上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見るものが無くて、マンチェスター・ユナイテッド×ニューカッスル
の試合を見ました。
前半だけ。
途中で眠くなったので、後半はほぼ見ていません。

マンUは、ルーニーは警告累積で欠場、香川も体調不良で欠場。
その代わり、ファン・ペルシー(RVP)がケガから復帰していました。
チチャリートも久しぶりの先発です。
珍しく4-4-2みたいな形。
セントラルミッドフィルダー(CMF)がクレヴァリーとジョーンズで、
右サイドMFにヤヌザイ、左サイドMFにナニ。
あれ、ナニとヤヌザイがいつもと逆?

序盤はマンUペース。
最終ラインでボールを良く持ててます。

一方、ニューカッスルは、微妙に引き気味でラインがコンパクトです。

マンUはパスをつなぎながら、中央近くの左右を崩そうとしてます。
ペナルティエリアの少し外を崩すって感じですね。

チャレンジングな縦パスをどんどん入れますが、ニューカッスルの
陣形がコンパクトなので、ほとんど引っかかります。

ライン際ギリギリに張っておいて、縦に突破してハイクロス、という
マンUお得意の攻撃はほとんどありません。
ヤヌザイとナニというサイドプレイヤーがいるのに、なぜ中央を崩そう
としているのか。
もったいない。

ナニとヤヌザイはSBやCMFとショートパスを繋いで崩そうとし、RVPも
ポストプレーに参加しますが、崩れるはずもない。
ニューカッスルの守備は、とてもコンパクトだし、ボールが入った
選手には必ず当たりに行ってますから。

チチャリートは、いつも通り消えています。
神出鬼没で突然ゴールを決めるのがチチャリートの長所ですが、
逆に言えば、ゲームメイクにはあまり関わりません。
それも崩せない原因の1つです。

RVPとチチャリートがいるんだから、サイドをえぐってマイナスの
ハイクロスを出せばいいのに。
RVPが落としたボールに、後ろからクレヴァリーが詰めたりもできる
でしょうし。

ナニやヤヌザイからはハイクロスはあまり無く、あってもアーリー
気味のクロスなので、チャンスにはなりません。

一方、ニューカッスルも守備は堅いけど、引いてるためにほとんど
シュートまで行けません。
いくつかあったチャンスも、CMFのキャバイェが潰します。
パス精度やシュート精度が低いからです。

今夏、アーセナルとリンクされていたキャバイェですが、このパフォー
マンスじゃあね、、、、
取らなくて良かった。
アルテタやラムジー、ウィルシャーの方が良い選手です。

そんなわけで、マンUは攻めますが、つまらない中央突破ばかり。
それで勝ちたいなら、細かいステップが踏めるクイックネスに優れた
選手を集めないと難しいでしょう。

ルーニーもキャリックもいないのに、自分の長所(サイド攻撃)を
捨てて勝とうだなんて、ムシが良すぎるような気がします。

ニューカッスルは、前半の終わり頃に少しボールを持てるように
なりましたが、それはマンUの運動量が落ちたから。
ボールを回すものの、攻撃に迫力がありません。

あまりに単調な試合だったので、ハーフタイムの途中に
いつの間にか椅子の上で眠ってしまいました。

目が覚めたのは、後半40分。
0-1でニューカッスルが勝っていました。
マンUが0点なのは驚きませんが、ニューカッスルが1点を取って
いたのには驚きました。
どうやって点を取ったんだろう?
しかも、キャバイェが取ってる、、、謎です。

試合は、勝ってるニューカッスルが優勢な感じ。
ボールを良く奪えています。
マンUが同点に追いつくのは無理だろうな、と思いました。

その予感通り、そのままタイムアップ。
ニューカッスルが勝ちました。

マンUが自滅してくれるのはうれしいけど、なぜサイド攻撃を捨てるん
でしょうか?
サイドをエグらないから、あまりCKをもらえずにチャンスメイクに
苦労していたように感じました。
それとも、後半はサイド攻撃をしてたんでしょうか?

香川がいれば、マンUがショートパスを繋いで中央突破できる
チームに変わるわけではなく、ルーニーとキャリックを除いて
大半の選手を入れ替えなければ、マンUは変われない。

また、ユース(リザーブ)の育成方針も変える必要があります。
ヤヌザイは良い選手ですが、彼のようなタイプを輩出するユースでは
あまり意味が無いでしょう。
アーセナルのように、ウィルシャーやギブスのような選手を輩出しなくては。

そんなわけで、私にとっては、あまり見どころのない試合でした。
マンUは一時期良かったのに、また深いトンネルに入ってくれたようで、
アーセナルファンとしては有り難いですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。