上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサがヤバいです。ヤバすぎです!
欧州CL、アウェイでのコペンハーゲン戦。

メッシが絶好調なのは言うに及ばず、ビジャ、イニエスタ、シャビ、
ダニエス・アウベスまで絶好調。
シャビは膝の調子が悪いと聞いていましたが、パスのスピード・精確性とも
抜群です。

バルサは、想像していたよりもずっと早く2009-10もしくは08-09シーズンの
レベルまで調子を戻してきました。

特に前半。
ほんと強すぎです。

コペンハーゲンが1失点で済んだのは、GKのスーパーセーブが何本もあったのと
バーにシュートが嫌われたからです。
普通なら1-5くらいで負けているでしょう。

でも、コペンハーゲンも強かったです。
リーグ前節でバルサが戦ったセビージャよりコペンハーゲンの方が
攻守ともに良い内容だったと思います。

ただ、この試合のバルサの出来は凄まじすぎました。
結果はともかく、今シーズン最高の出来であることに間違いありません。

特にメッシは(良い意味で)おかしいです!
異常です!

前半45分ごろですが、中盤で左サイドにはたいて、そのまま全速力で30m以上走って
ゴール前に飛び込み、グラウンダーの速いクロスに対してダイレクトで合わせて
ゴール隅にシュートするんですよ?

そんなのアリ!?
どんだけシュートの精度高いんだ!?

相手GKのスーパーセーブが無ければ、間違いなく入ってました。

先制点もめちゃくちゃ速いシュートモーションでしたし、シュート以外にも
パスも裏に抜ける動きもすごいです。
こんな選手、止められるわけがない。

特に驚いたのは。
シャビが低いライナーのパス(グラウンダーのパスじゃないです)を
メッシに出したとき、メッシは片足のつま先でポーンと軽くボールを上に蹴って、
そのまま足元に落とした瞬間です。

そんなトラップってあるかいっ!!!!
シャビのあの速いパスを。
しかも、ライナーだぞ?

ほとんどマンガ。
いや、マンガ以上でしょ!
キャプテン翼でも、そんなシーン見たことない。
『エリアの騎士』のレオナルド・シルバだって、そんなプレーしてるの見たことないって!

メッシは、もう変態トラップでもジダンやベルカンプと並んでますね。

コペンハーゲンは、よく1-1で引き分けたと思います。
しかも、ルビン・カザンとは違って引きこもらずに戦いましたからね。
後半は、結構押している時間帯もありましたし。
ポゼッション率が、前半終了時:32%→試合終了時:36%まで戻したことからも
それが分かります。

それでも、決定的チャンスは2回くらいかな。
他はチャンスに見えるシーンでも、バルサの守備がきちんとゴール前を
固めてましたから。

CLのD組は、バルサ以外のどのチームも凄くレベルが高いので、
2位抜けするのがどこのチームなのか、全く想像がつかないです。

でも、やっぱり勝ち点で一歩リードしてるコペンハーゲンになるのかな??


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/232-9b8bc4e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。