してスルーパス。
それに反応したシャマフがつま先でシュート!
GKが詰めてきていましたが、一瞬シャマフが早かった。

後半11分、1-3。

良かった。

その後も、パスをつないでチャンスを大量に作り出すアーセナル。
でも、なかなか決められません。

ただ、本当にパスワークが上手くて美しくて、思わず見惚れてしまいました。
これ以上、点を取らなくていいから、このワクワクするパスワークを
ずっと見ていたい。

そんな気がしたほどです。

だけどだけど、ヴィラは本当にしぶとい。
後半26分にCKから、またもやクラークに決められます。
やっぱりセットプレーに弱いアーセナル。
2-3。

内容的には圧倒的にゲームを支配していますが、それに見合うほど点差は離れていません。
なかなか難しいですね、サッカーは。

後半ロスタイム。
ヴィラは人数を掛けて攻めてきますが、アーセナルはボールを回してゆっくり時間を
使います。
このまま、試合終了かな?と思った後半48分。

カウンターから、デニウソンがミドルシュート→シャマフが、ふわりとクロス→
そこに詰めていたのがウィルシャー!

ヘディングでゴーーーーーーール!!!!
2-4。
ウィルシャーは、プレミアリーグでの初ゴールです。

・・・えーと、2-3で勝ってるのに、後半ロスタイムに何人がカウンターで
攻め上がってるんでしょうか。
ヴィラなんて戻って来れなくて、DFが3人しかいませんでした。
リスク冒しすぎ。(笑)

そんなわけで、おもしろくて楽しくて良いサッカーで(失点はちょっと微妙だけど)
アーセナルが暫定首位!
この後、マンUの試合があるから、すぐ2位に戻っちゃうと思いますが。

本当におもしろかったデス。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/246-2de82c61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。