上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も、J1開幕戦の鹿島-浦和を見ました。 昨年は、このカードを見た感想を書いた記事のタイトルは「変わらぬ鹿島、変わった浦和」としたのですが、今年はどうか? 結果的には、鹿島が昨年と全く同じスコアの2-0で勝ちました。 試合展開も非常に似通っていて、守備とカウンターで試合を支配する鹿島と攻めあぐねる浦和。 しかし、途中でガス欠を起こした以外、あまり変わらない鹿島に対して、浦和のサッカーはかなり後退したと言っていいでしょう。 昨季の開幕よりパスサッカーから遠ざかっています。 その原因は、選手起用にあります。 エクスデロ、エジミウソン、ポンテ、宇賀神。 彼らは、パスよりも個人技を優先させてプレーするタイプで、特にエクスデロはドリブルばかりしていました。 そんな選手を並べて、パスサッカーができるはずがありません。 唯一、自らパスサッカーをしようとしたのは、柏木だけ。 そのために、パスで崩すサッカーができたのは後半最初の10分だけでした。 おそらく、ハーフタイムにフィンケ監督が「パスを回せ!」と意識付けしたのでしょう。 しかし、時間がたつと、パスを忘れて個人技に走ってしまいました。 もちろん、パスサッカーだけがサッカーではないので、この試合の浦和が全く良くなかった訳ではありません。 鹿島のGK曽ケ端が何本もファインセーブしなければ、浦和だって2~3点は取っていてもおかしくありませんでした。 しかし、パスサッカーを標榜し、山田直輝や原口を重用した昨季のフィンケ監督はどこに行ったのでしょうか? 何のために柏木を取ったのですか? 宇賀神やエクスデロ、ポンテがサイドをドリブル突破し、クロスをエジミウソンに合わせるサッカーがしたかったのでしょうか? 違いますよね? 山田直輝のケガは確かに痛いですが、田中達也や高原・原口らを先発させて柏木と組ませれば、浦和の目指すパスサッカーはできたでしょう。 鹿島に勝てたかどうかはともかく。 パスサッカーをやるなら、エクスデロ・エジミウソン・ポンテのうち、起用していいのは1人までだと思います。 フィンケ監督がブレているようで心配です。 それから、鹿島の先制点の場面で小笠原→興梠に入ったクロスですが、平川の小笠原に対する詰めが甘くてクロスを上げられた、と解釈される方もいるようです。 しかし、それは違うと思います。 あの時、平川の後ろに、もう1人鹿島の選手(野沢?)が入り込んでいました。 つまり、数的不利。 もし、平川が小笠原に詰めれば、小笠原はその選手にパスを出していた可能性が大な状況です。 平川は後ろに目がついてるわけではないので、その選手の位置は掴めませんから、詰めることでパスをしやすくさせてしまう恐れがありました。 あの局面では、平川は味方DFが戻ってくるまで、ディレイするしか手が無かったのです。 実際、すぐ後に味方DFが戻ってきます。 しかし、小笠原はその2人の上をいきました。 プレッシャーがないことを利用して、平川を抜かずに横に動いてスペースと時間を作り、ピンポイントクロス。 後は興梠と坪井の1対1の競り合いでしたが、興梠が一瞬速くボールに触りました。 さすが小笠原。 巧かったです。 数的優位になったのは偶発的な要素が強かったですが、それをきっちりアシストにつなげました。 鹿島は、マルキーニョス、フェリペ、興梠を始め前線からのプレスが徹底され、また、マルキーニョスの走力とキープ力から鋭いカウンターを見せました。 ほんとマルキーニョスは良いですよね。 昨季J1のFWの中で、総合力では一番だと思います。 ヨンセンやジュニーニョも捨て難いですが。 ただ、鹿島が後半20分頃に突然ヘロヘロになったのにはビックリしました。 解説の山本さんが言っていたように、過密日程のせいなんでしょうか? いくら守備で試合をコントロールしていたと言っても、鹿島のポゼッション率35%でしたからね。 さすがに持たせすぎ?(笑) 鹿島の守備で、唯一気になったのは、内田です。 浦和の左SB宇賀神に、何本も縦に抜かれてクロスを上げられてましたが、大丈夫でしょうか? 宇賀神が縦に行くパターンしかないのは途中で読めたはずですから、何とかクロスを上げられる前に止めて欲しかったです。 名古屋の金崎→ケネディみたいなパターンをやられたら、大量失点につながります。 ただ、全体的な完成度から言って、今季もリーグ優勝争いは鹿島を軸に展開されるのは間違いないでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mostovoi10.blog77.fc2.com/tb.php/135-b2e64967
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。