上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにバルサが快勝しました。
アウェイでのサラゴサ戦です。

メッシが、いきなり復活。
CLや前節までの不調が嘘のようです。
2点取ったから復活、というわけではなく、動きそのものが切れてましたね。

でも、前の試合で調子の良かったダニエス・アウベスが
良くありません。

また、ビジャのドリブル持ち上がり&先制アシストは見事でしたが、
やっぱりシュートは入らない。(^^;

それから、バルサの守備力の低下は、もうどうにもならないんでしょうか?
前半に2回、カウンターから決定的なチャンスを献上していました。

メッシやイニエスタの動きがいいので、この試合は仮に先制されても
たぶん逆転していたでしょうが、リーガ最下位のサラゴサに
そんなに簡単に決定的チャンスを作られてしまうのは、
感心しません。

GKバルデスのファインセーブに助けられました。

こういう守備だと強豪相手には、どうなるか?


一方、レアル・マドリードは、ホーム(サンチャゴ・ベルベナウ)でラシンに圧勝。
6-1です。
C.ロナウドが4得点の荒稼ぎ。
3点目は、たぶんオフサイドですが。(笑)

6点のうち5点がカウンターから、という凄まじい徹底ぶり。
マンUのテベス・C.ロナウド・ルーニーのカウンターを
思い出しました。
イグアイン・C.ロナウド・エジルが、さしずめ新カウンター三銃士というところでしょうか。

ただ、ラシンは戦力で劣るのに、なぜ真っ向勝負を仕掛けたのか不思議です。
最終ラインが、あまりにも高すぎます。
モウリーニョがカウンターが好きなのは、知っているでしょうに。

この試合のレアルマドリードは、最終ラインやボランチからのロングパスの精度が
素晴らしすぎます。
このスタイルだったら、もしかして引きこもらなくても、レアルがバルサを沈めてしまうんじゃないか?
という気がするほどです。

でもなぁ~、まだバルサの方が上かなぁ?

CLでバルサを沈めるチームがあるとしたら、やっぱりチェルシーか
アーセナルのような気がします。

(ミランは、、、、うーん、序盤だけ良かったですね。
 いまは、良いとは言えないです。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/225-a59dd376
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。