上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガ・エスパニョーラ(スペイン)のクラブのうちパスサッカーをやっているのは、
1つはバルセロナ。
もう1つはビジャレアルだと思います。

パスサッカーのイメージが強いスペインですが、実はパスサッカーと言えるような
プレースタイルのクラブは意外と少ない気がします。
A.マドリード、バレンシア、レアル・マドリード、セビージャなんかは、強豪である
ことは確かですが、パスサッカーと言えるほどパスを中心に置いたサッカーをしません。

ですが、ビジャレアルは別です。
ゲームメイクにおいては、まるでバルセロナと見紛うかのようなダイレクトパスでの
華麗なパス回しを見せます。
第10節が終わった時点で、リーグ第3位につけているのは偶然ではないと思います。

バルセロナは、ホーム(カンプ・ノウ)での試合。
レアル・マドリードを追撃するためには、勝たなくてはなりません。

前半22分。
カウンターから速攻です。
シャビ→イニエスタ→ビジャと渡って、先制ゴール。
ここのところフィットしてきたビジャが決定力の高さを見せます。

その直後の前半25分。

ビジャレアルは、中盤をコンタクトにするために、とても最終ラインの
位置がとても高いです。
そこを狙って、またもやカウンター。

シャビがボールをキープした直後に、ビジャレアルの最終ラインの裏に
メッシが斜めに走り込みます。
そこに、シャビのスルーパス。

完全に最終ラインを破りました。
メッシがペドロにラストパスを出して、ゴール!

と思われましたが。
残念ながら、メッシがオフサイドの判定。

これは審判の誤審です。
メッシは、きちんと最終ラインとパスの出るタイミングを
読み切っていました。
オンサイドです。

ですが、確かに難しい判定です。
私も、最初はオフサイドだと思ってましたから。
スローで見て、やっと分かるくらいのオンサイド。

メッシの裏に抜けるタイミングが絶妙すぎました。

抗議をするバルセロナの選手たち。
ですが、もちろん聞き入れられません。

その興奮が冷めやらぬまま、試合再開。
一瞬の心の隙をビジャレアルが突きます。

同じく前半25分。
オフサイドの判定から、わずか20秒しか経っていません。
ビジャレアルのFWニウマールが、バルサの最終ラインをドリブルで
切り裂きます。
裏に持ち込んで、ドリブルシュート。
GKバルデスを交わすために、軽く浮かせます。
ボールは、ワンバウンドしてサイドバーに当たりました。
跳ね返ってゴール。

同点です。
やるじゃん、ビジャレアル。

すばらしい隙の突き方です。
しかも、隙を突くのに、ロングボールの放り込みじゃなくてドリブル突破ってとこが
にくい。

このまま前半終了。
やはり、バルサは強いです。
それに必死に食らいつくビジャレアル。

しかし、後半、に一気に突き放されました。

彼とは。
もちろん、メッシです。

後半13分。
ゴール正面25mで、シャビがFKを得ます。
シャビは、シュートを打つのではなく、そばにいたメッシにパス。
それを受けたメッシが動き出します。

ワントラップして、ペドロへパス。
ペドロもダイレクトでメッシに返します。
メッシは縦に走りこんで、ペドロへパス。
ペドロもワンツーを返します。
メッシはさらに縦に走りこみます。

GKロペスがメッシとの距離を詰めようとしますが、
既にタイミングが遅れています。

詰めてきたGKをあざ笑うかのようにワンタッチで
ループシュート。
ボールが、ふわりと浮きました。
ゴール!

角度のない位置でしたが、完璧なループを決めました。

いまのメッシは10cm単位でパスも出せるし、ドリブルも
できますね。
DFが5人いた密集を、パスとトラップだけで切り裂いていくなんて・・・。

メッシのプレーを見ていると、『サッカーってカンタンなんだ』と
誤解しそうです。

3点目もメッシでした。
ペドロのシュートのこぼれ球を、走りこんだメッシがダイレクトで
合わせてダメ押し。
すごい反射神経です。

実は、これも誤審ですが。
微妙ですが、オフサイド。
カンプ・ノウだから、こういう微妙な誤審はしょうがないかな?

いずれにしろ、バルサが3-1で完勝。

ビジャレアルも決して弱くはありません。
パス回しという面では、バルサに引けを取らないでしょう。
ただ、ビジャレアルにはメッシがいなくて、バルサにはいた。
その差が大きい。

もし、メッシがビジャレアルにいたら、ビジャレアルが勝っていても
おかしくない試合でした。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/239-64eeac38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。