上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日の10/30、日本を台風14号が襲いました。

そんな中、アウトソーシングスタジアム日本平で行われた
Jリーグ第28節、清水-FC東京。

雨は降っていますが、『台風が来た!』的なイメージと比べると、
さほどピッチコンディションは悪くありません。

もう関東に抜けてしまったからでしょうか?
(現地で観戦する人は大変でしょうけど)

前節まで清水は6位。
しかし、勝ち点差は上位とあまり無いので、じゅうぶんACL出場圏内を狙える位置です。

一方、FC東京は15位。
降格圏内から、ぎりぎり1つ上の順位にいます。
絶不調。
ただ、城福前監督→大熊監督に変わって、チーム上昇のきざしはあります。

さて、どうなるか。

FC東京の動きがいいです。
特に、平山。
むかしの「デカいけど、のろい」というイメージは、かなり薄まっていて、
素早い動きができるようになっているし、運動量も多い。

大黒、羽生、中村北斗、梶山、石川、米山と、城福監督時代と
先発メンバーはほとんど変わっていませんが、さすが大熊監督。
チームとしての機能性は、格段に良くなりました。
アウェイということを感じさせません。

個人的には、下位チームを中位以上に上げることについては、
大熊監督に一目置いています。
声が大きいだけ、と揶揄されがちな大熊監督ですが、それは過小評価でしょう。

ただ、おもしろく強いサッカーを求められる上位チームの監督に向いているかと
言えば、それはNoです。
やっぱり、人には向き・不向きがあります。

ただ、私が大熊監督を好意的に見ているのは確かです。
「うるさい」、「うざい」等と言わずに、素直に大熊監督の組織作りの巧みさや
分かりやすい目標設定、モチベーターとしてのスキルを見て欲しいと思います。

さて。
本題の小野ですが。

やーーーっぱり、走らないなぁ。

以前、『小野はやっぱり走らない』という記事を書いたら、小野ファンに
袋叩きに会いましたが(笑)、私はいまでも走らないと思っています。
もちろん、ぜんぜん走らないという意味ではなく、走る質・量とも”普通”の
範囲内に収まってしまうレベルだ、いう意味です。

例えば、この試合では、FC東京の中盤の真ん中を任された羽生の方が走っていましたね。

小野は、自分よりボールが前にあると積極的に走りますが、
後ろにあると、あまり走らない。
味方のために囮になるような走りもしないし、守備のために前線から後ろに全速力で
戻ってくることもしない。

ACミランのイブラのように、1トップのFWならまだ分かりますが、中盤のセンターの
選手がそれでいいのでしょうか?
(ちなみに、アーセナルのシャマフは1トップやってますが、守備のために
 すごく走り回ります。)

小野が前線から全速力で自陣に戻れば、FC東京が良い展開に持ち込むのを
阻止できる機会は何回もありました。

さらに。
小野の視野の広さは相変わらずだし、『ここだ!』的なパス出しのタイミングは
さすがでしたが、いかんせんパス精度が低い。

ピッチコンディションのせいだ、と言いたいところですが、明らかに
そうではありません。
なぜなら、小野が出すパス以上に精度の高いパスが、ピッチ上では
何度も交換されていたからです。
特に、FC東京のDF陣のワンタッチパスでのパス回しは見事でした。
清水の厳しいフォアチェックを、あざ笑うかのようにいなしましたから。

今日の小野は、ゲームメイクには一定の役割は果たしていましたが、
チャンスメイクにはあまり役に立っていません。

また、守備でも貢献度は低かったです。
自分より後ろのボールに対してのアプローチが遅いので当然ですが。
FC東京に1点リードされても、小野のプレースタンスは変わりませんでした。

うーん。
2006年春頃の小野と比べると、はるかに期待を下回る出来です。

小野が清水エスパルスに移籍した直後の3~4月頃、「小野は走る!」と
力強く主張した方々がいましたが、いまの小野を見てもそうおっしゃるのでしょうか?
そうだとしたら、私とはサッカー観が合いません。

私だったら、小野を下げるなぁ。

そう思っていた後半20分。
長谷川監督は、小野を下げて岡崎を投入しました。

お、意見が一致。
やるじゃん、長谷川監督。

それでも、小野ファンは「戦術的な交代だ! 小野が悪かったわけじゃない!」とか言いそう。

でも、そうじゃないですよね。
点が欲しいなら、通常なら攻撃的な小野ではなく守備的な本田拓也か兵働を下げて
岡崎を投入するところです。
小野の出来が良ければ、彼を下げるという場面ではありません。

長谷川監督は、小野が良くないと思って岡崎と交代させたのは明らかです。

この後、岡崎が入ったことでボールの回りは良くなります。
やっぱり、岡崎は走るからね。

最後にFW大前を入れて、4トップだか3トップにして清水が1点を決めます。

しかし、そのまま試合終了。
1-2でFC東京の勝利です。

小野は、走ればもっともっと輝けると思うんですけどね。
バランスを取ることに汲々としてるのでしょうか?

いずれにしろ、走って欲しいです。
このままだと、そのまま終わってしまうような気がします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/227-0a5a1ce0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。